川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カラフルミナミヌマエビ

今日は、久々に息子と釣りに行く予定でいましたが、
晴れているわりには風が若干強く、予定変更でオヤニラミのエサを
捕獲しに六角川水系の用水路に行ってきました。

ここは浅く透明度が高い場所で、かなり高密度でいろんな魚達が棲息、
繁殖を繰り返しています。

かなり泥質の水路なのでいろんな魚達と出会え、時折、汽水域に良くみられる
テナガエビや、ハゼ類もたまにタモ網に入る絶好のポイントです。

しかし、サデ網は使い物にならないので息子と交代でタモで掬ってみました。

メダカや、小さなバラタナゴ、カゼトゲ、やはりスジシマが入り、
ドデカイミナミも沢山入りました。しかし、寒かったですねぇ~。

ところでミナミですが、ここの固体はとてつもなく大きなヤツが多く、
鑑賞にももってこいかも知れません。色は、水槽内で飼育すると
大体抜けてしまうのがオチですが、なんとかこのカラフルな色を
残す方法はないんですかねぇ。もったいない!

上から撮ってもらいました。

画像①

DSCF2512.jpg


画像②

DSCF2517.jpg

画像③(デカイなぁ)

DSCF2518.jpg

画像④(カラフルですねぇ~)

DSCF2522.jpg

画像⑤「左のハゼ科は何でしょうかウロハゼ?」
ここの水路は時折こういうのが捕れるので面白いんです!
勿論、コイツだけ持ち帰りました。

DSCF12523.jpg


私はちょくちょくなんか変わった魚、外部形態に違和感を感じる魚は
持ち帰ってしばらく様子を見ています。おかげで、10Lの水槽は、
同定ができない固体や、なんか変と感じた魚達で訳がわからない
ごちゃ混ぜの水槽になっています。落ち着いたら水槽内の魚達全部を
UPしようと思います。

今年はあと1回フィールドへ行けるかも知れませんが、行けなかったら

・・・クヤシイデス!(┳Д┳)キレ芸大好きです)

本日は、これにて・・・。
スポンサーサイト

| 淡水エビ | 21:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kawabito009.blog68.fc2.com/tb.php/56-f327438a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。