川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

多分いないはずの魚

干潟の紅葉を見に行ってきました。
ちょっと早かった様なので裏掲示の方へ(汗

で、いつものポイントへ潮が満ちてくる前に行こうと思っていたのですが、
気になっていた水路へ突撃してみました!

潟から1キロも満たない所にあるポイントですが、
この辺ではまず見る事のない様な、透明度があり、
若干の水流のある初めて見る光景でした・・・。

水面には、カダヤシであろうと思われる魚が泳いでいます。
そして、やや小ぶりなゴロタ石があり、もしやあの魚がと・・。

121024_114010ポイント


いざ飛び込むと、右半分はなぜか深みにハマリ、
危うく足が抜けなくなる位の泥質底。

早速ミニタモでワッサワッサやってみました!

ひょっとして、汽水関係のお魚がと夢を見ていましたが、
ドンコとカワリヌマエビ、アメザリの中に混じって
このツチフキがジャンジャンバリバリ(パチンコか!)
(画像はオスです)

121024_120622ツチフキ


まぁ、ツチフキはこの辺ではごく普通ですね。

で、落ち込みの部分を軽く探ると・・・

えっ!


カカカ・・・カマツカ じゃん!!

この辺では初確認だぞおい!

なんか不思議な水路だと思ったら、カマツカなんて・・・。

121024_120829カマツカ


さらにサプライズは続き、そのまま続けると・・・。

ガチョ~ン!(やかましい

アブラボテではあ~りませんか!?

121024_121350ボテ

カマツカもアブラボテも普通種なんですが、
あくまでも この辺では初めて見ます!

ボテほどの魚がいるならカゼトゲやヤリタナゴがいてもおかしくはナイ はず

今回は見つかりませんでしたが・・・


やはりいました。この子は想定内・・・。

121024_121546トウヨシ


そして、もしやカダヤシではなくメダカではと思っていた魚は、
オイカワ?でした!!(自信がありません)汗

この魚も普通種ですが初確認!!!

この水路はいったいなんなんだ!!

121024_121925オイカワ


自宅で後ほど確認したら、額角の形状からスジエビだと分かりました。

一応、透明ですよね。

121024_122536スジエビ透明


カワバタも狙ってみましたが、モツゴだらけ。

これは普通のモツゴですが、

121024_165916モツゴ


この個体は、どうも半透明っぽいんですがどうでしょう?

121024_170337m半透明


決して、鱗をこっぱいだ わけではありません。

121024_170529モツゴ腹部


という訳で水槽に投入!!

121024_171829スジその後


ここの水路の謎が解けてきました。

突撃中に話しかけてきたおっさんが気になることを・・・

ボテやカマツカが累代繁殖しているかどうかは?です。
(カマツカ4個体、ボテ2個体)
また、丹念に探せば、カゼやヤリが見つかったかもしれません。

エビは、ヌマエビ属、カワリヌマエビ属、スジエビ。

以上、本日の突撃結果でした~!
今後、要注目のポイントで、ちょくちょく行く事になるでしょうね。


ではでは・・・。


















スポンサーサイト

| 有明海流入河川・水路の生物 | 19:18 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

行けなくて残念・・・
結局日曜も仕事してました

なかなか面白そうな水路ですね
次はご一緒しましょう

| CB御殿 | 2012/10/24 21:56 | URL |

上流からの透明度の高い水が用水路で送られてきている場所などでは、カマツカやドンコなどが海に近い場所でも見られることがありますね。
ここもそういった場所なのかな?

| りゅうね | 2012/10/25 04:53 | URL | ≫ EDIT

CB御殿さん、不思議な感覚でしたよ。
特にボテには・・・。

ひょっとしたら県外産の魚が混ざっているかもしれません。
今度はオヤジ3人衆(失礼)で楽しみますか!

