川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

絶滅方程式

今日は、シルバーウィークと言う事でお休みです。「嘘です」
窓を開けると風が強かったので釣りに行くかどうか迷ったのですが、
催眠術にかかったようにふらりと出掛けました。
とりあえず、カネヒラ位しかグラデーション的婚姻色を見る事が出来ない
今日この頃、何でもいいやと久々のBIGカネヒラポイントへ・・・。
おやおや、こんなんなってますねぇ~。
090919_141039.jpg
さて、この後はどうなる事でしょうか?ここでは完全に堰によって水流は
なくなり、放り込んであるようなテトラポットの中には、カビ系の病気になった
カネヒラやムギツク、バラタナゴ等が見られます。更にこの下では、
数年前から長期に渡って同じ様な光景が見られます。
産卵をするため浅場を目指すタナゴ達・・。それが終わると、深場へ戻ろうとします。
しかし、戻れない。追い打ちをかけるように進む、水路の3面コンクリート化。
それにより二枚貝が減少、水生植物の消滅=タナゴ類の絶滅・・・。
これより酷い風景も沢山ありますが、ご覧の画像の様に淡水魚達は
ギリギリの環境で生きています。
090919_141653.jpg
ミヤコタナゴやイタセンパラの様に天然記念物にして即座に保護するのも
一時的には効果があるでしょう。ですが、個体の数が減る前にこういう
環境から見直さないと天然記念物が増えるばかりになるのでは・・。
今後もこの河川の行方を見守りたいと思います。さぁ、気を取り直して
釣りを開始しようかと思ったのですが、テンションが下がってしまいましたので
水面のチビイトモロコの群泳を携帯で撮影して次の場所へ。
090919_141009.jpg
続いてのポイントでは、カワバタモロコを狙っていたのですが、釣れるのは
モツゴばかり・・・。40分位でモツゴ7匹、ヤリタナゴ2匹
アブラボテとカネヒラが1匹ずつでした。
090919_161417.jpg

090919_164933.jpg

090919_171610.jpg
最近、私の住んでいる町では田んぼが減って、集合住宅がオセロゲームの様に
次々と建てられています。間違いなくカワバタやツチフキ達は減っていくでしょう。
私に何が出来るか・・、何か出来る事はないのか・・。総理大臣になるしか?
せめて私が死ぬまで・・いやいや、この先ずぅ~っと生き延びていてくれよぉ!
本日は、これにて・・・。
スポンサーサイト

| 釣り | 20:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kawabito009.blog68.fc2.com/tb.php/28-2cc031c3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。