川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

感動の結末「ヤマトヌマエビを追って」完結編

皆さん、どぉも~!←(ムム出だしから文字が大きい!!
苦節、1ヶ月(苦節とは言わん)とうとう強敵に逢えました 

それは、私にとってこの上ない感動的な出逢いでした・・・。

朝、雨がちらついていたので、探索は無理かと思っていましたが、
微妙に晴れ間が見えていたので、朝風呂で気合を入れて出発!

今日は、本屋で買った800円の道路地図を片手に車をかっ飛ばし、
いつものルートで第一ポイントへ・・・。

前回タモが折れ、無念の探索中止になった河川です。

しかし、いつもの駐車スペースが農家の人に占領されていたので
待っているのも時間の無駄と思い、他の河川を探します。

そして、気になったポイントはいつも素通りしている河川。

ここは以前、下流と思われる所に降りて、ドンコだけは
確認していた見た目パッとしない河川でした・・・。
そして、いっちょ!行ける所まで行ってみるか!と。

見た目、クロヨシ河川。しかし、水流もいい具合にあり、
ひょっとして、ルリがいるのでは・・・と。
(この時点では、ヤマトはいないと思っていました)


おまけ(いらんて

101211_113947.jpg


この状況ならヨシノボリ類がいると思い、
強風と、水の冷たさに負けるもんかと突撃です!

・・・・・。

早速入ったのは、クロヨシとモクズガ二?でした。
「やっぱクロヨシか・・・。」早くもトーンダウン気味に(笑

101211_120835.jpg


クロヨシと共に、ワッサワッサと○○○テナガエビが入ります。(爆

101211_121237.jpg


更に約、30分後・・・

テナガばかりが入り、意外と上までいるもんだなぁと思って、
完全にヤマトは諦めていた その時!出逢いは訪れました!!

・・・・・。

叫びたくなりました。超感動の、まさにメイクドラマ←おおげさ!

頭の片隅に「ヤマトヌマエビ」と言う文字がなければ
テナガと思い込んでいたかもしれません・・・。

101211_124354.jpg


更に、上を探索します。


だんだん自然の河川っぽくなっていきますが、
相変わらずテナガとクロヨシが入ります。

そして、更に上を目指しますが、雲行きが怪しくなり、
イノ豚の足跡?らしきものが頻繁に見え始め、
下流へ引き返しました。

そして、最初のポイントより下を探ってみると・・・。

なんと!オオヨシノボリではないですか!!
もうテンションがMAXになってしまいました!

実は、クロヨシと同様に、体色が赤かったので
最初はクロヨシだと思っていましたが、
後でバケツの中を上から覗くと、胸鰭にオオヨシ班風のものが。

(違ってたら申し訳ないです)

101211_143456.jpg


顔に微妙に赤い小斑点があったので悩みましたが、
尾鰭に、例の横縞状の線がないので多分・・・。

101211_143607.jpg


更に、3分後。

これはどう見てもオオヨシノボリでしょう!
陸封個体しか見た事がなかったので、
感激は尋常ではありませんでした。

101211_144009.jpg


9割は、クロヨシだと思いますが、
残りは、オオヨシと、もしかしたら、○リかも(夢の話)

101211_144810.jpg


5cmはあろうかと思う個体も数匹。

yamato2.jpg


最初は、赤っぽく見えていたのですが、
時間が経つにつれ、青くなっている様な・・・。

yamato3.jpg

最終的に確認できた個体数は、30匹前後だったと思います。
ただ、確認できたポイントはわずかに1ヶ所・・・。
しかもかなり狭い範囲の所だけ。
上に行けばもっと生息しているだろうと思いましたが・・・。
今になって考えると、その1ヶ所を見過ごしていたら、
ここはいない!と諦めていたのは間違いないと思います。

どこも個体数が少ないとりゅうねさんが仰られていた理由が
よく分かりました。

それにしても、今日は感動の一日でした。
こうしてなんとかヤマトに逢えたのも
私のケツに火を点けてくれた(ケツはいらん
りゅうねさんのおかげです。 

あの発言がなかったらこの出逢いはなかったのは
言うまでもありません。(貴重な出逢いを有難う御座います)


本日も、ご訪問いただきまして有難う御座いました。

本日は、これにて・・・。





























スポンサーサイト

| 淡水エビ | 20:03 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

おおっ!!

