川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

2012年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

多分いないはずの魚

干潟の紅葉を見に行ってきました。
ちょっと早かった様なので裏掲示の方へ(汗

で、いつものポイントへ潮が満ちてくる前に行こうと思っていたのですが、
気になっていた水路へ突撃してみました!

潟から1キロも満たない所にあるポイントですが、
この辺ではまず見る事のない様な、透明度があり、
若干の水流のある初めて見る光景でした・・・。

水面には、カダヤシであろうと思われる魚が泳いでいます。
そして、やや小ぶりなゴロタ石があり、もしやあの魚がと・・。

121024_114010ポイント


いざ飛び込むと、右半分はなぜか深みにハマリ、
危うく足が抜けなくなる位の泥質底。

早速ミニタモでワッサワッサやってみました!

ひょっとして、汽水関係のお魚がと夢を見ていましたが、
ドンコとカワリヌマエビ、アメザリの中に混じって
このツチフキがジャンジャンバリバリ(パチンコか!)
(画像はオスです)

121024_120622ツチフキ


まぁ、ツチフキはこの辺ではごく普通ですね。

で、落ち込みの部分を軽く探ると・・・

えっ!


カカカ・・・カマツカ じゃん!!

この辺では初確認だぞおい!

なんか不思議な水路だと思ったら、カマツカなんて・・・。

121024_120829カマツカ


さらにサプライズは続き、そのまま続けると・・・。

ガチョ~ン!(やかましい

アブラボテではあ~りませんか!?

121024_121350ボテ

カマツカもアブラボテも普通種なんですが、
あくまでも この辺では初めて見ます!

ボテほどの魚がいるならカゼトゲやヤリタナゴがいてもおかしくはナイ はず

今回は見つかりませんでしたが・・・


やはりいました。この子は想定内・・・。

121024_121546トウヨシ


そして、もしやカダヤシではなくメダカではと思っていた魚は、
オイカワ?でした!!(自信がありません)汗

この魚も普通種ですが初確認!!!

この水路はいったいなんなんだ!!

121024_121925オイカワ


自宅で後ほど確認したら、額角の形状からスジエビだと分かりました。

一応、透明ですよね。

121024_122536スジエビ透明


カワバタも狙ってみましたが、モツゴだらけ。

これは普通のモツゴですが、

121024_165916モツゴ


この個体は、どうも半透明っぽいんですがどうでしょう?

121024_170337m半透明


決して、鱗をこっぱいだ わけではありません。

121024_170529モツゴ腹部


という訳で水槽に投入!!

121024_171829スジその後


ここの水路の謎が解けてきました。

突撃中に話しかけてきたおっさんが気になることを・・・

ボテやカマツカが累代繁殖しているかどうかは?です。
(カマツカ4個体、ボテ2個体)
また、丹念に探せば、カゼやヤリが見つかったかもしれません。

エビは、ヌマエビ属、カワリヌマエビ属、スジエビ。

以上、本日の突撃結果でした~!
今後、要注目のポイントで、ちょくちょく行く事になるでしょうね。


ではでは・・・。


















スポンサーサイト

| 有明海流入河川・水路の生物 | 19:18 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。