川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

タンポポ「とりあえず完結」

色々勉強させていただきました。
面白かったです。

中途半端ではありますが、一応まとめておきます。

キバナシロタンポポの綿毛が、運悪く途中で折れたりすっ飛んだりと
散々でしたが、一応、痩果は採れました。
ただ、強制的?で、種は熟していないかもしれません。

二番目に見つけたポイントが一番多くキバナが咲きました。
画像では、3本ですが、この株だけで4本咲きました。

そして、すぐ後ろでは、しぼみかけではありましたが、
例の半黄、半白のシロバナタンポポが咲いていました。

赤や緑の輪ゴムで目印を付けて毎日のように観察。
結果的には、ここでは3本が花が採れ、綿毛が先端から見える時期に
残念ながら茎が折れ、数日間全く変化が見られなかったので
途中で茎を折り、家で観察ケースに水を入れそのまま放置してみました。

130412_165216キバナ第二①


こんな感じです。

130418_202052第二キバナ全景


3日目の朝。

何となく開いている気配・・・

130421_091012第二キバナ3日目の朝


同日、午後3時・・・

わわわ、綿毛が開いていました!

130421_150601第二キバナ綿毛開く


びっくりです。通常、綿毛が開く前の痩果はまだ緑色ですが、
見る限りはちゃんと褐色です。
いつものポイントで確認しましたが、同じ状態のものは
間違いなく緑色でした(驚く事ではないかも)

綿毛がくっ付いている、花床と呼ばれる部分ですが、
ちゃんと盛り上がっていて、問題なく綿毛が開いた花のそれと同じです。

130422_201556第二キバナ花床


横から。

130422_201937第二キバナ花床横


これも同じ株の茎折れで、もうちょいと言う所でした。
同じ様に持ち帰り、同じ様に水を入れたケースにて観察。

130423_163114第二キバナ折れ


今度は、一日遅い4日目で綿毛が開きました。
痩果も通常のものと同じ色です。

130427_182705第二キバナ茎折れ四日目綿毛


結局、茎が折れ、再起不能に思えた花は持ち帰り、
この方法で全て綿毛になりました。

ただ、綿毛になったからと言って、実が熟しているとは限りませんが、
来年に期待したい所ではあります。

持ち帰った時は、3本共、ガクの中の痩果は緑色で間違いありません。


又、ネットで調べた結果、「ドライフラワー」で綿毛を開かせる、
と言う記述が沢山ありましたが、それと同じ条件だったのかは
知る由もありませんw

因みに、どの綿毛も開いた同日に、ちょっと指で触れるだけで綿毛が落ちて、
茎も、綿毛全開の時と同じで硬くなっていました。

これは、成功なんでしょうか


続きましては(長い)ご教示によるクローン栽培です。
根からクローンをつくる・・・

私の顔から、いや口から、クローンなんて洒落た言葉が出るなんて・・
強制的かもしれない痩果を採った所で、
この先、花を咲かす確立が高いとは思えず、実験的にやってみました。

この根は、別ポイントのキバナが生えていた株のものです。

2日目に、発芽らしき光景が。

130427_182906新P・根二日目発芽①


朝、出勤前に水を軽く注いでいたら、3日目には葉っぱそのものが生えて、
これは、5日目の画像です。

完全にタンポポの葉そのものです。
小学生の時に、アサガオやヒマワリ等を学校で植えて、
芽が出た時の喜びを思い出しました(ガラでもないですが)w

130430_200827新P・根五日目


本日、10日目。
ぼちぼち鉢植えかもしれません。

周りには予備軍が控えていますw

130505_143132クローン計画10日目


勿論、キバナそのものの痩果は全て保管しています。
種は、秋撒きがよいのでしょうか。
いずれにせよ在来種は、種からの発芽は簡単ではない様です。


おまけ。

左、キバナシロタンポポ。真ん中、アカミタンポポ。右、セイヨウタンポポ。

130505_142538痩果

もう一個おまけw

ケイリンシロタンポポ(ツクシシロ)ではないですよね。
本日、石垣の下やら間に生えていて、花が大きく感じ、
角状突起もやたらでかく、自宅近くのシロバナタンポポより
突起が大きく感じましたが真相はいかに・・・

130505_090937突起1ケイリン?

130505_091140突起2ケイリン2



今年は、タンポポの魅力にとりつかれました。
来年もきっと同じ事をするでしょう。
そして少しずつでも精進していきたいと思います。

しばらく更新が途絶えると思います。

ではまたいつか。







スポンサーサイト

| 野草 | 15:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは

根っこからのクローン再生成功ですね。
種から育てるより、最初から葉っぱも大きいので簡単に育ちますよ。
早ければ、秋の終わりぐらいに花が咲くかもしれませんよ。
黄色い花が咲くといいですね。

ケイリンシロはどうなんでしょうね。
似たようなのが沢山あるので、難解ですね。

| アヤヨシ | 2013/05/06 20:16 | URL |

アヤヨシさん、いつも有難う御座います。
と言うか、色々有難う御座いました。
魚と同様、気にしだすと止まりません(笑

今回の目標というか、目的は、キバナが遺伝するのか?
これが課題でした。現在両方の見解がある様ですが、
発芽するかどうか分からないキバナの痩果と、
そのキバナが生えていた株の両方から結果をみて、
結論が出せたらいいなぁと思っています。
と言いつつ、黄色い花が咲くと信じていますw

| kaze | 2013/05/06 22:30 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kawabito009.blog68.fc2.com/tb.php/294-5997b7c4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT