川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

2015年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

回遊型淡水エビの抱卵期

つい最近行った極小河川に再度。
更に気合い入れてミミズハゼ属&エビ類の調査。


以下、個体数が多かった種類を上から順に。

トゲナシヌマエビ。(右側2個体)
本日一番多く確認。めちゃくちゃ多かった。
左側のヒメヌマエビは、3番目に多かった。

201506201936595bb.jpg


続いて多かったミゾレヌマエビ。
非常に美しい!

20150620193701830.jpg


続いてヒラテテナガエビ。
抱卵期のメスがかなりみられ、あらためて
凄い川だなぁと感心。

2015062019370302a.jpg


ご立派!

20150620193703e07.jpg


スジエビも抱卵中。
同等に見れたのは、ミナミテナガエビ(撮り忘れ)

201506201953146d9.jpg


ヤマトヌマエビ。
この河川では、3年ぶりに確認。

20150620195319296.jpg


ツガニ。小指の爪ほどのチビ達もウジャウジャ。

20150620195316e48.jpg


ボラ?かなり上までいます。

20150620195313fea.jpg


大きすぎるヌマチチブ。10センチは余裕。

20150620195317b8c.jpg


やや上った所でニホンウナギ。

2015062020053517a.jpg


今回は、クロヨシノボリばかり。

20150620200536ba4.jpg


この魚には悩みました。スミウキゴリばかりしか
見られなかったので確信がもてませんが、
ウキゴリではないかと思います。
スミウキゴリは、30個体ほど本日も確認しましたが、
その中の1個体がひっかかりました。
もしウキゴリならば初採取。

201506202005324ef.jpg


スミウキゴリ。

20150620201631235.jpg


バケツ3杯ほどおかわりしましたが、
オレンジ色のは採れず敗北。
やはり伏流水が重要なんだろうな。

2015062020163313d.jpg


おまけ。

20150620201636ead.jpg


タイコウチ。

2015062020163408f.jpg


ヘビw 名前は分かりませんよ!

20150620202856bf5.jpg

懲りずにまた行きますよ!



ではでは!(^_^)v
スポンサーサイト

| 水中突撃 | 20:38 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。