川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

2014年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

締突

締めの突撃に行って参りました。

お初のポイント。

201412301639155e9.jpg


雰囲気は良かったのに、トウヨシ1個体w

続いていつもの定期ポイント。

半時間でカゼトゲ20。
その他、ボテ、イトモロコ、ヌマムツなど。

20141230163916ae8.jpg


この辺りのフナ属は、ゲンゴロウブナ?ばかりでした。

201412301652241ba.jpg


カワバタさん。

20141230163144f31.jpg


ヤリ。

20141230163138b70.jpg


バラ。

20141230163112bb4.jpg


この時期、結構塊が見れるのでうろちょろ探しました。

そして、とんでもなく群れているポイント発見!
大体、下画像の様な魚の群れはオイカワなどが多いが、
今回は、ほぼタナゴ。

しかも、一網で大量に入ります。

2014123016331294d.jpg


痩せたツチフキも沢山いますね。

2014123016331307b.jpg


ここではあまりの群れなんで、中には入らず、
護岸からタモを延ばしているだけ。

アリアケもこれでもか!と言う位ズバズバ入ります。

201412301633162d3.jpg

2014123016332164f.jpg

数千匹はいるでしょう。

素晴らしい‼︎

これだけの群れは何年ぶりに見ただろうか?
今度は、突撃します。

採取結果。

メダカ、モツゴ、フナ属、イトモロコ、
アブラボテ、カネヒラ、ヤリタナゴ、
バラタナゴ、カゼトゲタナゴ、ヌマムツ、
オイカワ、ツチフキ、アリアケスジシマドジョウ、
カワバタモロコ、テナガエビ、カワリヌマエビ属、
スジエビでした。

今年も大きな波乱がありましたが、
小さく纏まらず、ドクターの言う事は
素直に聞いて前進する事としましょうw

皆様方の健康を祈りつつ…

では来年もよろしくお願いします。

( ´ ▽ ` )ノ
スポンサーサイト

| 水中突撃 | 16:45 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。