川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

満月の夜 「神」降臨・・感動の再会 ヤマノカミ

某所、某河川・・・。

再会は感動的な形で訪れました。

どれだけこの日を待っただろう・・・。

昨年の暮れに約、10年ぶりに逢いに行き、

キセキ的に出会ったものの、撮影時に消え去られ、

体の特徴の朱色の鰓蓋と、黒い斑紋が目に焼きついたまま、

今日まで、今か今かと恋焦がれていました。

再会するには少しばかり早すぎるかもしれないという

不安がありましたが、時期が早いと思いながらも

それ以上に「神」に逢いたいと言う気持ちが上回り、

思いが通じたのか、奇跡的に出会う事ができたのです。


あぁ~、ヤマノカミ・・・。



さてさて今日は、CB御殿さんとシモベ1号「旧名×○氏」(爆)と私、
計3名での採集です!
採集用具を持って不安と期待で胸躍る中、水中に視線を集中させます。
まずは、お約束の「ヌマチチブ」と、「ウロハゼ」が礫底に散らばっています。
すぐに逃げようとはしませんので水中撮影なんかも余裕で出来るかと思います。
時折、このウロハゼをカミと間違えてしまいそうになりましたが、
カミは、あたまデッカチなので慣れれば区別は速くなります。

突撃してどれ位たったでしょうか、特攻隊長のシモベ1号が
獲ったどぉ~と深夜にもかかわらず吠えています。
近寄って見てみると数匹の「カジカ」でした。
うぅ~ん、やはりちと早かったのか?と思いながらも捜索続行!

そして、私は上流の方へ移動し、ウロハゼ・ゴクラクハゼの群れを
ガン見していた時、角ばったイカツイ顔が・・1匹ぽつんと・・・
ぉお~神よ!まさしくヤマノカミ!
今日のこの日をどれだけ待ち望んだ事か・・・!

再会に感動しながらも、前回の失敗を繰り返してはならない、
水中撮影は我慢して、捕獲に集中し見事成功!!
下流の方で探索中の彼らに誇らしげに仁王立ちしていたのですが、
なんと、CBさんもカミをGET!
しかぁ~も、「ミミズハゼ」までもGET!
なんちゅうお方や・・・。

イドミミズハゼは私も発見したのですが、
獲り逃がしてしまいました。

さぁ、愛しき神の姿をご覧くださいませ。


デジイチ2連写「撮影・シモベ1号」

800×600 280KB


既に、エビ喰っておられます!

image_06.jpg


携帯で撮影。

100516_020846.jpg


上部から①

100516_020440.jpg


上部から②

100516_020511.jpg


カジカ回遊型かな。
沢山群れていました。


100516_020549.jpg




image_14.jpg


ヌマチチブ。
プラナリアみたい。

100516_020615.jpg


この他私は、ゴクラクハゼ、ウロハゼ等を採集確認しました。
又、スミウキゴリ、ヨシノボリ類等もいるはずなのですが、
今回は、出会えませんでした・・・残念!

そう言えばシモベ1号は、「私はヌマチチブが大好きなので
こればっかり狙ってるんです」と申しておりましたが、
本当でしょうか?新規購入したデジイチを持参し、
必死に泳ぎながらも採集に頑張っていたのに・・。
じゃぁ、思う存分ヌマチチブを激写してくれ!

今回の採集にて、予想では恐らく、
カジカと同じ位のサイズであろうと推測していたのですが、
カジカの倍近くある個体ばかりで予想外の結果となりました。
ただ、例の諫早湾の「ギロチン」によるヤマノカミの
遡上する個体数が激減しているのはまぎれもない事実です。
これ以上、個体数が減らない事を心から願っています。

本日同行のCB御殿さん、シモベ1号君、遅くまでお疲れさんでした。
シモベ1号君は、海パンいっちょうで泣きながらヌマチを激写していたけど、
よほど嬉しかったんでしょう!今度こそデジイチ借してね!
水中撮影してあげるから・・。

本日も、最後まで長々とお付き合い下さいまして
ありがとうございました。

本日は、これにて・・・。

スポンサーサイト

| 水中突撃 | 21:50 | comments:21 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

