川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

干潟の河川に突撃

珍しい月曜日の有給休暇・・・やったぁ~!!

天気は良いし、気温も高く、釣りor突撃どっちにするか随分悩みました(爆

勿論、両方で行きますけど・・・。


釣りのポイントを探すには、原チャリが最適なので、
足元には、バケツとタモを「自転車の荷台用のゴムひも」で縛り、
半キャップのメットにネックウォーマーで鼻から下を覆い、
その怪しげな容姿から間違いなく 職務質問を受けそうな 格好で
ウロウロ徘徊(自爆

中々ポイントがなく、良さげな所は河川工事・・・。

途中、ふと、多布施川の桜はどんな感じになっているか気になり
ちょいと寄り道・・・。

白い花は確か、コブシだった様な気がします。

120402_105256tafuse・1


ここからの眺めが私は一番スキです!

今週末位には、数多くの酔っ払いが見れるでしょう。

120402_105416tafuse2.jpg


缶コーヒーを飲み干し、大昔メダカを獲っていた水路を目指します。
カゼトゲタナゴを初採集、感動し、日淡初飼育となった記念すべき水路ですが、
今では三面張りの残念な水路となっています。

車は通れませんが、原チャリなので走っちゃ停止の繰り返しで
そそる小湿地発見!

メダカも横の水路にいるし、カゼトゲやヤリ、ボテの幼魚が泳いでおります。
三面張りでも周りの環境次第である程度は再生産が可能なのでしょう。

直感で、ドジョウやひょっとしたら水生昆虫なんかいるのではと。

このコウホネは何コウホネでしょうか?
数キロ離れた所に、昔、ヒメコウホネが生育していましたが、
それとは違う様な感じです。

因みに、茎の内部にオグラコウホネの様な空洞は無かったです。

120402_113700kouhone.jpg


そして、ややよどんだ部分にすかさずタモを入れると、
やはりおりました、ドジョウ君!

120402_114250dojyou.jpg


この後、お初の某河川にて釣りをするも、
釣れたのはヌマムツ、オイカワ各1匹(涙
たまらず突撃して、各タナゴ類、フナ属、カマツカ、トウヨシ等。

暫く悩んで、またも大昔息子と突撃した干潟の出来る河川へGO!

その頃は、ウナギの稚魚が沢山いたのを覚えています。

120402_162729kaniana.jpg


さぁ、時間もあまりないので少しだけ期待して突撃!

ミミズハゼでも出てきそうな雰囲気もあるのですが、
塩分的にどうなのか?

で、ミミズハゼは飛び出してきませんでしたが、やっぱりいました。

タモの網目から普通にスルスル落ちますが、生息密度は高い。

速やかにリリース。

120402_164115unagi.jpg


これは想定外でした。
こんな所にもいるなんて。

120402_164323sujishima.jpg


これも想定外。真っ黒クロの、恐らくヌマチチブ。結構多い!

120402_164516numati.jpg


これは想定内。
シモフリシマハゼだと思います。

120402_165155shimofuri.jpg


撮影するまでゴクラクハゼだと思っていましたが、
ウロハゼの様です。

120402_165313urohaze.jpg


ちょっとだけ想定外のトウヨシ。

120402_165508touyoshi.jpg


おまけ。

ミナミテナガエビと似ているテナガエビ。
ミゾレヌマエビ、カワリヌマエビ属も多し!

120402_181407tenaga.jpg

夏季にはカワアナゴ(無理かも)、恐らくヤマノカミが現れそうな優良河川。

夕刻のチャイムと同時に、再び変身して原チャリにまたがり
まるで月光仮面の様に去って行く自分にどこかむなしさを感じる今日この頃。

はぁ~、歳はとりたくない! 

以上、干潟の出来る河川リポートでした。

ではまた。
















スポンサーサイト

| 水中突撃 | 20:26 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

干潟河川良いですねえ~

自分も夏にはタビラクチとイドミミズハゼを捕りたいと思っています!

