川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

2012年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年12月

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スジエビの微妙な違い その①(調査中)

今日は、タビラクチ探しに近くの感潮域に行ってました。

干潮時ではなく、潮がじわじわ満ちてくる時間です。
先程までいなかったのにムツゴロウかトビハゼか、
はたまたお目当てのタビラクチかが、泥の中や、カニ穴から
ちょろちょろ湧いて、潮と岸の境界線をうろうろし始めました。


遠すぎて分からない・・

121122_120208.jpg



ただ、顔を横にフリフリしているのでやっぱあれか?

既に靴は半ハマリの状態で短いタモを伸ばすと
やはりムツとトビ。

結局、ほぼ満潮時まで岸から探り見れたのはシラタエビ、ヨシエビ、テナガ等。
意外だったのは殆どがムツゴロウだった事。
まだ越冬していないんだな~と感心。

はぁ~、本命の河川に行くべきだった(寝坊しました)
今年はあきらめよう・・・かな(汗)


話は変わり、ちょっと前から気にしているスジエビ。
興味を持つ方は恐らく少ないでしょうね。
ただ、細かく見ていくと、私は面白いなぁなんて思います。


この個体は、自宅付近で獲れるが数は少ない方の、額角がほぼ直線的で、
額角先端に棘がないタイプ。

胸の辺りや腰のスジ模様は濃いかったり薄かったりしますので
気にしなくてもいいと思います。
(因みに画像の個体達は全て生きています。5.6分位水上でも死にません)
Aタイプ(Dタイプの可能性アリ)
120218_181718.jpg


これも自宅付近で獲れる一番目にするタイプで、
額角上部がやや上へ湾曲しています。

額角下側の棘はこの個体は1本です。
額角の棘の数は上下共に、はっきり言って個体によりバラバラです。

額角上部先端には、ミゾレヌマエビに等に見られる
1本の棘があります。
この先端部に1本の棘があるタイプがこの辺では一番多い。

Bタイプ
120718_140844.jpg


同タイプ別個体。

120830_150412H町スジ額角


若干違う玄界灘側の個体。

B又は、Cタイプ
120906_183939玄海・全体スジ


同所、別個体。

額角の棘は、上下部共、どの産地のものでもバラバラで、
ここのも下側の棘の数は上画像は2本で、この個体は1本。
先端部に棘のある個体は見つけられませんでした。

120906_184148玄海・スジ額角①


私の住むクリーク周辺だけに偏って生息しているわけではなく、
透明度の高い、綺麗な河川でもこの先端部に棘がある、
やや湾曲するタイプの個体が生息しています。

で、かなり気にしているのが、下画像の胸にある横縞の間隔が
狭い集団

121007_120722スジ・人工

これです。

えっ、一緒じゃん・・・いやいや違う

でもですね、この集団のいる所のスジ模様は皆同じく
額角もストレートで先端部に棘はないんです。
また、何よりもこの胸の横縞の間隔がひっかかります。

因みにこの集団は、河川でもクリークでもない所です。

Dタイプ
120830_150301a・スジ額角共通

まだまだ調査はしつこく続きます(意味はあるのか)

ネット上ではもっと凄い変わったスジエビがいます。
額角が大きく湾曲し、模様もかなり太く濃いスジ模様とかetc
四万十川産のも興味深いです。

今後は、じわじわとダム湖や、山間部の個体群を見て、
鋭く観察しようと思います(歩脚の長さとか泳ぎ方とか)←無駄じゃ

おまけ。

脱皮しても透明なんです。(スジエビ)

121101_163543k.jpg

ではまたいつか。

| 淡水エビ | 18:42 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。