川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新たな出会い「カワヨシノボリ」

どぉもです。今日は、カワヨシノボリとオオヨシノボリを追って、
県内、某河川の恐らく上流域に突撃してまいりました!

以前から気になっていたポイントですが、駐車スペースや、
降りる場所を探すため、今日まで時間がかかってしまいました。
でも今日は、コルセットぎゅうぎゅうにして 気合入ってます!  

気合入れたところで逢えるかどうか疑問ですが・・・。 


このポイントは、お城の石組みの様な所を
スパイダーマンの様な方法で降りなければ水面に到達出来ません。
とりあえず、バケツとタモ網を放り投げスパイダーマンになります。

ギリで降りれましたが、後にどうやって登るか考えていませんでした

礫や岩の上をヨロヨロしながら水中をガン見すると・・・?
見た事の無いような顔のヨッシーがポツポツいるではありませんか!
礫をひっくり返したりすると、素早く逃げて行きます・・。

オオヨシか!?いや、カワヨシじゃろ!

もしかして、いつものトウヨシ?でも胸鰭付根に偽黒色班は無かったぞ!

ヨシ!ウェダー装着して暴れるぞ~・・あれ?車に忘れてるやないの~

戻るのも一苦労なんで、結局裸足で突撃してしまいました(笑

101014_115516.jpg


大きな個体は採集出来ませんでしたが、なんとか確保出来ました。

これは、オス個体です。
臀鰭の付根と尾鰭下部が朱色に染まっていましたが、
第一背鰭は伸長しておりませんでした。(まだ小さいのかもしれません)

「分かりづらくて申し訳ありません」

kawayoshi・o


メス個体だと思います。
やっぱり、トウヨシノボリとは体の模様や、胸鰭付根の斑紋も違います。
背鰭や、尾鰭の模様もなんとなく複雑に感じます。

kawayoshi・m


大きなカマツカも入りましたが、例の、鎌の様な胸鰭で
ヨッシー達にダメージを与えかねないので、即、釈放しました(笑
その他、ムギツク、ドンコ、カワムツが入りました。

mizukamakiri.jpg


結構な数を採集しましたが、次の目標のオオヨシノボリは1匹も入らず、
同じ種の個体ばかりでした。

syugo1.jpg


そう言えば、カワヨシには、「壱岐-佐賀型・無班型・斑紋型」の
3種に分けられているようですが、この個体群は・・。

よし、思いきって今回も言ってみるか!  

カワヨシノボリ斑紋型だと思います(爆


地味な魚に見えますが、やっぱり好きです!

syugo2.jpg


ふと思いましたが、私はカワヨシと言っておりますが、
もし、トウヨシだったら・・・(←知らんぞオイ!

反省する点としては、この場所より更に上流域にオオヨシがいるのか?
はたまた、上流に行き過ぎてしまったのか・・・うぅ~む謎だ・・・

だいぶ時間も費やしましたが、折角なのでクロヨシノボリの生息地へ。

・・・・・。

水の色が変な色に変わっていました。

でも、水中の深みにメダカが束で泳いでいたので突撃・・・。

クロヨシのチビ達ばかりが入り、大きな個体と言えば、


綺麗に染まったゴクラクハゼ。

gokuraku・k1


かなり大きく綺麗でしたが、上手く撮れませんでした(泣

gokuraku・k2


お約束のスミウキゴリも、礫の下に2匹隠れていました。

sumiuki・k


オスの上に乗っかっているシマヨシのメス個体ですが、
実は、撮影間際まで、クロヨシだと思っていました。
顔をよく見ずに、体色の鱗の縁取りが赤かったのでつい・・・。

でも、尾柄がガッチリした所もクロヨシに似ている様な・・。

simayoshi・kp


体格の良いメス個体でしょうね。
こんな事なら、チビクロの画像を撮っておけばよかった・・。

simayoshi・sp


本当は、あと一ヶ所行くつもりでしたが、またすぐに休みがあるので。

帰宅する途中、2ヶ所程突撃出来そうなポイントを見つけましたが、
先程の河川からはだいぶ離れていますので、
オオヨシがいるかどうかは探ってみないと分かりません。

これは、持ち帰ったエビですが、右側は、

トゲナシヌマエビの様な 気がします(笑

ebi.jpg

今日は、曇り空で不安もありましたが、念願のカワヨシに逢えて

よかったぁ~

じわじわとビッグヨッシーに近づいている様な気配・・・

本日も、ご訪問いただきまして有難うございました。

本日は、これにて・・・。(どうかカワヨシでありますように





スポンサーサイト

| 水中突撃 | 21:07 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

ついにカワヨシさんに出会えましたね。
ちなみにここのは雄の第一背びれが伸長しない佐賀‐壱岐型とされています。
カワヨシの分布は面白く私も調べているのですが、無班型のカワヨシは県内ではごく限られた場所に生息しています。

オオヨシは比較的流れの速い瀬に多いですね。場所によってはオオヨシしかいません。ここのはダムで陸封もされているようです。
次こそは!ですね。

ヌマエビはトゲナシっぽいですね。

| りゅうね | 2010/10/15 00:14 | URL | ≫ EDIT

No title

りゅうねさん、ついに出逢えました!
あまり目立たない魚ではありますが、惹かれる所があります。
オスは何匹か採集しましたが、第一背鰭が伸長していない
個体ばかりだったので不思議に思っていましたが、
そういう事でしたか。また一つ勉強になりました。(感謝

