川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2009.12.12 天然交雑個体「ヤリタナゴ×アブラボテ」メス個体

2009.12.12 某河川、釣りにて。

ヤリボテのメス個体と思われます。

091212_133849[1]yaribotemesu1

091212133849yaribotemesu2.jpg

交雑個体とした理由は、一枚目の画像個体の背鰭上縁に出ている赤い色が、
ヤリタナゴは、メス、オス共通でここまで後方まで色が出ない事。

それと、体色も実際はやや黒ずんでいて、
特に交雑を思わせたのは、鰓蓋後方の暗色斑。
ヤリタナゴのオスの大型個体にもややこれより薄いものが出る時があるが、
メスにはここまで顕著に出ない。

この暗色斑は、アブラボテの特徴でもある。
スポンサーサイト

| 天然交雑個体 | 19:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kawabito009.blog68.fc2.com/tb.php/214-0cab52f0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。