川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミナミメダカ

そろそろ実家に戻らなければなりません。
が、その前に、進展途上のメダカについて・・・

昨年から気になっていたのですが、ご周知の通り、
あまりフィールドへ行く機会がなく、まだまだ全然不十分ですが、
メダカのお話など・・・。

以下の画像の個体は、現地にて数十匹目視で確認し、
同じ体型をしていたのでオスのみ各1個体ずつ飼育している個体です。

いわゆる、ポイント別の集団と言う事です。

右側の個体。
やや、背が盛り上がっている個体群。

メスも同等でした。
背鰭の切れ込みは深いです。

130516_144304T川水系・水路


塩分がある、干満差のある河川本流に浮いている個体群。

背側が盛り上がらない、眼球は上画像の個体より小さい。
背鰭の切れ込みはやや浅い。

130516_144917R・感潮本流


どちらも飼育約、1年位かな。
鰭はヨシノボリにかじられたりしてやや軟条が変形していますが、
体型は、当初のままを維持しています。


最後は、海からわずか20メートル付近に漂う個体群。
飼育2年位?だと思います。

130516_150759玄海側・海水流入河口

背側が直線的な個体は、臀鰭が下に長く、背側が盛り上がる個体は、
横に長い感じです。残念ながら携帯では撮れませんでした。

二匹を横に並べると、眼球の大きさも異なり、
ほぼ同じ体長なのに、その違いは歴然としています。

奇形ではないと思っております。
が、ミナミメダカ、有明型となるのでしょうかね。

これからも気が遠くなる位の時間が掛かると思いますが、
スジエビ同様、地道に観察していければと思います。


おまけ。
本日、イサザアミ採集中に紛れ込んでいました。

スジエビのゾエア?
頭を下にしたまま、数匹水槽内で浮いていました。

130516_124755ゾエア・スジ?


ではでは。

スポンサーサイト

| その他 | 16:10 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

メダカは地域別に異なった集団が居るみたいですね!

遺伝子等にも違いがありそうです。

確かに画像を見た感じ外見の違いもありますね!!

有明型と言うのがあるとは初めて知りました!

| DP | 2013/05/16 20:39 | URL |

DPさん、この辺には北部九州型もいる様ですが、
違いが全く分かりません・・・
DNAレベルでしょうね。

実際は他にも違う集団がいるかもしれません。
手探りで地道に捕って撮っていきますw

| kaze | 2013/05/17 18:28 | URL |

すいません、出遅れですが・・・。

依然何かの本で、〇〇何型、〇〇何型と写真付きで書いてある本を見ました。典型的な個体を比べれば違いがありそうですが、基本的には無理でしょうね。
何年か前に沖縄で採集した琉球型も、私には違いが解りませんでした。
ただ最近名前の付いた北のめだか郡は、ウロコに黒い縁取りがあり、なんとなく違うような気はしました。採集箇所が一箇所だけですので、大きな声では言えませんが。

最近いろんな改良メダカがブームですね。短期間でこれだけの変異が出るわけですから、地域変異がもっとあってもよさそうな気はするんですけどね。不思議・・・。

| アヤヨシ | 2013/05/24 23:47 | URL |

アヤヨシさん、確かにウェブ上の図鑑を見ても違いは
全く分かりませんね。
結局はDNAレベルでの型分けでしょうか?
相手が小さいだけに外見での判断は厳しいでしょうね。
それをふまえると、軽く何型とか言えないのですが・・。
せめて地元の型の特徴でも分かればいいですね。

安易に手に入るし放流もされているようですから
県内にもいろんな集団が生息していそうで複雑なところです。
キタノメダカも是非出逢って見たい魚です。



| kaze | 2013/05/25 21:25 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kawabito009.blog68.fc2.com/tb.php/295-eacdd61a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。