川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カゼトゲタナゴの宝庫「がばい」水路へ・・・

今日は、風が強いものの、釣りをメインに行おうと思いましたが、
釣りの後、気になる事があり、久々にガサ入れも行いました。
まず釣れたのはヌマムツですが、ポツポツと色んな魚達が
上がり始めます。まずはこれ、カワバタモロコです。
自然下ではスマートな体型ですが、飼育環境内では、
何でも良く捕食するのでメタボチックになります。
最高潮時の婚姻色は緑がかった金色の体色になります。

kawabataDSCF0854.jpg

次にHITしたのは、カゼトゲです。何匹か釣れた中の一匹です。
釣り上げた時は頬がピンク色に綺麗に染まっていましたが、
薄れてしまいました。

kazeDSCF0821.jpg

ヌマムツの猛アタックにあいながらも綺麗な
バラタナゴのオスが釣れてきます。実はここの水路の
バラタナゴは、「ニッポンバラタナゴ」の純血種ではと
自分では思っています。最近、アイソザイム等の遺伝的分析を
した訳ではないので絶対とは言い切れませんが、本流の河川の
個体群は(以前、同分析にて純血種と同定されています。)
また、大きな個体もいまだ採集した事もなく、全長、2.5cm弱の
個体でもバリバリの婚姻色を出しています。

baraDSCF0827.jpg

2 DSCF0824

あとは、カネヒラや、イトモロ等釣れた所でガサ入れを
行う事にしました。

gasaDSCF0829.jpg

一発めです・・・。

sadeDSCF0830.jpg

sade2DSCF0831.jpg

ちょっと分かりにくいので分けてみました。カネヒラオスです。

kaneDSCF0837.jpg

カムルチー幼魚です。3匹位入ってました。

kamuDSCF0851.jpg

ヤリタナゴオス&ドンコ幼魚です。

yaridonkoDSCF0853.jpg

イシガイと?貝・・・。

kaidonkoDSCF0848.jpg

小さなバラオス。そして、一番多かったのがこのツチフキと、

barakaiDSCF0847.jpg

tutiDSCF0840.jpg

小さいほど似ているゼゼラです。ゼゼラは年魚と言われてますが、
私の飼育経験では成魚時より、3年半は生きていました。

zezeDSCF0843.jpg

30分位ガサ入れをしましたが、このツチフキとゼゼラが一番
多く入りました。(あと、ミナミヌマエビもね!)
息子のオヤニラミのエサとしてエビちゃんたちをいただき、
あとは全部リリースです。余談ですが、ここのゼゼラ、
夜の水槽内では胸鰭や腹鰭が蛍光色に光るんです。
今は飼育してないんで画像はないんですけど・・・。
今日もざっと13種類もの淡水魚達に出会え幸せ一杯の
一日でした。「がばい水路」よ永遠に、本日はこれにて・・・。







スポンサーサイト

| 水中突撃 | 23:18 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

はじめまして、ドンコ男といいます。
ブログよく拝見させてもらってます。

私は山口なのでお隣の県ですかね。
平べったい魚がよく獲れてうらやましいかぎりです。

是非リンクに入れたいのですが、よろしいでしょうか?
もしよろしければ私のブログも見に来てください。

| ドンコ男 | 2009/07/16 22:30 | URL |

No title

>ドンコ男さん
初めまして。kazeです。コメントありがとうございます。私は、ド田舎の佐賀県に住んでいますが、田舎だけあって色んな淡水魚達と出会えます。それだけで普段のストレスがぶっ飛びます。こんなブログでよければ是非、リンクして下さい。これからもヨロシクお願いします。kaze

| | 2009/07/17 21:50 | URL |

がばい水路

がばい水路行きたいですね。すごすぎます。ところで「がばい」とはどういう意味ですか。

| shige32 | 2010/09/26 11:44 | URL | ≫ EDIT

No title

shige32さん、がばい水路凄いですよ!
似た様な水路は探せばまだあるでしょう。

がばいとは、
とても、めっちゃ、と言う感じで、実際の使い方は、
私は間違っている事になります。
要は、「がばい凄い水路」が正しい使い方で、
めっちゃ凄い水路となる訳です。

島田洋七さんが「佐賀のがばいばあちゃん」と
いう本を出されましたが、正確には「佐賀のとても・・・」となり
誤った使い方になっているのが本当の所です。ハイ!

佐賀に来られた時はこっそりご案内致します(バレタ

| kaze | 2010/09/26 22:21 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kawabito009.blog68.fc2.com/tb.php/12-4544a912

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。