ついにヤマト捕獲成功ですか!!

ヤマトが極狭い場所に集中して採れるのはこの時期特有です。
夏になるとこれでもかというぐらいに網に入ります。(そりゃもう百匹単位で)

ちなみに今夜のおかずはトラップで採って来たツガニとウナギと手長でしたww

| Kopenta | 2010/12/11 21:33 | URL |

No title

おめでとうございます、やりましたね!!!
非常に貴重な記録です。

セキショウがはえている箇所は狙い目ですよね。

う~ん、私も久々に逢いたくなってきましたぁ~







| りゅうね | 2010/12/11 22:16 | URL | ≫ EDIT

No title

ヤマトヌマエビ捕獲、おめでとうございます。私も初採集時は興奮しました。なんか、お店で売っているエビがいるよ~ってな感じで。

でも私はオオヨシに目が行ってしまいました。そして次に思ったことは、この川ルリヨシいるかも?!です。個体数は少ないでしょうから、出会うのは運も必要になりそうですが、なんか採集できそうな気がします。もちろんただの感ですけど。
佐賀産ルリヨシも近いですよ!

| アヤヨシ | 2010/12/12 00:29 | URL |

No title

Kopentaさん、ついに出逢えました。

自分の持っていた生息地のイメージとは
ちょっと違ったのでびっくりでした!

食材の種類が豪華で、又、無料で確保とは羨ましい~

| kaze | 2010/12/12 08:29 | URL |

No title

りゅうねさん、いや、師匠!どうもです。(笑
意外と浅い部分にかたまっていたので不思議でした。

わずか、畳半畳位の部分だけでしたので、
見つけられたのがラッキーでしたね!
もし、そこを見過ごしていたらと思うとゾッとします。
今度は、ヒメヌマと、有明海川での出逢いを狙っています(笑

| kaze | 2010/12/12 08:34 | URL |

No title

アヤヨシさん、流石!目の付け所が違いますね(笑

今まで私がクロヨシと出逢った所は、水深がかなり浅く、
水が枯れている部分が多かったのですが、ここは・・・。

又、仰る様に、オオヨシが入ったおかげでまさに
ルリヨシがいるかもとかなり期待しています。
途中であまりの険しさと時間の都合で下ってしまいましたが、
いずれは最上流まで突破します必ず!それまでお待ちを。

| kaze | 2010/12/12 08:50 | URL |

No title

そうですね、私が見つけたポイントも生息範囲は非常に狭かったです。

次は下流のヒメですか。これも少ないですよ。有明海側はミナミとミゾレしか確認してません。

オオヨシはこの辺りの小河川でもちょこちょこいますよ。
でもルリは・・・なかなか・・・

ちなみにテナガはヒラテですね。

| りゅうね | 2010/12/12 09:55 | URL | ≫ EDIT

No title

ついにヤマト発進ですか!!
実写版?(CG多そう)の公開も始まったし良いタイミングです

ルリ発見もがんばってください

| CB御殿 | 2010/12/12 10:14 | URL |

No title

りゅうねさんこんばんは。
ヒラテは毎日食える分はいましたよ(爆
特に大きい個体が目立ちました。

記事にはしていませんが、直角の堰の下には、
スミウキもいて、更に下には他に何かいるかも・・。

ヒメは、実物を見た事がないのでミナミと
間違えてしまうかもしれませんが、トゲナシと生息域が
重なっているようなので、チャンスはあるかなと。

| kaze | 2010/12/12 18:50 | URL |

No title

CB御殿さんどぉもです。

確かにキムタクが最近やたらTV出演していますね!
ちなみに、職場でヤマトの黒糖パンを買いました(笑

ルリは、恐らく神がかり的な幸運がないと無理だと思いますが、
出逢えたら夜も○れないでしょうね・・・。

| kaze | 2010/12/12 18:55 | URL |

No title

ヤマトの拿捕、おめでとうございます。

ヤマトって関東のショップでは1匹30円程度で
売ってるのにボクにとっては何故か
採集できない種なんですよ・・・・。

汽水域でゾエアが育つってことを
考えると滋賀では不可能・・・。

堰のない河川、中流~上流域を探さなければ
って思ってましたが・・・・・。

とにかく、ヤマト奪取おめでとうございます(^。^)

