川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「白線アリ」

先週の土曜日も暑かったですね~。
一日で、500MLのP・ボトル4本も・・。

さて、この日は腰の休養を考え、一日中釣りに徹してみようと?
そろそろ17万キロ突破のボロタナゴワゴンで某河川へ・・・。

筑後川をまたぐのは、昇開橋です。
船が通る時はアソコが上にあがります  ・・(他に言い方あるだろ

100828_092513.jpg


目的地到着。

川藻が殆ど刈られていました。川の流れを良くする為と言う
看板もあり、最近の出来事であろうと察します。
ですが、あまりにも水深が浅く、魚影も薄く感じました。
私の頭の中の予定では、婚姻色バリバリのカネヒラが、
群泳しているのを想像していましたが、バカデカイヌマムツが
数匹まとまって泳いでいるのと、護岸際にアブラボテ、ハス、
ゼゼラ、ヨシノボリ類、カワヒガイ、ムギツク、オヤニラミが
確認できただけでカネヒラは見当たりません・・。

とりあえず、お気に入りの「別誂研ぎたなご 」を使用します。


おたくも暑い中ご苦労さん!(スッポンが消えた後は、テナガが)

100828_095041.jpg


これは、狙って釣った個体です。
実は、軽く20センチ超えの巨体をバラシてしまい、
暫く、ヌマムツ独特の桃色の婚姻色が目に焼きついたままでした。

100828_113751.jpg


白銀色のヤリや、チビボテ、メスカネが爆釣の中、
なんとか色物を抑えました。
それにしても、カネヒラ自体が少なかったです。

※後日、地元情報筋より、レンタカーで全国を荒らしている
トリコが出没していたとの事。「わ・ナンバー」は要注意!
地元で出逢ったらムカツクのでどうしてやろうかなぁ。

100828_113948.jpg


勿論、アブラボテの繁殖期は終わっています。
メスも嫌になるほど釣れましたが、産卵管はナシでした。
カネヒラのメスには出ていましたよ!

100828_125954.jpg


スゴモロコ。この魚も15cm級を釣りたかった!

100828_130213.jpg


この個体は、かなり体高が低かったです。

自宅付近の水路でもたまに釣れますが、
体高がもう少し高い感じもします・・。

100828_130858.jpg


クロモ。左側の方が、葉が殆ど反り返らず尖った印象を受け、
右側の方は、クロモらしく反り返っており、
両方とも輪生する葉の枚数は平均6枚でした。(多くて7枚)

100828_131340.jpg


これは、イトモロコ。分かりやすい!

100828_151153.jpg



おっと、お題の「自宅前のバラタナゴ」はここからです!←遅いぞ!!

黄身練りも無くなりかけてきたので、そろそろ自宅に戻ります。

ですが、なぁ~んか 華がない!という事で、
ちょっと自宅前でバラを狙ってみました。

と言っても、いつもの場所ではなく更に50歩程歩いた所・・(ざけんなョ

みぃ~つけた

100828_170255.jpg


200歩程、後ろ歩きで自宅に戻り(たいがいにせぇ
綺麗な水で撮影してみました。

左上の1個体に、妙にモッコリ感があったので再度・・。

100828_173712.jpg


いわゆる、交雑個体。
右側の腹鰭の一部に白線アリ。これが現状でしょう。
ご存知、極めて近縁の亜種タイリクバラタナゴとの交雑により、
天然域の純系のニッポンバラタナゴは消滅間近。
変な血が混じると元には戻らない・・。悲しすぎます。
これは、タナゴ類に限った話ではないですので、
メダカ、ドジョウ類、植物類、昆虫、などなど・・・。
上げればきりがないですね。せめて、人為的なものによる
遺伝子汚染は避けなければ・・。〈例・聞こえの良いメダカ等の放流〉

100828_174546.jpg


結局、メスも20匹程釣れ、意外な穴場となってしまいました。

まったく私事ですが、27日で私は23歳になりました(コラッ
娘が珍しく手作りのケーキを作ってくれました!!

