川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

2011年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「コウガイモ」トチカガミ科 セキショウモ属 かも・・・

本日は、公休です。

息子の原チャリに、木柄のタモとバケツを乗っけて
近くのクリークへエビの採集にちょっと出かけました。

採集中、昨年から思っていたのですが、これは何ていう水草なのか?

山間部の上流域や、やや流れがあり、
透明度のある河川でもたまにみる「セキショウモ」とはちょっと違う。

葉丈がかなり短く、葉幅も広い。
上から見てもそれは明らかに分かります。

うぅ~ん、ウェダーを履いてくりゃよかった・・(バカか


120126_104154.jpg


以前、セキショウモを水槽に植えており、
1灯式のライトでもグングン伸びて、手に負えない始末でしたが、
もしかしてこの水草ならいい感じになるかもしんない!!

早速、葉を1枚頂き、ネットで調べてみると、
どうもセキショウモではなく、
「コウガイモ」Vallisneria denseserrulata Makino に似ています。

葉幅、約1センチ弱。

葉の縁全てに鋸歯アリ。

やはりそれだろうか!?


現場にて撮影。

120126_104251.jpg


自宅に戻り、水槽の換水後にマクロで再撮影・・・。

しまった、ライトの上に置きっ放しで 干からびて しまった。

120126_155558.jpg

それだとしたら、佐賀県にはどれ位分布しているのだろう・・・
(調べましたが不発に終わる)

ではでは。(お分かりになる方、是非ご教授を~!!)






スポンサーサイト

| 天然水草 | 16:15 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。