オオヨシはもっと上流に行けば逢えそうですね。
出来れば今年中に逢いたいと思います。
(ちなみに赤いナマズ?も狙っています)←あまい・・

| kaze | 2010/10/15 19:18 | URL |

No title

こんばんは
メスは間違いなくカワヨシノボリですね。
オスに関しては、普段見慣れているカワヨシノボリとは違いますね。アレ・なんだろうこの子は?と思ってしまいました。でも感じ的にはカワヨシノボリなんでしょうね。
壱岐ー佐賀型とかでしたら納得です。何せ本物見たことないもんで、悩むはずです。
私も自分で採集したいです。

| アヤヨシ | 2010/10/15 21:28 | URL |

No title

こんばんは こぺんたです。

とりあえず自分はヨッシーの初心者なので胸鰭の線の数でトウヨシかカワヨシを判断してます…。

近くの川にはオオヨシがいるみたいですが(確かにカジカと一緒にでかいヨッシーがはいる)…わかりません…


…なんかはまりそうww

| Kopenta | 2010/10/15 21:41 | URL |

No title

アヤヨシさんこんばんは。
カワヨシと確信しながらもオス個体の顎の下や、臀鰭の付根が
朱色に染まっていたのでトウヨシ縞鰭型に似ている様な気もしました。
でも、一応、胸鰭の軟条数を数えたらトウヨシの範囲に収まり、
ほぼ間違いないだろうと・・・。

しかしながら毎度の事とは言え、斑紋型等とオオウソこいて(自爆
それにしても、沖縄の魚達凄すぎます・・・。

| kaze | 2010/10/15 22:15 | URL |

No title

Kopentaさんどぉも~!!

いやいやヨシノボリワールド面白いです!
釣りを怠って完全にハマッています(笑
地道に行動してようやく一つの到達点に辿り着きました!
カワヨシと言えど達成感があります。更に3タイプいるとか!

そちらの大卵型カジカと同所で捕れるヨッシーはオオヨシでしょうか?
かなり興味があります。

是非採集してハマッて下さい。そして比べっこしましょ!
(ちなみに今回のカワヨシの胸鰭軟条数は全て15本でした)

| kaze | 2010/10/15 22:27 | URL |

こんばんは

オオヨシ残念でしたね。けど近づいてるのはブログから伝わってきますよ。ぼくもみたことないので見てみたいです、がんばって下さい。
 数年前にまだ彼女だったよめさんに今後のことの考え、教育もかねてドライブに連れて行き結構山の手のきれいな河川でヨッシー採集(手にはハリスにのみの短めの仕掛けにプラケからの、言うならば水中覗きつりです)につれて行ったときに大きな大きなドでかい岩の下から真っ黒なハゼ系の魚が自身が握っていたハリス先のミミズにアタックでしてきたことを思い出します。一回きりでその後は姿をあらわさなかったのですが僕の中ではあれがビッグヨッシーだったんじゃないかと思っております。KAZEさんファイト!!

| john | 2010/10/15 23:19 | URL |

No title

採集地の水質、きれいですね。

最近釣りばかりでガサってません。
暑くてウェーダーを履く気が出なかったけど
気候もよくなってきましたね。

久しぶりにガサもしてみたいなぁ(^_^)

| サワ | 2010/10/16 04:47 | URL | ≫ EDIT

No title

こんにちは。
カワヨシはりゅうねさんの言われるとおり第一背鰭が伸長しないことが特徴の壱岐-佐賀型になりますね。
斑紋型は雄の第一背鰭が伸長し青色班があることが特徴で、福岡県・山口県・島根県西部に生息しています。
そして、第一背鰭が伸長し青色班がないタイプが無班型で広島県・岡山県・島根県東部などに生息しています。

カワヨシで採れるサイズは全長5cm以下のこがたの個体が多いですが、広島で無班型の全長8cm程の大型個体を採ったことがあります。

| コンペイトウ | 2010/10/16 06:09 | URL |

No title

johnさんどぉも~!!
掲示板へのゼゼラUP有難うございます。
ところで、山へ教育をかねて・・←興味深い(笑

ヨシノボリは釣る事もできると以前コメントを頂きましたが、
下手な私は釣る事が出来ませんでした。
最近は、タナゴもカネヒラ以外色物が見れないのが残念ですが、
川に突撃すればそれなりにいい出逢いが待っています。

是非、突撃を!!

| kaze | 2010/10/16 18:31 | URL |

No title

サワさんこんばんは!!

最近はタナゴ釣りをサボっております(笑
と言いますか、完全にヨシノボリ(ハゼ類)の虜になっています。
ハゼ科は種類が多く、知れば知るほどのめりこんでしまいます。
タナゴ釣りと違って、綺麗な河川が殆どですので
一味違った癒しの日が過ごせます
今が絶好の季節だと思いますのでサワさんもGO!

| kaze | 2010/10/16 18:41 | URL |

No title

コンペイトウ さんコメント有難うございます!

詳しすぎて無知な私にはかなり助かります。
大きなカワヨシも探したのですが、ポイントが悪いのか
なかなか見つかりませんでした。

斑紋型・無班型、名前を知った以上は絶対に逢うと言うのが
私の掟です(知るか!
まずは、県内のカワヨシをじっくり追って行きたいと思います。

| kaze | 2010/10/16 18:47 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kawabito009.blog68.fc2.com/tb.php/156-891a7635

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。