川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

侵入

今日は、車が使えなかったのでしかたなく近くの水路へ・・・。
最近は、釣りの時間がある時に限って雨や風がある日が多く感じます。
とりあえず、バラのオス狙いで竿出しします・・・やはりフナの
連続ヒットです。途中、強い引きがあったのでフナかと思いきや、
いまや、有名人のブルーギル様ですよ!以前からここの水路では
ちょくちょく釣れますが、法令に従って肥料になっていただきました。
090813_144638.jpg
この後、バラのオス、メス等がヒットしますが、ここではお初のイトモロコが2匹
釣れました。県内では珍しくも何ともないのですが、ここの水路は、
有明海に近い場所なので違和感が残ります。本当にイトモロコなのか
同定するために家に持ち帰る事に・・・。
090813_150259.jpg
と、ここで集合写真を撮影していると、小さなバラのオスの腹鰭の一部にまたもや・・・。
ここの水路のバラタナゴでは初めての「ハイブリッド」確認です。
ほんのわずかですが、肉眼でははっきりと確認できます。
この個体も持ち帰って息子のデジカメで撮影してみる事に。
〈ちなみに私は殆ど携帯のカメラで撮影しています。デジカメ欲しい・・〉
090813_172507.jpg
わかりますか?よく見ると、かすかに腹鰭の一部に白線があるのが。
これが現状ですよ!こんな小さな個体でも出てる場合もあるんです。
前回のハイブリッドより体高も低く、発見しずらかったのですが、
想像以上に「遺伝子汚染」は拡がっています。※写真②の方が分かりやすいです。

写真 ①
DSCF1095.jpg

写真 ②「又、ここのバラタナゴ群は背鰭先端に赤色の婚姻色は出ません」
DSCF1098.jpg
最後に、イトモロコと思われる個体ですが、只今同定中です。〈何か微妙なんです。〉
次回は久々に、ヤマノカミか、アリアケギバチにでも逢いに行こうかなぁ。
本日は、これにて・・・。
PS.PM:8:20分、同定の結果「スゴモロコ」だと思います。次回UPします。
スポンサーサイト

| 釣り | 19:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

ヤマノカミ・アリアケギバチですか。。
いいですね。
楽しみにしてます。
ちなみに、両方ともまだ見たことありません。。

| ドンコ男 | 2009/08/13 23:11 | URL |

No title

ヤノカミは結構、いかつい顔をしていますよ。餌を食べる時は無茶苦茶カッコイイです。今年も逢えるかなぁ。

| kaze | 2009/08/14 20:06 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kawabito009.blog68.fc2.com/tb.php/20-ee474b3e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。