川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ガサ入れ「トウヨシノボリ」編+α

今日は、午前中は曇り。しかし、午後より晴れマーク・・・。
行くっきゃないでしょ!(何が?)と言う事で久々のガサ入れです。
ただ、午後2時を過ぎてからの出発なので、時間がありません。
時間があればもっと遠くへ行きたかったのですが・・・。
贅沢は言ってられないので息子同伴でダム建設中止で話題の河川へ。
ここは、数年前までは、幅1m位の護岸されていない水路にオヤニラミが
沢山生息していました。が、今は3面コンクリート化されてその姿を
見る事は出来ません。ただ、河川本流にはまだ生息していると思いますので
今日はそこをポイントとし、ガサ入れを行う事に・・。

DSCF1756.jpg

DSCF1717.jpg

流石に水温は低く、とても心地良い感じです。早速ウェダーに着替え、サデ網を片手に
突入します。コンクリートの穴の中から素早く逃げる魚達・・・。オヤニラミなのか!
抽水植物を押しのけ一気に掬い上げます!こんな動作を繰り返し、1時間位経過したでしょうか。
結局、採集出来たのは、タカハヤ、カワムツ、カマツカ、トウヨシノボリ、ドンコ、?ヨシノボリでした。
ただ、後の画像の?ヨシノボリですが、トウヨシノボリなのかどうかが分りません。

ビッグドンコ!
DSCF1734.jpg

結構デカいでしょ!(水温が低いので容器がすぐ曇ってしまいました)
DSCF1728.jpg

上から
DSCF1738.jpg

真ん中の個体は、どう見てもトウヨシ(オス)ですよねぇ・・・。
問題は、右端のヨッシーですが、シマヨシノボリではない事も明らか!
じゃぁ何?トウヨシのメス?まさか、オオヨシノボリじゃぁないですよねぇ・・・。
気になるのは、胸鰭基部の黒色班なんですよ・・。
DSCF1735.jpg

更に、単独で1枚!
どうでしょうか?どなたか無知なワタクシにご教授下され!
(トウヨシノボリのメスだったら、やけ酒!オオヨシノボリだったら、ルネッサ~ンス!)
このヨッシーですよ!分らんのは・・・。
DSCF1742.jpg

こっちは、燈色がはっきり出ていて第1背鰭も伸長していていかにも
トウヨシのオスですよね!尾鰭の燈色が奇麗でした。(ヨシノボリは苦手なんすよ・・)
DSCF1747.jpg

さて、タイムリミットもせまってきましたので、ちょこっとだけ釣りをしてから
帰る事にしました。時間は5時をまわっています。
場所は前回のカネヒラ&カゼトゲポイント。
いつ見ても綺麗です・・・。(流石、デジカメは違う!)
DSCF1788.jpg

早速、カゼトゲがカネヒラに混じって釣れるここを狙って開始です。
DSCF1801.jpg

釣り時間はおおよそ30分位でしょうか、結果は、最近どこに行っても
カネヒラばかりでもう、うんざりと思っている方々、今日の画像は・・・!
                   ↓
                   ↓
                   ↓
                   ↓
                   ↓

ハイ!カネヒラの画像です・・・(どっかで聞いた事のあるような)
DSCF1811.jpg

あっと言う間に夕暮れ時になり、夕焼けをバックに納竿とします。
DSCF1792.jpg

帰りは、エッフェル塔を?眺めながら・・・。
DSCF1819.jpg

今日もお腹いっぱいの一日でした。本日は、これにて・・・。












スポンサーサイト

| 水中突撃 | 20:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kawabito009.blog68.fc2.com/tb.php/29-2de29c76

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。