ちゃぁ~んと気づいとったんやぁ・・。


・・・・・。
・・・・・。

っておめぇさん!

ちっちゃすぎるやろぉ~

しかも作り物やし・・・そんなこったろうと。

さすが、私の娘でした・・・。

100827_193303.jpg


本日も、ご訪問いただきまして有難うございました。

本日は、これにて・・・。









スポンサーサイト

| 釣り | 17:18 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ムツ

ヌツの婚姻色って結構キレイなんですよね~。

もう少しおとなしければ飼育したいところです。

追星バリバリの固体を釣り上げた時には
一瞬、ムツ水槽作ろうか、悩みました(笑)

| サワ | 2010/08/31 21:54 | URL |

No title

kazeさま
アソコが上にあがるんですか・・・v-319
あ・・・お誕生日おめでとう御座いますv-425
アソコが・・・
ひょっとして同い年ぐらいかも・・・

うちにいるバラは尻ビレのふちがかなり黒いです
カゼトゲとはぜんぜんちがいますが。

| MS-06R改 | 2010/08/31 22:24 | URL |

自宅前でタナゴが釣れるなんて羨まし過ぎです
先週末も佐賀に行きましたがやはり車で1時間
くらいはかかってしまいますからねぇ
往復2時間を釣りにあてたらもっと色んな水路
を探索することが出来るんですが。

そういや先週末はオヤニラミを25年ぶりに
釣り上げました!
25年前に釣った福岡の川は河川改修のために
タナゴもオヤニラミも全滅してしまったような
ので久々にあの人相の悪いニラミの顔を見て
感動しました(笑)

| りゅう | 2010/09/01 12:33 | URL |

No title

サワさん、カワムツもそれなりにシンプル綺麗ですが、
ヌマムツのあの桃色は日本の誇る美魚ですね!

最初から、ハエスレで狙っていれば釣れたかも。
でも、細かいアタリが頻繁に楽しめる
たなご針を使ってしまうんですよね。

| kaze | 2010/09/01 19:26 | URL |

No title

MS-06R改さん、アソコはアソコですからね。
お間違えのないように・・(爆

それと、私は23歳ですので同い年ではないですよ(爆死

臀鰭の縁がかなり黒い・・・(バラボテ?)
バラの婚姻色はやはりNo.1ですね!

| kaze | 2010/09/01 19:42 | URL |

No title

りゅう さんどぉも~!!

佐賀では、家の傍でタナゴやオイカワなんかが
釣れてしまう幸せな方々が結構多いと思います。
ただ、そんな環境の方に限って興味がないような
気もします。(もったいない)

佐賀でニラミ釣りましたか!!一度でいいから、
ニラミと、ヨシノボリを釣ってみたいです。

| kaze | 2010/09/01 19:49 | URL |

No title

誕生日おめでとうございます!

ちなみに15歳です

沼ムツの思い出といえば小5のとき四万十川に旅行(ほぼ移動時間、田舎過ぎ)に行ったときアホみたいにデカイムツ系の魚を釣ったことがあります。(アユ釣りの転がしでww)

筑後川も久留米出身の元川漁師の話では記録以上の鯉が上がっているらしいです。

| Kopenta | 2010/09/01 22:37 | URL |

No title

Kopenta さん、どぉも~!!

15歳・・・。ギクッ、!私の人生のおおよそ、3分の1・・・。
まだまだ何でもできますね~いいなぁ・・。
記録以上のコイ、迫力あってズッシリ重いでしょうね。
ちょっと前に釣りの最中、大型のコイの背中に針が・・・。
ウキが付いたまま持ってかれそうになりました(笑

| kaze | 2010/09/02 00:29 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kawabito009.blog68.fc2.com/tb.php/147-dddaefcf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。