川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

やはり綺麗だった「クロヨシノボリ」

昨日は、あまりの疲労感で、帰宅して催眠術にかかったように
爆睡してしまい、深夜の更新になってしまいました。

さて、今回は、久しぶりにクロヨシノボリに逢いに行く事に。

最近買った、ウェダーではなく 畑仕事用 の防水パンツ。(爆

1200円だったでしょうか!流石に薄っぺらいゴムのパンツという感じで、
水中突撃しようものなら、よほどそぉ~っとワサワサしないと
すぐに破れます・・・。当然のように破れたので、塞ぎました。

ダイソーの 自転車パンク修理用 を代用して・・

そして、このタモ網も、次男坊に破壊されていたので、
娘が私の誕生日に、偽ケーキを作る際に使用していた
ホットボンド で、網の差込口を塞ぎセロテープぐるぐる巻きで
修理しました。完璧な仕上がりでした・・・ムフフ・・・

(採集途中で、穴だらけになりタモ網も破壊されました)←当然

100904_151509.jpg



さてさて本題です。
以前、山間部の海岸近くに生息するクロヨシノボリに
逢いに行きましたが、その中間地点での探索です。

このポイントは、以前1回だけタモで探索していたのですが、
水中には入らず、岩の上からタモで掬っただけの場所。
ですが、当日は、ほんの少し水深が深くなっており、
平均15cm~20cm。深くても30cm~40cm位。
水面には、20cm位のボラ類の群れと、異常な数のメダカが・・。

・・・前回は、メダカなどいなかったはず・・。

ムム、この状況は10年前のあの時の状況に酷似している!

もしや、あの魚がいるのでは・・・。

いざ、突撃!


下の方から採集開始です!

10分後・・・まさかの刺客!!(ナニガメ?
この後、8cm位のボラ類GETもバケツから飛び逃げる!

100904_120651.jpg


タガメです!(ウソ)これも異常な数が生息。
ホントにタガメが捕れるんじゃないかと思いました。

100904_121007.jpg


まさかのシマヨシノボリ。
捕れるならクロヨシだけだと思っていました。
(中々背鰭を立ててくれず諦めました)

100904_122637.jpg


これです!この下の海水域で10年前に出逢って以来、
もうこの近辺では逢えないと思っていましたが、
こんなに上まで登っていたとは・・・。

スミウキゴリだと思います(全く自信なし)

100904_122830.jpg


その②

100904_122957.jpg


その③

100904_123306.jpg


クロヨシノボリ。上まで行かないと捕れないと思っていました。
ツイテました!(更に上の方は大型がいると思います)

100904_123509.jpg


携帯でも、ペットボトルの上で撮ると、
綺麗に撮れる事が分かりました!

小型個体ではありますが、ヒレピンで撮れました。

100904_123608.jpg


ボケてしまいましたが、頬にこんなに赤い小斑点があったかなと?

100904_123812.jpg


このゴクラクハゼも綺麗でした!

100904_124527.jpg


尋常ではないくらい大きなメダカ。
エビは何エビか分かりません。

100904_124728.jpg


と、こんな感じでしたが、この他に、
アカハライモリ等も採集ししました。

水路幅、約1.5メートル、水流の幅、狭いところでは30cm、
泥底質の純淡水域でした。


帰りに、あと3箇所は行きたかったのですが、
腰痛と、脱水症状で溺死しそうになったので
無理をせず帰宅しました。

いやぁ、ホントに楽しい一日でした。
また機会があったら行こうと思います。

本日も、最後までお付き合い下さいまして有難うございました。


本日は、これにて・・・。







スポンサーサイト

| 水中突撃 | 00:43 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

こんばんは。
やっぱクロヨシは綺麗ですよね!
とくに尾びれの模様が好きです。
亀はクサガメですね。
スミウキはクロヨシと一緒に採れる定番種ですね。
エビちゃんはこの写真だと何とも言えないですが、あのあたりだとミゾレかトゲナシでしょう。

| りゅうね | 2010/09/05 19:15 | URL | ≫ EDIT

No title

黄色と赤と黒がアホみたいにでたクロヨシはキバラと同じくらい綺麗だと思います。

自分がしってる生息地のうち、一つが池の陸封型で河川個体より小さいイメージでした。

クサガメ、メダカ、タイコウチが居ることは上流に池があるかも……?

| Kopenta | 2010/09/05 20:04 | URL |

No title

りゅうねさんこんばんは。
クロヨシは、例の上流の大型個体を撮ろうと思ったのですが、
ここで力尽き果てました(爆

亀はクサガメでしたか!イシガメではなかろうかと
思ってしまいました。
スミウキはクロと一緒に採れる定番・・なるほど、確かに!

エビですが、頬の辺りがなんとなく透けていて
桜色をしていたような気がします。
ネットでトゲナシで検索したら、多分、そんな感じでした。
また勉強になりました!(感謝

| kaze | 2010/09/05 21:07 | URL |

No title

Kopentaさん、相変わらず15歳とは思えない知識で
びっくりしています!
更に、実際に採集、観察等されているようで、
あなたは一体何者ですか?v-319(笑

池の個体群は、陸封されてしまったと言う事でしょうか。
と言う事は、生態的差異、飼育要領なども違うのかな?

それと、上流に池があるかも・・・なるへそ←古い
考えもしなかった・・・恐るべし15歳・・・

| kaze | 2010/09/05 21:18 | URL |

No title

こんばんは
やっぱクロヨシは、南方系のオーラがあって良いですね。
そして九州北西部のクロヨシはかなり珍しいのでしょうね。
それにしてもクロヨシの環境下にメダカとは、こちらとは違って面白い組み合わせですね。

| アヤヨシ | 2010/09/05 23:26 | URL |

No title

相変わらず動いていますね
おとなしい底物が欲しい・・・

まだイシガメは見たことが無い
臭亀は甲羅に3列山があります

イモリの模様無しの赤腹はいますか?

| CB御殿 | 2010/09/06 09:16 | URL |

No title

アヤヨシさん、クロヨシは、こちらでは
あまりみかけないヨシノボリだと思います。
ヨシノボリ類は、全般的に好きなのですが、
例の琉球地方のシマヨシとクロヨシの魅力は
私の中では圧倒的な存在感があります。

| kaze | 2010/09/06 18:46 | URL |

No title

CB御殿 さん、動ける時に動かないと
いつポックリ逝くか・・・
と言うか、休みの前日になると頭の中は
魚がちらつきはじめます(笑

イシガメは、ゲンゴロウとガムシ等がいたため池に
いたそうです。(息子談)今回は臭い方の亀でした!
イモリの模様無しの赤腹・・・(謎!?
普通のアカハラはいましたが・・・。

| kaze | 2010/09/06 18:55 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kawabito009.blog68.fc2.com/tb.php/148-be8eac2b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。