川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スジエビの微妙な違い その①(調査中)

今日は、タビラクチ探しに近くの感潮域に行ってました。

干潮時ではなく、潮がじわじわ満ちてくる時間です。
先程までいなかったのにムツゴロウかトビハゼか、
はたまたお目当てのタビラクチかが、泥の中や、カニ穴から
ちょろちょろ湧いて、潮と岸の境界線をうろうろし始めました。


遠すぎて分からない・・

121122_120208.jpg



ただ、顔を横にフリフリしているのでやっぱあれか?

既に靴は半ハマリの状態で短いタモを伸ばすと
やはりムツとトビ。

結局、ほぼ満潮時まで岸から探り見れたのはシラタエビ、ヨシエビ、テナガ等。
意外だったのは殆どがムツゴロウだった事。
まだ越冬していないんだな~と感心。

はぁ~、本命の河川に行くべきだった(寝坊しました)
今年はあきらめよう・・・かな(汗)


話は変わり、ちょっと前から気にしているスジエビ。
興味を持つ方は恐らく少ないでしょうね。
ただ、細かく見ていくと、私は面白いなぁなんて思います。


この個体は、自宅付近で獲れるが数は少ない方の、額角がほぼ直線的で、
額角先端に棘がないタイプ。

胸の辺りや腰のスジ模様は濃いかったり薄かったりしますので
気にしなくてもいいと思います。
(因みに画像の個体達は全て生きています。5.6分位水上でも死にません)
Aタイプ(Dタイプの可能性アリ)
120218_181718.jpg


これも自宅付近で獲れる一番目にするタイプで、
額角上部がやや上へ湾曲しています。

額角下側の棘はこの個体は1本です。
額角の棘の数は上下共に、はっきり言って個体によりバラバラです。

額角上部先端には、ミゾレヌマエビに等に見られる
1本の棘があります。
この先端部に1本の棘があるタイプがこの辺では一番多い。

Bタイプ
120718_140844.jpg


同タイプ別個体。

120830_150412H町スジ額角


若干違う玄界灘側の個体。

B又は、Cタイプ
120906_183939玄海・全体スジ


同所、別個体。

額角の棘は、上下部共、どの産地のものでもバラバラで、
ここのも下側の棘の数は上画像は2本で、この個体は1本。
先端部に棘のある個体は見つけられませんでした。

120906_184148玄海・スジ額角①


私の住むクリーク周辺だけに偏って生息しているわけではなく、
透明度の高い、綺麗な河川でもこの先端部に棘がある、
やや湾曲するタイプの個体が生息しています。

で、かなり気にしているのが、下画像の胸にある横縞の間隔が
狭い集団

121007_120722スジ・人工

これです。

えっ、一緒じゃん・・・いやいや違う

でもですね、この集団のいる所のスジ模様は皆同じく
額角もストレートで先端部に棘はないんです。
また、何よりもこの胸の横縞の間隔がひっかかります。

因みにこの集団は、河川でもクリークでもない所です。

Dタイプ
120830_150301a・スジ額角共通

まだまだ調査はしつこく続きます(意味はあるのか)

ネット上ではもっと凄い変わったスジエビがいます。
額角が大きく湾曲し、模様もかなり太く濃いスジ模様とかetc
四万十川産のも興味深いです。

今後は、じわじわとダム湖や、山間部の個体群を見て、
鋭く観察しようと思います(歩脚の長さとか泳ぎ方とか)←無駄じゃ

おまけ。

脱皮しても透明なんです。(スジエビ)

121101_163543k.jpg

ではまたいつか。

| 淡水エビ | 18:42 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

天然美「ミゾレヌマエビ」

再びですが、もしかして「マニアックかな」記事の更新です。
今回は、今年出逢った「ミゾレヌマエビ」 ぷち 特集です(爆

あくまでもぷちぷちと言う事で・・・。

最近は、色んな色素固定化された鑑賞用のエビが出回っている様ですが、
それも一つの楽しみ方なんだろうなぁ・・・と思いつつも
天然個体も負けてはいませんぞ!等と日々吠えております。


初秋時採集、抱卵個体。
大体こんな感じの色の個体が殆どの様です。

110923_075226①


これは、同個体、前日の体色。
ミゾレは、半日もしない間に、コロッと体色が変わる面白いエビです。

110922_173055②


初夏採集時の個体。(中央)

