川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

続・自宅前と「タナゴ針の比較」

今日は、朝からタナゴ針2種の実践テストをしてみました。
と言っても、素人の釣りですので、あてにはなりませんよ(オイ

昨日ようやく届いたタナゴ針。
どちらもカエシがついているので、バラシが減る分、
外し難く、釣れた魚を丁寧に扱わなければいけません(しっとるわい

私みたいな素人が、手研ぎなんぞしたら、
何本の針が無駄になるか分かったもんじゃないので、
既製品を常に使うのみでございます。

今までは、「極タナゴ」しか使った事がありませんが、
釣具のすがもさんには、色んなタナゴ針があったので、
試しに、ちょっと安めで極タナゴより針が2本多い
まるふじさんのたなご針も購入してみました。

100812_103041.jpg


まずは、極タナゴから使用です。
エサはいつもの黄身練りで、小学生仕様の玉ウキで挑戦です(爆

釣れた順番で言うと、フナ、フナ、カネヒラ、オイカワ、
オイカワ、カネヒラのみの、合計約、30匹。
なかなか小型が釣れません。

続いて、まるふじ「研ぎたなご」で勝負!

久しぶりに小型のイトモロコ、ここでは珍しいアブラボテチビ、
小型~中型のカネヒラ、チビヤリタナゴ・・・。
バラもカゼも釣れませんでしたが、どうもまるふじさんの方に
軍配が上がったように思いますが・・・(たまたまか

100812_122439.jpg


お昼過ぎには一度自宅に帰り、夕方から例の自宅前で初釣りです!
相変わらずカダヤシがピチャピチャ水面を泳いでいます。
早速、オオカナダモの切れ目に糸を垂らします。

なんと、いや、やはりカワバタが1匹目から上がってきました!
2匹連続でメスのカワバタが上がり、期待しましたが、
それからは明らかに、ゲンゴロウブナ系のフナと、
モツゴのオンパレード・・・。

どうせ歩いて30秒の自宅前なので、
しばらく粘ってみました。

そして水面の玉ウキに見入っていると、
大きなカムルチーがゆっくりとヌボーッと現れ、
玉ウキを飲み込んですぐに吐き出していきます!
ひやひやしながら再び水面を見ていると、
今度は、ゴンズイ玉ならぬ子ムルチー玉がカナダモの下から
おおよそ、100匹位の塊で浮き上げっては再び水中へ
消え去っていきます。

おぞましい


丁度、リング状に波立っている所がそうです。

100812_163558.jpg


なんとか、雷魚玉の中に針を落として釣ろうと試みますが、
カダヤシの群れが邪魔で思うように行きません。
諦めかけようとした時に大型のコイが来て、カダヤシが散り、
再び雷魚玉が下から現れたので、すかさず針を落とすと・・・

バーカ釣れやがりました、しかも黄身練りで 


自宅で。
カムルチーって、こんな色でした?

100812_180133.jpg


子ムルチーを釣った後、ちゃんとこれも釣れましたよ!!
メスが7匹と、オスが1匹。
前回の撮影ケースと違って厚めのものを使ったからか、
思うようにピントがあいませんでした。

100812_180427.jpg


下側がメスなので、こうすると婚姻色がどれだけ出ているか
よ~くわかりますね!

100812_181113.jpg


で、これが同所に生息するエビ類ですが、
2個体共、抱卵個体です。
うぅ~ん、別種ですね!どう見ても。
茶色い個体は、ミナミヌマエビ風に見えるのですが、
透明っぽい個体は、ヌマエビ?ヌカエビ?

私はこういうちょっとした違いを見つけるのが相当好きです(笑

100812_181740.jpg


結果、自宅前30秒でカワバタ水路では、←やかましい
モツゴ、約20匹、ゲンゴロウブナ風の体高がかなり高いフナ類3匹、
カダヤシ1匹、カムルチー2匹、カワバタ8匹の結果でした。
バラタナゴが釣れるまで頑張ろうと思いましたが、
娘に見られるとまずいのでここでおしまいです(笑

尚、これまたここでは、まるふじさんの「研ぎたなご」のみの使用でした!

