川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

樫原湿原のトンボとハゼ釣り

本日、予想外の天気。
朝早くから、湿原にトンボ目当てで出かけてみました。

尚、本日はアシスタントカメラマンとして、
誰かさんがどうしても同行したいと仰るので、
デジカメをお持ちということもあり、命の保障はありませんが(爆
一人より二人ということで山道をかっ飛ばして行ってきました。


100701_103936.jpg

私のお目当ては「サギソウ」でしたが、あいにくまだ早いのか、
今回も見ることはありませんでした。
ただ、湿原には、数々のカラフルなトンボが飛び回っており、
これはいい写真がとれると思い、パシャパシャと撮ってみました。


勿論、名前は殆ど知りません。

携帯にしては、うまく撮れたかな。

100701_104416.jpg


涼しげな水色のトンボ。

100701_111236.jpg


ここから下のファイル名「DSCN.jpg」は、同行の方が撮影。

DSCN0049.jpg


この黄色いトンボですが、実物は、まだまだ綺麗なまっ黄色でした。
又、とにかくじっとしていてくれないんです、このトンボだけ・・・


これは、交尾前の行動でしょうか?

DSCN0074.jpg


ただ、さすがにラブラブな最中はこの通り・・。
しかも、ハート型に・・凄い光景!
誰かさんは、釘付けになって撮っておられました(爆

お楽しみのところをすいません。

DSCN0061.jpg


ハッチョウトンボだと思います。
かなり小型で2センチ位だったと思います。

DSCN0063.jpg


これは、私が撮影したのですが、なんだろう?
水生昆虫である事は間違いないのですが・・・。

DSCN0083.jpg


今回は、トンボメインで撮ってみましたが、
狭い湿原の中に、いろんな種類のトンボが見られ、
ちょっとビックリしてしまいました。
トンボ好きの方にはオススメですね!

さてさて、まだ時間があるのでちょっと帰り道に
例の汽水域で釣りでもして帰ろうと寄り道する事に・・。


今日は、かなり浅くなっています。引き潮の時間帯でしょう。
前回と違ってクサフグの姿はなく、ボラかなんかの幼魚が
見られます。

ここでは、同席の方も釣りをしたいと仰るので、
二人して釣りを開始しました。

結果がこれです。

同行の方が釣った魚。デジカメ撮影。

DSCN0039.jpg


やっぱ、携帯で撮るのとは、ちと違うなぁ・・。

DSCN0045.jpg


ここから私です。「携帯で撮影」

アシシロハゼ。

100701_145836.jpg


アシシロハゼと言いたい所ですが、
マハゼだと思います(言っちゃった)

100701_163706.jpg


珍しく今回は、アベハゼも釣れました。

100701_164221.jpg


ゴクラクハゼ、大・中・小

100701_164610.jpg


うぅ~ん、難問だぁ。
眼球の上部が赤い色が特徴のボラ類。
メナダか?

100701_164803.jpg


成熟したオスの第一背鰭の一部が、
糸状に伸長したアシシロハゼのオス個体。
又、アシシロ特有の、体側に白い横縞のライン。

100701_165336.jpg

と、今日はこんな感じの一日でしたが、
そろそろタナゴを釣りたいなぁと・・・。

何を釣るか?バラか!カワバタか!
ヨシノボリも釣ってみたいなぁ~。

本日も、最後までお付き合い頂き有難うございました。

本日は、これにて・・・。

スポンサーサイト

| 樫原湿原 | 00:45 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

トンボも奥が深い・・・
水色のイトトンボでも見た目はほとんど同じでもプロが見ると違うらしいです
トンボの下の水棲昆虫はバックスイマーでしょう
背泳ぎの名手マツモムシだと思います

汽水はやはりハゼが多いですね
水辺に行きたい禁断症状が出そう・・・

| CB御殿 | 2010/07/02 09:53 | URL |

No title

上からオオシオカラトンボ、モノサシトンボ、?、キイトトンボ、ハッチョウトンボ、マツモムシかなぁ?
アシシロの次はマハゼでいいと思いますよ。ボラ系は・・・セスジボラ?

| りゅうね | 2010/07/02 13:31 | URL | ≫ EDIT

No title

CB御殿 さん、バックスイマーでしたか!
言われてみれば、撮影中は人の顔を見ている様で、
吹き出しそうになりました(笑

最近は、当日にならないと釣りが出来るか出来ないか
微妙な天気が続き、釣り人にはつらい時期ですね。
極タナゴがないせいか、ついつい汽水に行ってしまいます。
後に、必ずご一緒しましょう!!

| kaze | 2010/07/02 19:58 | URL |

No title

りゅうねさん、度々の同定有難うございます。
黄色いトンボはキイトトンボでしたか!
飛行中も妙な飛び方で中々面白いトンボでした。

マハゼ、合っていましたか!大きな個体は小学生の頃、
よく釣っては食べておりました。
大方、りゅうねさんにはここの場所がバレていると察しますが、
行く度に違う魚が釣れるので癖になってしまっています(笑
又、ボラ類は結構複雑そうで私にはみな同じに見えてしまいます。

| kaze | 2010/07/02 20:07 | URL |

No title

おはようございますKAZEさん。久しぶりにメールさせていただきました。ヤマノカミって結構動くんですねv-11
水槽内でもじっとしているのしか見たことないのであの動きはとても新鮮でした、驚きです。
また画像の水棲昆虫はマツモムシさんですね。手でつかむと刺してきますので要注意ですよ!
 マムシ注意の看板は水棲昆虫採集なんかに行くとよく目にしますが僕はいまだに生きてるマムシを拝んだことがありません(車にひかれてるしかないです)。ま、出会わない方がいいんでしょうが見てみたいってのがあるんですよね~。

| JOHN | 2010/07/03 08:03 | URL |

No title

JOHNさんおはようございます!

マツモムシの顔、なかなかいい顔でした!
触ると刺すのはしりませんでしたよ・・。
よかったぁ~触らなくて・・

ヤマノカミは普段はじっとしていますが、
餌を落とすと活発に動き、えら呼吸も速くなります。
水槽の上蓋に激突するくらいジャンプもしますよ!

蝮は、山間部のコンクリートの壁面によくある
エンビのパイプの中に入っていたりして、
知らずに手を置いたりすると筒の中にいる蝮とにらめっこです(爆

| kaze | 2010/07/03 10:06 | URL |

No title

樫原湿原、いいですね~
行ってみたいけど峠を越えなくては…
富士まではなんとかなるけど七山は…ちょっと…

汽水ハゼですか、実はタビラクチを採ってみたいなんか
思ってますww

| Kopenta | 2010/07/03 11:55 | URL |

No title

Kopenta さんどぉも~!

湿原はいいですよ~。
なにより、空気もいいし平地では見れないものが沢山。

湿原までの交通手段を考えると、湿原までは厳しいですね。
タビラクチ、久々に聞く名前ですが、地元の干潟で、
トサカギンポや、トビハゼ等と一緒に採集した事がありますが、
Kopenta さんは、なかなかいいセンスをしていますねぇ~

| kaze | 2010/07/03 17:07 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kawabito009.blog68.fc2.com/tb.php/130-6ed7d7b6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。