川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

2011年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年12月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小さな幸せ

今日は、天気は良かったのですが、風の影響で釣りを断念し、
散々使いまくってボロボロのタモの補修でもしようと作業をしていましたが、
いつの間にかバケツ持って、自宅傍のクリークへ(笑

最近ヌマエビ属の大きな個体(メス)を見かけないので、
それも含めてなんか面白い事がないかなぁなんて・・・。

そして、一振り目に小さな幸せが!?

普通種ではありますが、ツチフキの中々の個体です。
近辺のクリークでは、チビ個体を何度か採集しましたが、
これ位のオス個体と出逢ったのは初めてです。

ちょっと嬉しい・・。

コンクリートの護岸際からのラッキーな出逢いでした。

111124_120040ippatume.jpg


目的のヌマエビ属も予想に反し、ちょっと前とは全然違うレベルで、
大型のメス個体が目立ち、透明度もミゾレヌマエビに匹敵する程でした。

111124_123001tutifuki.jpg


そして、その後、この辺りではお初のお魚が?

ゼゼラです。

息子が小学生の頃、近くの公園前のクリークで、
ゼゼラの死骸を見つけたと言っていたのですが、
私は、「ツチフキの間違いくさ!」と一喝!
今思えば、それはゼゼラだったのかも知れません(すまん)

111124_124634zezera.jpg


市内、玄海側で見るタイプのゼゼラに似ていますね。
背鰭後方の縁が直線的で、ヨ○ゼゼラの様に、
ツチフキの背鰭みたいに丸みがない様です。

111124_150752.jpg


おまけ(久々か)

111124_151440.jpg

私にとって、まさに「小さな幸せ」のひと時でした(爆

ではでは。

| その他 | 17:20 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT