川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雨の河川

今日も、残念ながら連日の雨模様でした。
折角の休日に家の中でゴロゴロしているのも
私の性格には反しているので、氾濫気味の河川でも
見に行こうかとラブタナゴワゴンを走らせました。


知る人ぞ知る嘉瀬川水系「多布施川」。

多布施川(たふせがわ)は、
嘉瀬川から佐賀県佐賀市大和町(旧大和町)で分かれ
佐賀市内に流れる川の一つである。
江戸時代に成富茂安が嘉瀬川から分岐となるところに
石井樋(いしいび)を築き、嘉瀬川の流れを調整し
佐賀平野の水害防止する一方、佐賀の城下町の農業用水、
生活用水を送る施設とした。

※フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用

今日は、さすがに綺麗な水景をお伝えする事が出来ませんが、
人工河川らしさが出ていますね!今日は増水し、濁りがありました。

100422_112045.jpg


この画像は、2010.04.17に「さくらはし」より撮影。

100417_112843.jpg


2010.04.17撮影

100417_115635.jpg


この多布施川は、「多自然型工法」と言う河川改修により、
人々の暮らしの安全のみの重視ではなく、生態系等の
バランスを考えて造られているそうです。又、スイスが(多分)
この工法の発祥の地でもあるようです。

嘉瀬川下流域。このまま有明海へ繋がっていて、
川と海は一つに繋がっていると言う事ですね。

2010.04.17撮影

100417_130951.jpg


うぅ~ん、これは、桜ではないですね。
ハ○ビ○カスでもない(ナイナイ

100422_112159.jpg

そう言えば、朝の「特ダネ」で気象予報士のアマタツさんが
タンポポの外来種と在来種の見分け方を説明されていたのを
思い出しましたので、心あたりのある河川へ行ってみました。
春の訪れを感じさせる野草ですからね!

この画像は、巨勢川で撮ったものですが、
多分、タンポポの1種だと思います。
見わけに肝心な、花の下の方を撮っていません。

100422_121738.jpg


外来種でしょうか?

100422_121801.jpg


筑後川水系「城原川」(じょうばるがわ)
ここもかなり濁っていて堰の落差も低く見えます。

100422_124120.jpg


本日同席の方が、「ノイチゴ」と仰っておりましたが、
本当でしょうか?実は、ドクイチゴで、もしや、
食べ頃の時期に採集して私に毒見させようと言う
魂胆では・・。

100422_124224.jpg

で、これが非常に気になった野草ですが、
最初はタンポポの1種だと思いましたが、
例の丸い綿毛の代わりに筆の先を広げた様な感じの
ものが付いていたので違うのかなと・・・。

ネットで調べてみたらどうもキク科であることは
間違いなさそうですが、「ノゲシ」と言う野草が有力かと。
勿論、全く自信はありません。

もしそうでなければ在来のミニタンポポでしょうか?
かなり小さな野草でした。

100422_124358.jpg


これですが、どうですかねぇ。

100422_124449.jpg


ちなみにこの野草もネットで調べましたが、
似た様な画像が無く全く検討もつきませんでした。

100422_124623.jpg

今日は、晴れていたら勿論、釣りにでも行っていたのは
言うまでもありませんが、普段は、「脇役」としか
見られない自然に接するのも私は結構楽しかったです!

今後、釣りの際には、付近の野草にも目を向け、
新しい発見(オヤジの楽しみ)を見つけて行きたいと思います。

本日も、長々と最後までお付き合いくださいまして
ありがとうございました。

本日は、これにて・・・。
スポンサーサイト

| 河川・池の風景 | 19:18 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お察しのとおり?

Kazeさま

こんばんは。
多布施川の石井樋付近は学生のころ初めて投網を投げ、練習をした思い出の川です。あの頃よりずいぶん公園化が進み、先日久しぶりに子供を連れて花見に訪れました。
以前NHKの生き物番組で特集された後には、東京や大阪からも多布施川に人がやってきたとか(バラ目当てだと思いますが)。
希少種も多く残るすばらしい川だと思います。
私も植物は詳しくないですが、一番最後のピンクのはオドリコソウですね。

| りゅうね | 2010/04/22 20:23 | URL | ≫ EDIT

りゅうねさんこんばんは。

やはり佐賀の達人でしたか・・。尊敬しております。
私も投網を使えればと練習をした事がありますが
どうも才能がないようで即、諦めました。
実はここだけの話、例の柳生博さんナレーションの
多布施川の特集、撮影時にそこにちょとだけいたんですよ!
NHKのTVには2度ほどしれ~っと映ってたり。(謎
これ以上突っ込むとよからぬ素性がバレてしまうので。
多布施川、素晴らしい河川ですね!ここは見てるだけで安らぎます。

オドリコソウでしたか!この同定の速さ、凄い!

| kaze | 2010/04/22 21:48 | URL |

Kazeさま
こんばんは
「多自然型工法」いいですね。
本当は自然のままが一番だと思いますが
共存するためにはBESTかもしれませんね。
ハ○ビ○カスみたいなのはツツジ
黄色いのはノゲシ
最後はオドリコソウですよ~
野いちごは熟すとおいしいですよe-243

| MS-06R改 | 2010/04/22 22:17 | URL |

kazeさま

いえいえ、ただ魚採りが好きなだけですよ。
佐賀平野のクリークや水路の魚の状況はKazeさんのほうがお詳しいと思います。
投網は練習あるのみですね。私も納得いく開き方ができるようになるまで何年も要しました。ただ人目を引くので、人通りがあるようなところではためらいますが…
あと以前のブログで出てきた謎の水草ですが、どなたかもおっしゃっていましたが、ブラジルチドメグサですね。筑後川や菊池川で猛威をふるっています。


| りゅうね | 2010/04/22 22:29 | URL | ≫ EDIT

MS-06Rさんどぉも~!!

おぉ~!やはりネゲシいや、ノゲシでしたか!
オドリコソウまでご存知とは。以前から怪しいと
思っていたのですが、もしや植物学者様では・・・。

ノイチゴ、同席の方がジャムにすると仰っていましたが、
毒イチゴではなさそうですね(爆


| kaze | 2010/04/22 22:37 | URL |

りゅうねさん即レスありがとうございます!

確かにウェダー履いて網持ってるだけで人目をひきますね。
どちらかと言うと私は全く気にしない方ですが。

ブラジルチドメグサでしたか。嘉瀬川水系、六角川水系等の
幅の狭い透明度のある水路から、中規模の河川で見かけます。
知っている限りでは、大繁茂とはなっていないようですが。
しかし、的確な産地名などの知識がやはり凄すぎる!
生きる図鑑ですね。感動しております!

| kaze | 2010/04/22 22:52 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kawabito009.blog68.fc2.com/tb.php/102-60ae335c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。