110714_205118③


初冬時採集メス個体。(ややブルーな色素)

111106_160810mizore④


約、1週間後、別のメス個体。(イエロー気味)

今の時期のメス個体はこんな感じでやや透明度が上がっており、
それなりに美しいと思います。(赤茶色の個体も勿論います)

111112_171309ミゾレ⑤


実際の飼育水槽内。

DSCF4543.jpg


透明感が伝わりますか?(いまいちじゃぁ~)

DSCF4581.jpg


なんてったって、オスの ガラス細工 の様な透明感は
他のエビには見られない様です。

111217_180344オス


この個体は、今年出逢ったミゾレの中で唯一、
ミゾレヌマエビの名の通り「ミゾレ模様」を実感した個体。

110419_193104ミゾレK産


飼育して暫く後にミゾレ模様を見せてくれました。
いつもこの模様があれば分かりやすいんですけどね・・・。

110419_192843ミゾレK産②

以上、天然個体の面白さをお届けしたつもりです(爆


本日も、ご訪問いただき有難う御座いました。

本日は、これにて・・・。



| 淡水エビ | 20:49 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2011「カワリヌマエビ属」

今年出逢ってきた、カワリヌマエビ属の、
私的 まとめ みたいなものを書いてみました(笑
まっ、自己満の世界ですけどね・・・。

色々見てきましたが、一番多く感じたタイプが、
このタイプで、オスの額角、メスの額角が第一触角柄部先端と
ほぼ同等の長さで、前側角部がやや尖り、棘も1個あるタイプ。
メス、オスの体の模様も、どの採集地でもほぼ同じでした。

市内B産(メス)

111112_181849カワリヌマエビ属・市内B産・柄部到達


市内A産。

ほとんどの、やや成熟したメス個体は、どのポイントでも
こんな感じの模様がある個体がいます。(極稀に迷彩模様も出現)
額角も「ミナミヌマエビ」の特徴、湾曲し、第一触角柄部先端まで到達を
満たしており、前側角部はあまり尖った感はありませんが、
ポチっと、1本の棘があります。
また、額角上の歯(棘)の数も多く、先端部付近まであります。

111126_180050額角・模様「市内A産」


老齢化が進むと、体の模様はなくなり、こんな感じです。
濃い藍色、ほぼ黒に近い色を出す個体もいますが、
大体こんな感じの色が多いのではないかと思います。

飼育水槽


これは、今年一番に感じた個体群。
2011.09.08(過去画像①)

画像が不鮮明な為、肝心のポイントが見れませんが、
所謂、ミナミヌマエビとはかけ離れた感じの個体群でした。

110908_194147額角(G側貯水池)


抱卵個体。2011.09.08(過去画像②)

これでも大きい個体を選んで撮影しましたが、
ここの個体群はとにかく小さい・・・。

また、大体、ミナミヌマエビもしくは、外来の近縁種のメス個体は、
背側に1本のラインが入る個体も多くいる様ですが、
今まで2回採集に行きましたが、見る事はありませんでした(謎)

全体的に見て、丸みを感じる個体群と言う印象でした。

110908_194412額角②(G側貯水池)


2ヵ月後、同所にて(メス個体)

額角、かなり短い。オス個体も短かったと思います。
(黄色線=第一触角柄部先端・赤線=額角先端部)
額角上の歯(棘)の数、前側角部、眼上棘、外肢等の確認なし(忘れ)
恐らく、カワリヌマエビ属であろうと思いますが、
まるで、 アメザリのチビ の様にも見えます(笑

ただ、これだけの情報で外来エビと言うのはどうかと思いますが(そうかも)

111112_115940短額角G側貯水池・未到達


今年、私が見てきた中で これぞ!ミナミヌマエビ と、
勝手に思った個体群のメス個体!

上記画像2枚目の、良く見るタイプの大型メス個体よりも、
これでもか!と言わんばかりに大きく反り返り、且つ、
第一触角柄部先端部より長く突き出た額角!
(通常、メス個体は小さくても額角は反り返っています。)
この リーゼント には惚れ惚れしました(爆

111112_165751カワリヌマエビ属・G側産・模様2


同個体、飼育水槽にて。
前側角部もえぐれた様に角ばっていて、棘もバリッとあります!

