川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

2012年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年11月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

闇突2012「降海直前?」

真夜中の3時出発。カミ殿は見れるだろうか?

見れちゃいました

小型が多かったものの、過去最高レベルの個体数でした。

121007_062319神k


もうね、感動しましたよ!あちらこちらに・・・。

逃げないので手掴みです。

抱卵すると、これよりまだ腹部が膨らむはずですが、

以下の2個体は、抱卵している様に見えました。

ただ、小さいですね。

昨年のちょうど同じ日に行った時は、

大型個体ばかりでしたが、今回は小型が目立ちました。

個体数が多かったのでヨシとしましょう。


まぁ、今回も大きな個体には逃げられましたが(汗

121007_062518ヤマノカミ


ダイソーさんで買いましたが、100円ではないですよ

蛍光灯と、通常のライトが付いていて、
暗い所での撮影には良いかも・・・。

ただ、ライトは口に咥えて採集していたので
水没させて消えましたけどね ←毎度の事じゃないか!
121007_062856必殺


色々いましたが、撮る気になったのだけ撮りました。

121007_062916カジカ中卵型


暗闇で、ピンク色に光る眼球にしびれ撮影。

121007_063150テナガ


玄界灘側で見るミミズハゼ属とは、体型も頭の大きさも違う気がします。
(自己採集分と比較して)

121007_063705ミミズハゼ属横

121007_115759腹鰭ないでしょ


ただですね、腹鰭どこにあるんでしょうか?

マクロレンズで見ても見あたらないんですよね・・・

肉眼では見れない位小さいと言う事なんかなぁ??
(たかが携帯の限界画像)

121007_120018腹鰭はどこ


あっさり普通のミミズハゼだったり(滝汗

121007_120222ミミズハゼ属・上


この虫は、アサリの様に、同じ模様がいない様ですが。

121007_091554甲虫


秋と言えば、無気力とカネヒラですね(意味不明)

121007_093410カネヒラ


探せばいます。浸水しましたが・・・

121007_095752ミニギバ

カミ殿には沢山逃げられましたが、

沢山いたので幸せでした!

勿論、全て速やかにお帰りいただきました(エビとミミズ以外は・・・


ミミズハゼ属は難しいです。
一部を除き、ミクロレベルではないでしょうか?

ではまた。(御殿さんおつかれした~)




















| 水中突撃 | 22:44 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。