恐るべし、研ぎたなごカダヤシ、子ムルチーまで釣れるとは・・・

ちなみに近くでは、宮崎ナンバー、大阪ナンバーのワゴンで
カムルチー釣りと思われる若者が5名ほど釣っておりました。


遠征に向けていいウォーミングアップが出来たと今日も満足!

本日も、最後まで閲覧下さいまして有難うございました。

本日は、これにて・・・。









スポンサーサイト

| 釣り | 20:20 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

カワバタいい色ですね~。
最近全然確認してませが、うちのスイレン鉢の個体も婚姻色出てるかな?

透明なのはミゾレかな。佐賀平野ではミナミとミゾレが普通ですが、透明っぽいのは大概ミゾレだと思います。また抱卵個体だと卵の大きさが全然違いますよ。透明なほうはオスっぽいのでおなかについてるのは卵じゃないかも。よくわかりませんが、藻類のようなものがついており抱卵しているように見えることがあります。

| りゅうね | 2010/08/13 12:28 | URL | ≫ EDIT

No title

りゅうね さんどぉもです!
今年フィールドで逢った個体の中では、
ダントツのキンピカでした!ただ、
地元でも、このような環境が明らかに減少していて、
寂しいものがあります。

りゅうね さんも魚の飼育されているんですね?
かなり興味がありますが・・・。

透明のエビ類はミゾレでしたか!まさかの展開です!!
結構綺麗ですが、ヤマノカミに献上しています(爆
エビ類、今度はルーペで撮ってみます!

| kaze | 2010/08/13 20:15 | URL |

No title

数年前までは大量の水槽がありましたが、最近はずいぶん減らしてます。
九州のタナゴ類6種、カワバタ、アリアケギバチ、ヤマトシマ、イシドジョウ、イドミミズハゼ、クロホシマンジュウダイ、へダイ、イダテンギンポ、ヤマトヌマエビ、ヒメヌマエビ、トゲナシヌマエビなどを飼育中です。

| りゅうね | 2010/08/13 21:34 | URL | ≫ EDIT

No title

りゅうねさん、水槽を減らしても想像では、6、7本はあるんでは?

>九州のタナゴ類6種・・・
純九州群のカゼトゲ、ヤリ、バラ、カネヒラ、ボテ、セボシですか!?
それと、イシドジョウは過去に採集に失敗しましたが、
一度実物を見てみたいですね。

潮水系の名前を見たら、近い内に必ず行こうと決めました(笑
とりあえず、カワアナゴの幼魚を見てみたいです。

| kaze | 2010/08/13 21:48 | URL |

No title

ご無沙汰です。
最近なかなか時間がとれず、出かけられないしPCもチェックできないしでした。久しぶりに覗いてみるとな、な、な、なんですかあの黄金色のきれいなお魚はv-10
 あんなにもきれいなんですね~。婚姻色のでたバタちゃんて!いいな~ 僕もほちいv-10
七月末にタガメ探索に出かけましたが去年に続き今年もガサでの採集はだめでした。
今月中に初めての夜間灯下採集でリベンジをと考えてまーす。

| john | 2010/08/14 09:40 | URL |

No title

johnさんおひさでぇ~す!
先程遠征から帰ってきました!

カワバタかなりきてますよ~!!
タナゴ類も綺麗ですが、こっちも負けてないですよ。

タガメ、佐賀では幻の水棲昆虫となっており、
天然物は見た事がありません・・。
カワバタ逢いたいでしょ!!我が家の自宅前まで遠征しますか?
なんてね(爆



| kaze | 2010/08/14 19:35 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kawabito009.blog68.fc2.com/tb.php/141-c3c8b6fd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。