額角上の棘の数は少なく、13本あたりだと思います。

111112_181157長湾曲13棘額角・前側角部(G側産)


昨日、ヤマトにヤラレました(汗

111112_181346額角・上からG側産・柄部超


追記2011.12.15
本日採集した自宅付近のカワリヌマエビ属。
前側角部に棘はアリ。

111215_150927額角・前側角部棘


自宅付近のメス個体の額角は、ちょっとまた変わっていて、
反り返ると言うよりは、盛り上がるといった感じ(笑
何がなんだかさっぱり分かりません・・・(お手上げ)

大型個体をいくつか見ましたが、全て同じです。
かなり形状が違って見えます。
また、第一触角柄部先端にわずかに達していない様に見えます。

111215_151420飼育水槽

淡水エビは、ほんとに面白いです。
来年は、謎のエビをもっと綺麗に撮って細かく観察し、
飼育してみようと思います。勿論、完全隔離で。

次回も多分エビでいきます(爆

ではでは。


本日も、ご訪問いただき有難う御座いました。

本日は、これにて・・・。








| 淡水エビ | 20:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

強敵

どうもです。先月ようやく24歳になりました←(ぬけシャーシャーと)

本日は、台風のせいで お初の 「脱・九州 突撃レポ!」 が
おじゃんになり、自らを慰めるべく、いつもの エビエビ 探索シリーズです(爆

出発が遅かったので、予定していた方角にはいかず、とある川の上へ上へと・・・。

まずは、極々小河川の河口付近で、変化が無いか確認に入ります。

前回に比べ、ヒメヌマがかなり減っています。
それでも少しは獲れたので、綺麗な色の個体だけ撮らさせていただきました。

いつもはここに、ヒラテが隠れていますが、
今日は、珍しくクロとスミウキがへばり付いています(笑

110908_113623へばり付き


いつ見ても美しいです。
天然っぽい色の出方がたまらなく好きです。

110908_115713ヒメ


本日、一番の色でした。
MY飼育水槽のヒメは、これよりかなり劣っています。

110908_122135ヒメ②


綺麗なゴクラクも健在でしたが、
今日は出演なしです

110908_122346ミミズハゼ類


ここから車で数分の河口から、上へ上へと車で登ります。
かなり勾配のきつい所で停車し、脇を見ると山水?が流れる側溝発見。

110908_123352側溝落ち込み


雰囲気的に、カワリヌマエビ属のエビがいそうでしたが、
予想に反して捕れたのは大漁かつ、大きなトゲナシ軍団!

変なエビが混ざっていないか数回タモを入れましたが、
成果は上がらず・・・。

110908_123431トゲナシ大物


ヒシが大繁茂する貯水池?傍で、わずかに水がある側溝発見。
水深5センチ程度では何もいるまい・・・
と、思っていましたが、

110908_124829貯水池水路


そこにはあまり見たくない、額角が短いカワリヌマエビ属の奇妙なエビが。
(届く範囲で池にもタモ入れましたが、コガムシ?ヒメガムシが沢山)

いつも見るカワリヌマエビ属のエビは、もっと額角が反り返っていて
もう少し長いですね。
外来のエビかも知れません・・・。

お持ち帰りし、自宅で撮影。

歩脚が妙に湾曲していませんか?

110908_193908湾曲


額角その①
額角&触角柄部も比例して短く感じます。

110908_194147額角


額角その②
抱卵個体。卵の色ってこうでしたっけ??

110908_194412額角②


おまけ。

3ヵ所目に、自然度の高い「堀上の溜池」を発見する直前の道路上で。

久々に言わせていただきますと、
ズバリ、イシガメ だと思いますが・・・違うかも

110908_134316カメ表


ひっくり返しました(笑

110908_134330カメ裏側


中々雰囲気がいい溜池を見れたので、
締めくくりにスーパー河川へ寄り道します。

今日は、中々大型のオオヨシが数個体見れました。
前回より水深が半減していましたが、綺麗なヤマトも見れ
あらためてこの河川の素晴らしさを実感しました。

110908_155551オオヨシ


透明感のある体に赤いスポットが美しいです。
画像の大型ヤマトが、いつもより赤く見えたので、
オニヌマか!! などと一瞬ビビッてしまいました。
流石にそれはいないでしょう(笑)

110908_160214ヤマト

今日は、「強敵」ヌマエビ生息地発見ならず、
成果が無いように思われましたが、
先程述べた「自然度の高い溜池」が、今後唯一の楽しみです。

稲刈りが始まり、電気柵も減り、私の進路を 妨害するものはナシ! (バカタレ

今日もおめでたい管理人は次回は何処へ・・・

本日も、ご訪問いただき有難うございました。

本日は、これにて・・・。


















| 淡水エビ | 22:15 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヌマエビを探せ「執念の結末」

ご訪問くださっている皆様、どうも~ (わざとらしい出だし!)