| サワ | 2010/12/12 21:10 | URL | ≫ EDIT

No title

サワさん、幸運にも出逢う事ができました。
サワさんの考えを覆すようですが、ここの生息地は、
90度の直角の堰が何ヵ所もある所の上流域でした。
詳しくは書けませんが、ヤマトの遡上力と、上まで登れる
とある仕掛けがあったのです(謎

細かい説明が出来ず、夜も○れなかったらすいません・・(爆
                ↑↑

| kaze | 2010/12/12 21:46 | URL |

おはようございます

まけずにガサガサに行ってきました~!ステンレスの網に溶接を施しパワーアップもしました!汽水域は楽しいですね♪夏になればまた違う魚が出て今後の重点項目です。

| 水族館館長 | 2010/12/19 08:01 | URL |

No title

おっはようございます。先生ご無沙汰です。
テナガエビいいですね~。画像のコたちはヒラテテナガエビなんでしょうか?飼育してみたい種です。ですが最近はお魚達の水槽は管理のみで増やせなくなってしまいました。
実はこの秋に念願のホンゲンゴロウを採集することに成功しまして
今はそのゲンゴロウに夢中になっております。
来年春からは累代飼育チャレンジしようと計画中です。
がしかし、採集できたのはメスのみ。オスが必要なんです。
春にもう一度採集できた場所へ行ってみようと思っておりますが
本当に数が少なく丸一日頑張ってたったの2匹だけでしたから
望み薄です。
年末年始に帰郷するのですが今回はこちらの系統の探りを重点的に頑張ってみようと考えてます。
我が家のカゼもセボシも落ちることなく大きくなりましてまだ健在ですから例の場所に伺うのはしばらく先になりそうです。
そちらの方はまだたくさんゲンゴロウ類はいるのでしょうね。
うらやましいです。水生昆虫の楽園を見てみた~い!

今朝ゲンゴロウがうようよいる池で涙流しながら喜んでいる自分の夢みました(笑)
ほら!見てん! とその場所を兄貴に自慢してた僕でした。
似たような夢を・・・何回目かな?
もはや病気です(重症)

| JOHN | 2010/12/19 09:08 | URL |

No title

水族館館長どの、どうも~。

負けずに行ってこられましたか!!
汽水は中々面白いですよね。有明海付近の魚もいいですよ!
来年は、イカ掬いも久々に行ってみようと思っています。
カーバイトに集まってくるイカを掬うのは面白い!!

因みに、私も枠の部分を溶接したいと思っていた所です。
先を越されました(笑

| kaze | 2010/12/19 19:33 | URL |

No title

JOHNさんどうも~。
お元気でしたか!佐賀で私が採集したのは、
だいぶ前ですが、クロゲンと普通のゲンゴロウ(ナミ?ホン?)
と、ガムシがうじゃうじゃ・・・
そこには、どでかいドジョウもわんさかいましたが、今は・・・。

そう言えばちっこいゲンゴロウ類(多分)を良く見ます。
最近では黒いボディーに黄色い天道虫のような模様が何個か入った
7~8ミリ位の個体が見られました。結構小さいのは良く見かけます。

水生昆虫でしたら、CB御殿殿がお詳しいです・・・。
ブログも日淡~昆虫、水生昆虫etc.様々です。←オススメ
せっかくなので、来年から水生昆虫も視野に入れ、
何かいい事あったら報告しますね!

| kaze | 2010/12/19 19:44 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kawabito009.blog68.fc2.com/tb.php/170-5a82dcaa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。