川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

晩秋の水路。

この時期15センチ位にまで水深が落ちます。

201711141646415b4.jpg

こうなると、なかなか見つからないアリアケスジシマドジョウですが、
なんとか逢えました。

いつ見てもいいっすねぇ。

201711141646395b4.jpg

メスはやはり大型になります。

20171114164634cf7.jpg


いわゆる、トウヨシノボリ。

えっ、なんですか?和名違うだろって?
クロダハゼとかオウミなんたらとかの事だったら
知りません。

20171114164636f57.jpg


素晴らしい和名だ!カゼトゲタナゴ。
開発により明らかに個体数が減少中。

20171114164635312.jpg

カマ子。

ツチフキの次に可愛い。あくまでもツチフキの次に!

20171114164633d8c.jpg


さて、今日もいましたコガタノゲンゴロウ。
日光下で見ると深緑色でなかなか美しいですね。

201711141646380da.jpg


最近特に水路周りの改修工事が目立ち、
おじさん達の秘密の遊び場が減りつつある今日この頃…


さみしい〜!

ではまた!( T_T)

| 水中突撃 | 17:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。