あらら~

とうとう再会しに行ったんですか。 川の中で大騒ぎしている姿が目に浮かび………思わず笑っちゃいました 新たな釣友もできて、川人生活満喫してますね。 いいな~ヤマノカミ。実物はもっとかわいらしいんだろうな~。

| ちびオプティ | 2010/05/16 22:46 | URL |

あそこはよく通るルートでした
まさかそんな所で採れるとは驚きでした
本なんかを見ると生息地上流となっているので渓流ガサしか採れないと思っていました

しばらく汽水にはまりそうです

| CB御殿 | 2010/05/16 23:02 | URL |

こんばんは。
ヤマノカミって名前がすごいですね。
私は初めて見ました。
日本では九州にしかいないんですね。
ところで私はヌマチチブを現在飼育しています。
人によく慣れてかなりカワイイです。

| ぷら | 2010/05/16 23:48 | URL | ≫ EDIT

kazeさま
おはよう御座います
再会おめでとうございますv-315
いい個体ですな~かっこいいです
しかし深夜って・・夜中に突撃しているのですか?
私は20年ぶりにタイリクバラをGETしました
あまりのかわいさにもって帰りたかってけれど
飼育準備していないのであきらめました
その代わり子供がGETしたミドリガメお持帰り~

| MS-06改 | 2010/05/17 08:15 | URL |

ヤマノカミ

一度、アクアショップで見ただけです。

やはり諫早の干拓、影響出ているんですね。
淡水魚って市場価値がほとんどない
(観賞魚ルートを除いて)から
保護って絶滅近くならないと
起こらないのが問題ですよね。

| サワ | 2010/05/17 18:52 | URL |

ちびオプティさんコメントありがとうございます。

実物は、可愛くもあり、かっちょよくもあります!
久しぶりに恋人に逢った様な気分です。(笑

| kaze | 2010/05/17 19:49 | URL |

CB御殿さんお疲れでした~!

採集できて良かったですねぇ~。
この時期にあの個体の大きさは珍しいと思います。
他の魚が目立つ中、CBさんの執念が実ったのでは。

今度は、大きく逞しくなられた神に逢いに行きましょう!

| kaze | 2010/05/17 20:00 | URL |

ぷら さんコメントありがとうございます!

名前だけでも好奇心をそそる魚ですが、
実物も特に成体は、神秘的な雰囲気を持っています。

ヌマチチブ愛嬌があり可愛いですね!給餌の時に
ホバーリングで寄って来る所がめっちゃ可愛いです!

| kaze | 2010/05/17 20:02 | URL |

MS-06改さんどぉも~!

再会、感動しました。もう諦めていた頃で、
帰ろうかと思っていた時に、奇跡的に逢えたのです。
基本、夜行性なので夜の方が逢う確率が高いです。
タイバラ綺麗ですもんね!ミドリガメもこちらでは
最近よく護岸際で日向ぼっこしてます。

| kaze | 2010/05/17 20:08 | URL |

サワさんどぉも~!

アクアショップの個体が国産であるか疑問ですが、
中国においても貴重な魚になりつつあるようです。

諫早の閉め切りの光景は実際現地で見ましたが、
あれほど残酷で胸を痛めるシーンはありませんでした。
魚以外にも貝類や、海苔の養殖にも影響があり、
開けたり閉めたり、人間の都合の良い様に
操作され、あきれるばかりです。

| kaze | 2010/05/17 20:18 | URL |

こんばんは。
再開できてよかったですね。
この時期は投網でも結構とれますよ。
回遊カジカも遡上してきてましたかぁ、佐賀ではこちらのほうが貴重かも。
そして「イドミミズ」なる発言…う~む。。。

| りゅうね | 2010/05/18 00:38 | URL | ≫ EDIT

りゅうねさんお待ちしておりました(笑

ちょっと早いかなと思いましたが、
なんとか逢う事ができました。
約、10年前と比較してカジカの幼魚が
目立った様な気がします。

ミミズハゼですが、採集された方の画像を拝見したら
普通のミミズハゼの1種のようで素人の思い込みのようでした。(汗
バケツの中で見た時は白っぽく見えて、以前の
採集履歴からの先入観から誤同定をしたようです。
もっと目が小さくて頭部も大きかったような・・・。

| kaze | 2010/05/18 18:50 | URL |

CB御殿さんの画像を見る限りイドではないようですね。
ちなみに以前採集されたのは県内ですか?

| りゅうね | 2010/05/18 23:24 | URL | ≫ EDIT

りゅうねさんおはようございます!

