川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カワヨシ発見。

今日は、今年一番のいい天気でした。
こうなると、何が何でも行かねばならぬと北へ・・・。

久しぶりに長距離出勤で胸はワクワク!!

最近は、G・アースと、地図で色々探っていて、
今度はあそこら辺へ行ってみようとお初の河川?

正確には、河川ではないかもしれません。

いつものルートよりちょいと手前で左折してグングン上へ上ります。
河口から攻めたいと思っていましたが、いまいち時間が合わず
上流目指して一気に上って行くと・・・

やっぱりどこがどこだか分かんなくなってきました(爆

地図上では、細い河川が走っているのですが、
中々見つけられず諦めムードの中、抜け出せそうにない山奥へ(汗


突き進むと、Uターン出来なくなる恐れもありちょいと歩いてみると、

小さな沢がありました。


おまけ(まだ喰えますか?)

120329_110307ツクシ


なんかいそうですが、なんにもいません。

120329_112513沢


良く見ると、なんか穴があり、ほじくりまわしましたがスカ(笑

120329_112601穴


左側は荒野になっていましたが、仕方なく下へ歩いていくと・・・


うわっ!これは、この感じは・・・

クロヨシ河川に似ている!!直感です。

画像の濁りは既に引っ掻き回した後です(すいません)

ここが一番広く、1.5M位でしょうか。

120329_120331濁り


まぁ、海が近くにあるし、いたとしてもクロヨシだろうと思いながらも

久々の海側での突撃に期待感はハンパなく
突撃~


が、獲れるのは、タカハヤとカワムツばかりで、
この魚達がいた時点でヤマトヌマエビの生息はアウト。

上に行けばいるかもしれませんがここら辺ではいないでしょう。

またしても暗雲が立ち込めるのかと思いきや、

天の光が差しました!

入った瞬間、体側に赤い1本の線があったのでクロヨシだと思いましたが、
胸鰭と尾鰭の斑紋を確認すると、以外にもカワヨシでした。

120329_114529チビ

さぁ、火が点きました!  

カワヨシとなると、一番近いので「壱岐ー佐賀型」

しかしここは、私が良く行くポイントから数10キロは離れている!

フフフ・・・もしかしてやりましたかね。

途中、タイミング悪く、歯痛が襲って気絶してしまいそうになるも
なんとかある程度の個体数と、大き目のオスを確保。

これで判明するはず・・・


び、微妙~

120329_131615ボケ


顔。

120329_130911顔


17本だと思います。

120329_130946軟条17本


どうでしょうか?
肝心の背鰭を立ててくれないんです。参りました。

120329_132413カワヨシ①


全てオスです。

120329_132329カワヨシ②


壱岐ー佐賀型っっぽいけど、
少なくとも家の個体よりは背鰭が長く見えます。

120329_132306カワヨシ③オス群


とうとう最後までまともな画像が撮れませんでした。

120329_132200カワヨシ④


100Mほど上まで藪こぎして、他に底物がいないか、
徹底して探しました。

で、ようやくなぜかトウヨシのメスが1匹獲れ、
ならばオスを獲らんとまずいだろと必死こいて1匹確保。

トウヨシの背鰭は、小さい割りに大きく伸長していました。

左カワヨシ、右トウヨシ。

120329_131633トウ・カワ


時間があれば、もっと上まで目指していましたが、
帰りに無難に帰れる自信がないので早めに某河川へ。


まだまだ時期ではないようです。

120329_143912oyoshi.jpg


多くはないですが、立派な個体も見れました。

120329_144811kuroyoshi.jpg


3ポイント目。
かならずいるのねオタク達は。

120329_160329sumiukigori.jpg

本日の探索結果。

A河川 カワヨシ、約30、ドンコ約10、カワムツ約100、タカハヤ約10。
    トウヨシ2。ミゾレ?1(逃亡)

B河川 クロヨシ5、オオヨシ7、ヒラテ3、ミナミテナガ6、ミゾレ1
    

C河川 スミウキ7、シマヨシ2、ミゾレ1、ミミズハゼ3  以上。


かなり上である事は間違いないのですが、トウヨシがいたのが(謎

ズバリ、壱岐ー佐賀型だったとしても、自力発見なので
それはかなり嬉しい!!

ではまた。

本日も、長ったらしい記事を閲覧いただき有難う御座いました。


本日は、これにて・・・。(念のため1匹オスを連行しました。念の為です)

※追記。水槽にて(これは、壱岐ー佐賀型の確立アップ)爆

120329_211653.jpg




















スポンサーサイト

| 水中突撃 | 20:26 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは
カワヨシノボリで間違いないと思われますよ。
そして私が採集したことがないタイプかと思います。
結構下流部でも、カワヨシが生息しているんですね。
面白そうな川です。

| アヤヨシ | 2012/03/29 22:32 | URL |

名古屋からこんばんはw

初戦なんとか突破ですw次の相手去年の優勝校ですが…


凄いですね~いまだに佐賀壱岐型しか見たことないのですが結構上流だった気がします。
帰ってきたら県内でルリヨシがいると専ら噂の川に行きたいです!

| こぺんた | 2012/03/30 00:41 | URL |

某一級水系とは別水系でしょうか?
だとしたらカワヨシはけっこうレアかも。

| りゅうね | 2012/03/30 08:39 | URL | ≫ EDIT

アヤヨシさんどうもです。

私の書き方がおかしい様で、ここはほぼてっぺんです(多分)
カワムツやドンコもいて、トウヨシもいる不思議な感覚ですが
どこかで上手く繋がっているのかもしれません(謎)
このカワヨシは、兎に角鰭が赤く、体色も今の所赤茶色です。
経過を見てまた記事にしたいと思いますが、
いつかはもっと上に行こうと夢を見ています(笑

| kaze | 2012/03/30 19:24 | URL |

こぺんたさん、名古屋からコメントどうも~!
手ごわい相手に勝ってこそ達成感があると思いますよ。

いつも見る壱岐ー佐賀型は、結構低地の水路なので
こんなに上にいるのかと驚き、また先走りした見たいです(爆
それとルリヨシは超!羨ましい!!!!!確保して下さい。

| kaze | 2012/03/30 19:29 | URL |

りゅうねさん、ズバリ有難う御座います。
してやったりとピノキオになりかけていましたが、
眼が覚めました(爆

未だ見探索の地であれば、無理をしてでも藪こぎ突破します。
いつかは、有明海側のカワヨシを探してきます(去年失敗)

| kaze | 2012/03/30 19:34 | URL |

背鰭を立ててくれなくてヤキモキするお姿が想像できました(^_^)
各ヨシノボリ、なんだか既視感ばりばりなのですが、区別は難しいですねぇ。

| モック | 2012/03/30 22:03 | URL | ≫ EDIT

モックさん、まさにその通り・・。
携帯で撮影しているのと、だいぶ古い型なので
電池の消耗が早く、ある程度で諦めています。

案外、諦めた瞬間にシャッターチャンスが(爆

| kaze | 2012/03/31 20:02 | URL |

すいません。
早とちりでした。
でも流程距離の短い川ですよね?
やっぱり気になる川です!

| アヤヨシ | 2012/03/31 23:15 | URL |

アヤヨシさん、確かにこれが河川だとすると短いと思います。
恐らく、一級河川の支流に流入する水路かなと思いますが
自信がありません。
3面張りだったりする部分もありますが、
上はまだ望みがありそうです。

| kaze | 2012/04/01 21:00 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kawabito009.blog68.fc2.com/tb.php/247-e352c606

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT