川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

宝物

今回は、初突撃記事 ではありません・・・・・。

日淡好きの方なら、きっと一冊はお持ちではないかと思われる、

淡水魚関連の本のご紹介です。


かれこれ、12~13年前に、私が日淡に夢中になったきっかけとも言うべき
とある一冊の素晴らしい本です。

最近になって懸命に探した結果、息子のおもちゃ箱に眠っておりました(汗

それがこちらの「川と魚の博物誌」です。

120117_200142.jpg

著者は、私が勝手に尊敬させていただいている「渡辺昌和」先生です。

カワムツと言えば渡辺先生でしょう!!

日本産淡水魚との出逢いから、地方別に分けて紹介されている、
風景や、コメント等を交えた単なる、「図鑑」とは違った、
独特の雰囲気が非常に面白く、考えさせられる一冊です。

まさに「博物誌」だと思います。

懐かしい・・・

カワムツA型・B型・・・当時はそんな呼び方だったなぁ・・・。

これは大事な宝物!


ではまた。


本日も、ご訪問いただきまして有難う御座いました。

本日は、これにて・・・。


スポンサーサイト

| その他 | 20:38 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは
私も持っていますよ。
とても綺麗な写真が多い良い本ですよね。

| アヤヨシ | 2012/01/17 22:47 | URL |

おぉ~!アヤヨシさんもお持ちでしたか!
どの画像も素敵ですが、イシドジョウ、
ヤマノカミの写真には憧れました。

ああいう本が私もつくれたら・・(まず無理)

| kaze | 2012/01/18 20:37 | URL |

自分も、渡辺先生を勝手に尊敬させていただいてます。

その本は持っていないものの、図書館で借りてしっかり読み込みました!
エッセイと図鑑の中間のようなスタイル…最高です。

この間、自分のブログで紹介しましたが、渡辺先生作本の書物を一冊(魚の目から見た越辺川)、渡辺先生監修の書物を一冊(日本の淡水魚を訪ねて)持っています!

| TEGO | 2012/01/18 21:48 | URL |

良さげな本ですね!
市内の図書館に計4冊もあるみたいなんで
さっそく先ほど予約しました!
近所の市民図書館に届くのが楽しみです♪

| 龍 | 2012/01/18 23:07 | URL |

TEGOさんもご存知でしたか。
確か、この本を出された後に、
越辺川の本を準備中と書いてありましたね。
地元の河川だったと思いますので、面白いでしょうね。

佐賀にも「佐賀県の淡水魚」田島正敏先生監修という
必見の本があります。地元淡水魚の本がある事が素晴らしい!

R師匠、是非出版を!!(悲願)

| kaze | 2012/01/19 12:39 | URL |

龍さんどうも~。
この本が4冊もある図書館とは素晴らしい図書館ですね!
紙媒体の良さは思い出が鮮明に蘇るところですかねぇ。
同じ紙媒体でも最近は、生息地を晒している某、
つり雑誌が有名ですが、(地元もやられました)
ただ腹が立つだけですわ!

| kaze | 2012/01/19 12:53 | URL |

こんばんは!

今覚ば自分はほとんど日淡(及びその他の動植物)の本を持ち合わせてないです…

ネットでしらべたり最近は公開されてる日淡の論文(あんまり理解してない)を読みあさっているのでなにげに不自由はしてないですがやはりブログで紹介されるとほしくなります!!

| こぺんた | 2012/01/20 23:15 | URL |

こぺんたさんおはようございます。
論文を読みあさっているところが恐ろしい・・・
私も今はネット上で検索したりして知識を得ています。
最近は色々情報がありますから。

今日は久々に突撃してまいります。
思ったより寒かぁ~!!

| kaze | 2012/01/21 08:55 | URL |

kazeさん、はじめまして。
何気なくネットをみていたら見つけました。本のご紹介ありがとうございます。もうこの本も廃版になると思われ、一部の通販ぐらいでしか購入できませんが、もし、お役に立てたのならとてもうれしいです。

| かわむつ | 2012/06/30 10:48 | URL |

かわむつ先生初めまして。
まさかと思い、暫く鳥肌がたってしまいましたが、
渡辺昌和先生ご本人だと察し御礼申し上げます。

私なんぞがおこがましく記事にして申し訳ありません。
他にも色々持っている本の中でもこれが一番記憶に残り、
当時はわくわくしながら何回も見ていました。
今でもこの本を見ると、当時の事が鮮明に蘇り、
子供達と川や水路等で遊んでいたのを思い出します。

そして、初めましてと書きましたが、
実は、大昔に元職場にて一度お逢いしており、
身体が大きな先生だったのを覚えております。
最近も多方面でご活躍されておられる様ですので、
お体に気をつけて頑張って下さい!
微力ながら応援しています。

| kaze | 2012/06/30 19:02 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kawabito009.blog68.fc2.com/tb.php/233-d658bfbe

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。