川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

2011年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カワヨシノボリ「斑紋型」なのか?

ちょっと前に、新しく見つけたカワヨシポイントでの事。

以前、数回行った事のある、斑紋型ポイントとは別河川の個体群ですが、
気のせい or 考えすぎ だとは思いますが、考えれば考えるほど妄想が・・。

こんな所で遊んでおりました(笑

この草の「玉」で幼少期に遊んでいた記憶が懐かしい・・・

111020_095536懐かしい


そこを無理やり掻き分け極小河川へ トゥリャ~!! 

まずは、降りてすぐの雰囲気バツグンの下流側から。

111020_103536カワヨシ降りてすぐ


約、1時間半後、おおよそ30個体確保。
やや、被写体に良いと思われるサイズの個体を撮影。

第一背鰭に注目。

同、第1棘条~第3棘条間の、背鰭基底部よりやや上部にある
濃紺の斑紋があるようで無いような・・?
かすかに暗色斑があるようですが、どうなんだろ??
(説明不足、知識不足はご容赦を)

111020_112742斑紋型か①


斑紋型で良いのか・・・。

111020_113212斑紋型か②


メス個体。

111020_113851メス達


しっくりこないまま、トウヨシもおらんかと探し続け、メス1個体確保。
以外にも、トウヨシが少ない・・・。

111020_114055トウヨシメス


今度は、上を目指し、グングンのぼって行きます!

この辺は、やや深くなり、水流は穏やかになります。
ドンコ、タカハヤ、ヌマムツ、大きなヤゴが入ってきます。

111020_122830トウヨシ地帯


私の予想に反して、ここからトウヨシノボリが入ってきました(謎
水流が穏やかになっている部分だからでしょうか?

まとまって数個体いっぺんに入り、ちょっと驚き!!

111020_125739トウオス①


相変わらず綺麗な画像が写せずお恥ずかしい・・・。

ここの個体群は、最近の記事のオヤニラミ等がいる河川の個体群に似ています。

111020_130015トウオス②


このタイミングでなぜ、カワヨシのメスかと。

実は、第一背鰭が赤く見えすぎたので撮って見ましたが、
やはり上手く写せません(汗

111020_130434第一背鰭赤


ちょうど、この辺にちょっとした小さな堰があり、
最後にここで私の夢を 打ち砕く 奴が・・・

本日、一番の大型個体。

うっ・・ぅ~ん、斑紋型ですかぁあ?

111020_130618斑紋型か③

MY水槽の飼育個体は、未だにきっちり暗色斑があるのに。
天然域では、時期的に消失している可能性が高しか!!

そもそも斑紋型の「定義」みたいなものを知らない!

論文なんて読んだ事も見た事もないし・・・(言い訳出ました)

第一背鰭の斑紋以外に、外見的形態での同定ポイントでもあるのか!?

さぁ、久々に夜も○れなく・・・

また来年の春にでも行ってみます(ハイハイ)


本日も、ご訪問いただきまして有難う御座いました。

本日は、これにて・・・。









スポンサーサイト

| 水中突撃 | 22:15 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。