佐賀ではカワアナゴはレアなんですか?

| DP | 2012/04/02 21:44 | URL |

多布施川はマラソンの後に覗いてみましたが
どこも真っ黒にこけていて魚影無しでした

ウナギに稚魚が結構あがっているようですね
今年は養殖物が高値でどうにもなりません

| CB御殿 | 2012/04/02 21:47 | URL |

コウホネ類の生えた水路いいですね~。
透明度も高そうですし。

佐賀県の有明海側ではチチブは見たことがありません。
玄海側では汽水域にチチブ、それより上流側にヌマチチブが見られることが多いですが、有明側では汽水域でもヌマチチブばかりです。不思議です。



| りゅうね | 2012/04/03 14:52 | URL | ≫ EDIT

あ~干潟行きたくなってきました!!
写真のはコウホネともなんとなく違いますね…
ベニオグラコウホネとかありますか?話しでは聞いたことがあるのですが…

カワアナゴはこちっでも局地的ですね。

| こぺんた | 2012/04/03 14:54 | URL |

DPさん、こちらではカワアナゴは多分レアだと思っています。
今の所、私の知る限りでは1名しか知りません。
おおよその場所は勘で分かりますが簡単ではなさそうです。

タビラクチ、イドミミズ、聞いただけでそそりますねぇ~。

| kaze | 2012/04/03 20:27 | URL |

CB御殿さん、魚影は全くないですよ!
ここにはたまに、ぼ~っとしに寄るのが多いです(笑

シラスは子供の頃からよく某河川の水門周りでよく見ました。
恐らく、今も見れるかと思います。
ウナギ屋さんで今まで通りの値段で食べられるか?

| kaze | 2012/04/03 20:33 | URL |

りゅうねさん、ほんとギクッとすること仰いますね(爆
確かに近辺の水路は透明度高いです!

チチブは、なぜに県内の有明海側にはいないのか、
私も不思議に思っています。
今年は、ボラ、アベハゼの獲れた水路でチチブ狙います!

| kaze | 2012/04/03 20:39 | URL |

こぺんたさん、やはりコウホネではなさそうですか?
ちょいと調べたら、どうやらヒメコウホネに2型あり、
昔見たのは、東海型で、今回のは西日本型の様な気が?

ベニオグラコウホネは見た事がありませんが
私が知らないだけかも知れません。
神殿探索時にここのも見てみて下さい。

| kaze | 2012/04/03 20:45 | URL |

こんばんは
とても雰囲気の良い場所ですね。
こちらでは、コウホネ類その物がほとんど見当たりません。
眺めているだけでも楽しそう!

ヌマチチブは最強ですね。汽水でも池でもどこにでもいますね。
むしろチチブは、海でしか見たことないです。

| アヤヨシ | 2012/04/05 22:34 | URL |

アヤヨシさん、ヌマチは池にもいますか!
私はまだ陸封ヌマチは出逢っておりませんが、
是非一度見てみたいものです。

水門の上が淡水の水路で下がこんな感じです。
いっぺんに二度楽しめる面白い所です!

| kaze | 2012/04/07 22:45 | URL |

こんなにたくさんの種類がいるのはうらやましいですねー
私の近くの川にはアブラハヤやオイカワ、フナ、ニゴイ、ヤツメウナギなどがいます
でも野生のタナゴだけは生まれてから一度も観たこととがないんですよね...
だからこの前ペットエコで5匹買ってきました
一匹280円...
なかなかお高いです、タナゴさん...

| まりたん | 2012/04/13 15:26 | URL |

まりたんさん閲覧有難う御座います。
確かに、私の住んでいる町は淡水魚が多いですよ!
豊富さゆえ、一般の方々感心が薄い気もします。
簡単ではないかもしれませんが、
いつか天然のタナゴ達に出逢えるといいですね!

| kaze | 2012/04/14 09:22 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kawabito009.blog68.fc2.com/tb.php/248-0d09ccb9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT