川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自宅近くにて・・

自宅のすぐそばの水路です。外来種の「カダヤシ」を筆頭に
「バラタナゴ」や「カワバタモロコ」等が生息しています。
私の住む町は、大方こんな状況のクリークが、網目の様に張りめぐらされています。
以外だったのは、こんな透明度がない止水域に「ツチフキ」が、かなりの密度で
生息している事です。この時期になると、コンクリートの護岸際にへばりついている姿が見られます。

バラ稚魚?
クリーク

せっかくの休みなので息子のケッタマシーンでプチ採集に出かけます。

バラの稚魚③

バラタナゴの稚魚です。何とか背鰭の黒色班がおわかりになると思います。〈わかんねぇよ!〉
そんなあなたに!これでどうでしょう〈こっちを先にアップすりゃええのに・・〉

バラ稚魚プラケース
スポンサーサイト

| 釣り | 21:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kawabito009.blog68.fc2.com/tb.php/3-8c2208d8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。