川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

有明海直近 ありえないバラタナゴ

今日は、ちょっとパターンを変えて若干、トップに画像を配置してみました。
たまにはこう言うのもよろしいかと・・・。

100401_131408.jpg

さて、今日の釣行です。今日は、予め雨だと分かっていたのですが、
一時的に止む時があるだろうと自宅から車でかっ飛ばして約5分の
有明海直近のクリークへ初調査に行ってきました。

有明海付近は、自宅から近いので案外いつでも行けたのですが、
私には、近場より遠くへ行く変な習性があるので今回が初となります。

何が釣れるか?多分、1.モツゴ 2.フナ 3.バラタナゴかなぁと・・。
(もう、バラタナゴとバレているわけですが・・スルーして下さい
ポイントは、ちょっと川幅が拡めのクリーク。
スズキや、ボラ類等もいそうな雰囲気です。
雨がわずかに降っていますが、いつもの念力が通じたのか
強風と共にスカッと止んでくれました。(マジです

マコモ?ヨシ?なんだか分からない抽水植物が覆い茂っている
ごく有明海に近いポイントですが、勿論、魚影は無しです・・が!(ウザ
一投目からバラタナゴがヒットしてきました。

2匹続けて釣れた後、ここでもお約束のモツゴによる
地獄モードに入りましたが、なんだか金色に輝くフナを1匹挟んで
バラタナゴの天国モードに突入しました。

バラがここまで続けて釣れたのは初めてです。
ただなんか違うんですよ!最初の1匹を除けばデカイんです。


これは最初の1匹目。まぁまぁの色でやや小さめ・・。

100401_121607.jpg


でこれが、カネヒラのメスです(オイ
バラタナゴのメスですが、一瞬、カネヒラのメスかと・・・。
尾鰭の一部と腹鰭が欠損していました。7cm位でしょうか?
背鰭分岐軟条数11本ですね。

追記「後にこの個体は、オスである事が判明」失礼しやした!

100401_121823.jpg


こちらも大きなサイズ。背鰭分岐軟条数なんと12本!

100401_131639.jpg


この個体もありえない位大きなサイズでした。
(トップ画像の個体とは違う個体です)

100401_140325.jpg


メスばかりを撮ってみました。
産卵管の根元の色が、前回採集したバラタナゴのメスの朱色と違って
真っ赤な色をしていました。興味深いです。

100401_145613.jpg


スゴモロコ。こんな所まで侵入しているんですね。
ひょっとして15cm級の個体が釣れるかと思いましたが、
甘い考えで1匹のみとなりました。

100401_145938.jpg

この後、再び風が強くなり始めましたので、
納竿とし、帰宅する事に・・・。

結局、約3時間でバラタナゴ約20匹、モツゴ20匹前後、
フナ1匹、スゴモロコ1匹の釣果でした。

そして、先程からありえないと言っているのは、
どう見ても、タイリクバラタナゴにしか見えないし、
たとえニッポンバラタナゴとの交雑個体であっても
腹鰭に白線が1匹も見られなく又、同じく交雑個体に稀に出現する
腹鰭のどちらか片方の一部に短く出現する白線も見あたらないんです。
たまたまかもしれませんが・・・。(たまたまさ

うぅ~ん結論!、やっぱ交雑個体でしょうね(

本日も、最後まで閲覧下さいましてありがとうございました。

本日は、これにて・・・。
スポンサーサイト

| 釣り | 18:53 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

kazeさま
こんばんは
まるで金魚ですね!しかもデカイときている
7センチって何なんですか!?
スズキやボラという事は汽水域なのですか?

| MS-06R改 | 2010/04/01 22:36 | URL |

No title

交雑固体としても
メチャクチャ綺麗ですね。

我が本宅にもタイバラがいますが
そちらの固体に比べれば地味なものです。

ホント宝石のような輝きですね。
そんな固体が近くに生息していて
羨ましいです。

| サワ | 2010/04/02 07:28 | URL |

No title

MS-06R改さんコメントどうもです。
まるで金魚とはよくぞ言って下さいました!
言われてみればそうですね(爆

7センチ位の個体ですが、オスの様な感じも・・。
釣っていたポイントのすぐ反対側は以前、
スズキを息子と釣っていた場所です。
微妙ですが、汽水かなと。

| kaze | 2010/04/02 18:13 | URL |

No title

サワさんこんにちは!
こんな大きな個体初めてでした。
純系の白線が綺麗に入るタイバラは大きな個体を
見た事がありますが、全ての個体に白線がなかったです。
純系のタイバラではないと言う事ですね!

これから先の婚姻色が興味深いです。

| kaze | 2010/04/02 18:18 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kawabito009.blog68.fc2.com/tb.php/89-8f812669

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。