川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

秋晴れの中で・・・

今日は、連日の秋晴れの中、地元のポイント巡りに行って来ました。
まずは、「がばい水路」を目指します。途中で、某河川の前を通過しますが、
そこは、ヤマノカミなどがこの河川の下流にある大堰の魚道を突破した一部の
たくましい個体が遡上して来る河川でもあります。
水深は30㎝~40㎝位でしょうか。魚影はみあたりませんが、浅瀬でサギが
集団で獲物を待ち伏せているようです。

DSCF1563.jpg

現場へ到着。早速水面を覗いて見ます。
どうですか!水深20㎝前後のこの状況で、湧いて出たようなタナゴ達・・・。
水路の清掃で水草も一部しか残っていませんが、どこを見てまわっても
絶えずこんな状況でした。特にカネヒラが二枚貝に群がっているのが目につきます。
最初、ゴミか何かと思いましたよホント凄い・・。「トリコが来たら大変だぁ」
前置きはこれ位で速攻で竿出しします・・・。が!またやってしまいました。
先日、遠征時に最後のハエスレを帰る寸前にLOSTしていた事を忘れていました。
息子の竿にはがまかつさんのタナゴ針がついているのですが・・
と言う事で3匹釣ったら交代と勝手に決めてゴングです。

DSCF1567.jpg

すかさずオスカネヒラがHITしてきます。ていうか連続で爆釣状態です。
たまにイトモロコや、アブラボテ、カゼトゲ等が釣れますが、
とにかくオスのカネヒラばかりです。贅沢にも飽きてしまいますが、
珍魚を狙って我慢の釣りです。結果以下の通り・・・。

①カネヒラ軍団

DSCF1613.jpg

②カゼトゲタナゴ

DSCF1598.jpg

③コイ

DSCF1608.jpg

ちょっと歩いてヒシの葉の周りを見てみると、カゼトゲとバラ、メダカの大集団が
私が歩くと同時に逆の方向へスイスイと逃げて行きます。
ちょっとタモ網を入れて見ると、ミズカマキリとか・・・。

DSCF1595.jpg

2時間ほどで次のポイントへ移動です。ここは、NHKでも特集で取り上げられた
超、メジャーな河川です。この河川は、市も力を入れていて、環境も整備されている
県内唯一の河川ではないでしょうか。「ここだけかもね」

DSCF1628.jpg


水温も安定して低めで水流もあり、クリアな水質なうえ、水生植物も豊富です。


DSCF1640.jpg

チビカゼですね!かわいい・・・。

DSCF1653.jpg

さっきから何やら視線を感じます・・・?子猫がくつろいでいるじゃありませんか!

DSCF1623.jpg

息子が近づきます。すると、カメラ目線でポーズですか(爆)

DSCF1624.jpg

中々人なつっこい子猫です。

DSCF1631.jpg

そろそろいい時間になってきましたので夕焼けを後に帰宅します。

DSCF1646.jpg

自宅に着くと、なんと出発後に送られてきた「ネットで釣り具のすがもさんから購入」
タナゴ針が届いていました。九州ではタナゴ釣りは超、マイナーなので、
タナゴ用の竿や、仕掛け等は売ってないんです。

090910_201523.jpg


今日は、久々に地元での釣行でしたが、やっぱ、落ち着いてていいなぁ(田舎は・・?)
本日は、これにて・・・。










スポンサーサイト

| 釣り | 21:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kawabito009.blog68.fc2.com/tb.php/26-704859ee

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。