川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

2012年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

外来種の可能性

どうもです。

最近夢中のスジエビの情報を収集中に、
とある内容に、暇すぎて 熱心さゆえのアンテナが反応!!

うっ!まさか、その線があったのか・・・
これはあそこのスジエビではないだろうか?

非常に気がかりな情報が目に飛び込んできたのです。
(つい先程)
それはまずこちら静岡県浜松市「リンク」のニュースでした。

似ている・・・記憶と手持ちの画像を見比べてもクリソツ!
(前回記事Dタイプの画像個体)

更に検索・・→「pdfファイル」胸の横縞の間隔がかなり似ている・・・
(商品名シラサエビ)爆

更に更に熱心に暇だからしつこ~く「Palaemonetes sinensis」で
検索→「海外サイト」かなり下に画像が出ます。

似すぎている・・・

未公開画像(公開してるやないか~い)
↓↓↓↓↓
その①
120830_121345aスジ・ヒゲ白い

その②
同所にて。
120830_121441スジエビ額角・a

その③
良く見るタイプと同所にて採集。
恐らく怪しいタイプの抱卵個体。

卵の大きさがイマイチ不鮮明(猛省)
120830_150044H町スジメス・額角湾曲なし


胸の横縞の幅の間隔といい、胴の付根(くびれ)の細さといい・・・

上のpdfファイルによれば、額角の先端付近には棘がない・・・

合致してますかね?

更に気になる「カワリヌマエビ属」の画像・・・
「Neocaridina denticulata denticulata 」

自宅付近の同属に額角の盛り上がりなんかそっくりですが・・・



このファイルには勉強になる事が多々記されています。

我が県にもこんな危機的状況があるのでしょうか。

おおありでしょうね、きっと。

来年の繁殖期に卵の大きさ等を徹底的に探ってみます。


と言うお話でした。


ではまた。
スポンサーサイト

| 淡水エビ | 23:01 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。