| kaze | 2012/10/25 09:52 | URL |

りゅうねさん、参りました~!!
さすがです!その通りですね。

まさかこんな所まで送ってきているとは・・・。
某ダムからだと言われていたので納得です。
スジエビも2タイプ(私的)と思われるのが混じっており、
この辺の個体群とは違う模様なので面白い所です。
同じ様な環境が他にもあるはずなのでぼちぼち・・・。

| kaze | 2012/10/25 10:02 | URL |

はじめまして!
以前から拝見させていただいていますが、初コメントさせて
いただきます。
私がツチフキ、ゼゼラを求めているのでタイムリー記事です(笑
やはりツチフキかわいいです♪
良いですね~
やはりツチフキは泥底が良いんでしょうか?
私もかなり探してますが、こちらではなかなか会えず・・・
この前は喜び勇んで、よく見ると・・・
カマツカでした(笑

また、参考にさせてください!

| いく | 2012/10/25 12:21 | URL | ≫ EDIT

いくさん、閲覧有難う御座います。
ツチフキ、ゼゼラはカワイイですね!
以前飼育していましたが、特にゼゼラの捕食シーンは
小鳥がエサを食べている感じなので面白かったですね。

こちらでは、河川本流(砂泥質)、用水路(軟泥質)
どちらでも見れますが、あえて言うなら、
バラタナゴ属が通年いる様な環境(平野部)で、
水の透明度は関係なく、足を取られる様な泥底が
稚魚から成体まで生息密度が高い様です。
そちらでもし、生息していると仮定し探すならば、
河川に繋がる止水かそれに近い用水路で、
カナダモやマコモ、ヨシ等、植物が豊富な環境が
よいかと思われます。
通年見れるポイントは、繁殖形態でも分かる様に、
止水域など、富栄養化した場所で多いですね。
もっと言えば、先に述べた、バラタナゴ属、アメザリ、
ブルーギル、淀みが好きなドンコ、メダカ等が
通年確認出来る場所で、標高のある山間部では、
ダムなどがない限り見た事はないです。参考までに。

| kaze | 2012/10/25 21:53 | URL |

助言ありがとうございます!
なるほど、確かにこの前捕獲実績のある河川でガサった
のですが本流に行くまでは足が埋まって出られないほどの
足場でした。
捕獲できませんでしたが、いる可能性が高そうですね・・・
ガサ経験が低いので、助言をいただいてもなかなかピンと
こないのですが(苦笑、がんばってみます!

すみません数点質問を、泥状の場所では中に入るとなかなか
動けないと思うのですが、中に入らず岸から掬うのでしょうか?

狙うポイントはカマツカの、ドジョウのように泥ごとですか?
それともカナダモやヨシをガサガサやるのでしょうか。

すみません、なにぶん不器用なのでいただいた情報でも数点
疑問が出てしまいます(笑

| いく | 2012/10/27 12:55 | URL | ≫ EDIT

いくさんこんばんは。
確かに密度が多い所は中に入ると動きにくい所が多いです。
水位が安定していない所ではおそらく移動を繰り返している
かと思われますね。

護岸際からタモで水草の根っこあたりをわさわさして
獲った事もありますが、ほとんど水中突撃で採集されます。
基本、泥ごと掬う(水の流れに逆らって後退しながら)、
水草の根元付近をしつこく狙う、
だいたいこれで生息地では採集出来ます。

よくあるのは、ある程度調べ尽くして、
カナダモの表面水深20cm位でエビ獲って
帰ろうかと思ったら、エビと一緒に大漁なんて事も
ありますね(今回がそうでした)
恐らく水草の中に浮いている状態で隠れていたと思います。
結構しつこく探りましたから(汗)

ちなみにコンクリ護岸でも底に厚めの泥が蓄積し、
水草が豊富であれば獲れない事もないです。
裏掲示板に本日限定でイメージ写真を貼りますので
生息実績のある河川付近で似たようなポイントを
探してみて下さい。(出来れば水路幅2メートル位まで)

ではでは。

| kaze | 2012/10/27 19:40 | URL |

雨上がりの川近くの浜で車エビっぽいの採ってたらカレイの稚魚と一緒にカマツカが入った事があります(瀕死でしたが…)


| こぺんた | 2012/10/27 19:49 | URL |

おおお!こぺんたさん生きていましたか(オイオイ)
今頃、目の下にクマをつくって勉学に励んでいると
思っておりました!