りゅうねさんなら一発でお分かりになると思いますが、
今回の河川よりもっと手前のH川河口域、
知り合いに頼んで投網で白いエビの中に入っていました。
かなり大きく、ワラスボ見たいな色でしたので
イドではなかったかなぁと思います。
(多分間違いないと思います)

| kaze | 2010/05/19 08:16 | URL |

Kazeさん、こんばんは。
投網でシラタエビとともに採れてかなり大きく、ワラスボのような色ということはワラスボの幼魚ではないでしょうか?ワラスボは投網でけっこうとれますし。
イドミミズはオレンジ色をしており、ほぼミミズハゼと同じ大きさで、投網で採れるとはちょっと思えないです。
まだ県内では未記録で、私も昨年からねらっているところなんですが難しいです。
ちなみに今回採集されたのはI川ですかね?

| りゅうね | 2010/05/19 22:10 | URL | ≫ EDIT

もしよろしければこちらにメールいただけると幸いです。

| りゅうね | 2010/05/20 07:59 | URL | ≫ EDIT

りゅうねさん、パソコンの「outlook express」が
パスワードを拒否するエラーが10日程前からでており、
メールの送受信全てが出来なくなっております(汗
失礼ですが、携帯からメール致しましたので
ご確認下さい。

PS.明日には復旧するそうです。

| りゅうねさんへ | 2010/05/20 20:04 | URL |

ヤマノカミの再会に触発され、私も久しぶりに野苺なんぞ採りに行ってきました。が、数年前まで自生していたはずの場所々には産廃置き場がいたる所にできてました 仕方ない事なのかも知れないけど。ブログを見ていて川の汚染にやる瀬なさを感じていたけれど、山もですね。それでも車を止めてゆっくり歩いてみると、少し残っている笹やぶの中なんかに残っていました。時期的に少し遅いので沢山はなかったけれど。場所を変えてしっかり根付いてる姿にちょっと感動です

| ちびオプティ | 2010/05/20 23:27 | URL |

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

ノイチゴおいしかったでしょうか?
私はどうも野山にあるイチゴは「毒」イチゴという
先入観があり、中々口にする事はありませんが・・・。

山の汚染は、産廃が目立ちますね!
有毒な物質が蓄積されていれば、山と川と海は
繋がっておりますので気になる所です。

ちびオプティさんは、野山に詳しいようですので
ブログなんぞされては・・。タイトルは勿論
「山人」~yamabito~なんてのは(爆

| ちびオプティ さんへ | 2010/05/21 22:17 | URL |

こんにちわ

こんにちわ。
ヤマノカミを直に見た時、当方も感動しました。飼育してあのドンコとも違う泳ぎかた…
しかし、一年しか生きなかったのが残念でした…(泣)今はアリアケギバチが産卵しそうなので楽しみと卵をどのように育てるかが悩みですね。

| 水族館館長 | 2010/06/10 14:24 | URL | ≫ EDIT

水族館館長様、こちらにも出没されていましたか!

カミはいいですよぉ~!
胸鰭を使わずに頭を上下に動かして、まるで
ホフク前進しているような動きで獲物を捕えます。
この行動は、獲物を一撃で仕留められなかった時に、
より慎重になっての行動なんでしょうか?

アリギバ産卵しそうですか!
これは、隠れ岩などが必須で、かつ、静かな所が
いいんでしょうかねぇ・・

| kaze | 2010/06/10 20:27 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kawabito009.blog68.fc2.com/tb.php/113-b36e7983

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。