最近は、雨が降ったり曇ったりのテンションガタ落ちの日々が続く中、
今日はなんとか晴れ間があり、普段より1時間ほど早く出発しました。

ヌマエビとやらを追って・・・。

前々回の突撃時に、偶然入った1匹のエビが何やら怪しい姿をしており、

持ち帰ったものの、☆エビにしてしまうという痛すぎるミスをした苦い一日。

そして、前回は見事惨敗し、その姿すら見れず、生きたままの個体と出逢うのは

もう幻になってしまうのか

そんな思いをぶっ飛ばすため、完全復活(おととい)したボロワゴンをかっ飛ばし、

行って参りました今日もまた(笑



時間が早かったので、第一クロヨシポイントでヒメヌマの状況を確認します。

前回より小さな個体が沢山見られ、ちょっと不思議に思いましたが、

もうしばらくは綺麗なエビ達が見れそうです。


魚はいつもの奴と大型のクロヨシが数個体。

エビは、ヒメヌマの他、トゲナシ、ヒラテでした。

110825_105144クロ


続いて、第一クロヨシポイントで、コンクリ化された後の状況を見てきました。

河口部と、上流部がコンクリ護岸されてますが、

中間地点は未改修なのでわずかに2個体ですが、クロが確認できました。


そして、最後に本命の河川へGO!!


今日は、中間地点から探索します。

夕方には天気が崩れると聞きましたので下流は中止です。

とりあえず、前回と同じ位まで上へ上へと向かい、

入ってくるエビの額角の長さや、模様、腰曲がり度 等を瞬時に見極め、

怪しいエビではないか確認します(爆

探索に探索を続け、おおよそ2時間位が過ぎ、今日もダメか・・・

かなり上の方でぐったりとしていると、ドス黒い雲が見え始めたので、

慌てて引き返し、また今度にしようと最後の一振り・・・


ヒラテか・・・

・・・?

ムム・・・

ガチョーン!!
(またかよ)

その瞬間は訪れました!!
私にとって、感動の一瞬でした。

一瞬、ヒラテと間違えそうになりましたが、

体の透明度と、すぐに歩き出さなかったのでガン見したらまさにあのエビ!!

110825_141712確保の瞬間


先程まで疲労感で包まれていたのもなんのその、

ここから更に小1時間探索続行!!

せめて、ペアで確保したい!!!


しかし、欲望はもろくも崩れ、今日もまたしてもわずかに1個体(爆

今日は、☆になる前に画像を抑えます。

110825_142133バケツ


前々回の眼球がY字の様な・・は、私の誤認だったようです(汗)

真横になっていますね。ただ、自宅付近のエビよりは突出していない様に見えます。

110825_143535眼球確認


全体。(気温の差でボケボケですが)

ぱっと見、ミゾレと間違えても不思議ではありませんね。
胸の模様は明らかにミゾレとは違いますけどね。

110825_143652ケースで確認


今日は、ウェダーの胸の辺りが裂け、タモも破壊され(修復しすぎ)
ちょっと痛い日でもありましたが、最高の感動をいただきました。

110825_153158タモ破壊


今日は、無事に持ち帰るぞ~!と、この河川に一礼し、

クーラーガンガンで帰宅します。

そして、再撮影。

この画像では、外肢も眼上棘も見えませんが、
ルーペで両方の特徴も確認しました。

110825_180359自宅にて


ヒメと同居させる事にしました。

110825_183232水槽

やっぱこのエビは、偶然なのかもしれません。

どちらにしてもホント面白いです、川遊び、自然と遊ぶのは!!

そして、トゲナシや、ヒメヌマ、ヤマトはまだかなり見られますが、

もうすぐ殆ど見られなくなるのでしょうね・・・回遊型ゆえに。


まだまだ懲りずにヌマエビ生息地探し続けます


ではまた。


本日も、ご訪問いただきまして有難うございました。

本日は、これにて・・・。























| 淡水エビ | 20:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。