ここは以前、ショウキハゼ狙いで行った所に近いです。
アブラボテには参りました・・・。
カレイの稚魚と一緒にカマツカですか?
貴重な記録ですね。また一緒に行ける日を楽しみにしています。

| kaze | 2012/10/27 20:15 | URL |

アブラボテが普通種とは羨ましいです。
こちらで希少種の魚がそちらではごく普通に居るようですね!

ツチフキも来年岡山まで見に行こうかと思っている魚です。

本来汽水域の魚が居そうな場所に純淡水の魚が沢山いるとは
面白いですね!
エツはいませんか?

| DP | 2012/10/28 17:38 | URL |

DPさんこんばんは。
いかにこちらが恵まれている環境かと実感しますね。
ツチフキって意外と見れない魚なのでしょうか?

エツ・・・きましたね~!地元のクリークでは
可能性はあると常に狙っていますよ~!!
ただイメージが・・・想像できない!
偶然出逢うとすれば止水のクリークで、
意外と実家辺りが怪しいかな・・・

| kaze | 2012/10/28 21:23 | URL |

いろいろとありがとうございます!
しかし、拝見することができませんでした・・・(涙
トップページから行けば良かったんですね、すみません。

もう一度お願いしても良いでしょうか?
お願いします。
ちなみに今日はツチフキが大量発生しているとこで
ガサってる夢を見ました(笑

| いく | 2012/10/31 05:55 | URL | ≫ EDIT

いくさん、完了報告有難う御座いました。

諦めずチャレンジしてみて下さい。

ではでは。

| kaze | 2012/11/01 10:58 | URL |

エツは稀に河川感潮域のすぐそばのクリークでも採れることがありますね。ご実家のあたりは狙い目かも。
ただ投網でしか採ったことないですが。
そのほかアリアケヒメシラウオもクリークで採れることがありますよ。

| りゅうね | 2012/11/02 17:57 | URL | ≫ EDIT

りゅうねさん、やはり実家付近は怪しいですか?
がぜんやる気(獲る気)が出てきました!
時期的にどうなのかという疑問がありますが、
あくまで淡水域に拘って気長にかまえたいと思います。
アリアケヒメシラウオ・・・
これは地元民の意地で是非画像に収めたいと!!!

| kaze | 2012/11/02 20:00 | URL |

こんばんは
記事と直接関係ないですが、ツチフキって意外と大きくなりますよね。ちっこいのしか目にしていなかった頃、大きなオスが網に入り驚いたのを思い出しました。
背鰭も伸びるしかっこいいですよね。
痩せ易いのを除けば文句のないお魚です。

地元民ではないのであれですが、いろいろな環境があるんですね。関東の人間からすると、クリークだらけの大きな平野のイメージがあります。微妙に違った環境って、ヨシノボリの種類が違っていたりするんで、個人的にも興味深いです。

| アヤヨシ | 2012/11/06 00:19 | URL |

アヤヨシさん、またいい所に行って来られましたね!
採集成果が凄いなぁと思います。

有明海周辺の地元のクリークは近くに河川がないし、
山もないので透明度はほぼゼロですね。
流れているのは潮の干満差の影響を受ける泥底の「江」?と
言われる河川です。なのでムツゴロウなどもいますね。
なので、クリークの底質も似たような感じです。
たまたまここは長いトンネルから上流水が供給されている様で
色んな生き物が運ばれてきていて河川中~下流域と平野部の
クリークが合体した様な感じの不思議な水路です。

| kaze | 2012/11/06 22:39 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kawabito009.blog68.fc2.com/tb.php/268-92e07b6b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。