川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

2014年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

がばい水路のその後

カミ殿の成長具合を確認しに行くも、
濁流と増水でアウト!

マハゼ1と、シモフリ多数、
ミゾレヌマエビ少々、テナガ多数で終了。

続いてがばい水路の様子見に。

水路で最も魚種が多く確認されたポイントは
底質が全く違うものになり生命反応なし。

残り30mに期待してみました。

増水で、三面コンクリに流れがややあり、
これは二枚貝を調べるチャンス!
上から転がってきているはず。

底を引きづる様に探して約2時間。
増水と田植えの影響で色々見れました。


ムギツク、初確認。

20140622175826f88.jpg


バラタナゴ。
成魚3、幼魚4桁
70%位の薔薇色。まだまだ紅くなります!
側線有孔鱗ない?(ルーペにて)
が、白線が…あああ

201406221800202f7.jpg


最初のポイントでのミゾレヌマエビ。
寒くなると見れにくくなる美しいエビ。

20140622175827136.jpg


カワバタモロコ。
オスがメスより多く見られ、
やや色付き始めました!58個体。
地元ほどは纏まって入りませんが、
東部よりは多いかな。非常に貴重な魚。
あと半月ほどで泳ぐ金塊が見れる事でしょう!

20140622180021387.jpg


その他、ゼゼラ、カネヒラ、ヤリタナゴ、
ドンコ、イトモロコ、フナ属、オイカワ、
カゼトゲは0‼︎

ドブガイ属。難解です。

20140622181714f66.jpg

20140622181715a16.jpg


その他の二枚貝はイシガイが3。

上な画像のものとはなんとなく違う?
殻頂?隆起した部分があまりない。

20140622181717385.jpg

20140622181719f8e.jpg

20140622181720189.jpg

難しい…

採集中、農家の人々w数名と話し込んでいると、
なんと、工事は更に続いて、結局は全て改修だと。

と言う事で、根回ししました。
魚の名前全て教え、二枚貝の重要性、
絶滅危惧種とやらをやや大袈裟に!

カゼトゲ以外いつも通りでしたが、
これが大事ですよね。

でもヤバイなぁ。

ではまた (^^)/~~~


スポンサーサイト

| 水中突撃 | 18:09 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT