川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

2011年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カミ河川側の探索

台風が去り、速攻&早起き で先日、予定通り行って参りました。

丁度、良い時間帯に到着し、まずはいつもより上の方へ。

速攻で突撃スタイルに変身し、タモをブンブン振り回しながら ひたすら歩く。
(準備体操のつもりです。)

降りれそうな所を見つけ、数十秒後に何かの死骸を発見・・。

アリアケギバチですね。
この辺りにいるのは知っていますが、亡骸ではあるものの、
この河川で見るのは初めてです。確か、数本手前の河川には、
カジカ回遊型と生息していたと記憶します。

また、やや大きめのシマヨシが、大きな丸岩の上で日向ぼっこしていますが、
殆どの個体が、背中周辺にミズカビや出血が見られます。
ギバチはここをもう少し遡るといると思います。

110922_092613arigiba☆


結局、ここは後回しで引き返し、先程のいつものポイントから。


早速いつものカミの溜まり場に眼を集中・・

いらっしゃらない・・・

次に、第二の隠れ家を覗きながら歩いていると・・・

なるほど、擬態中ですか?いい所にいらっしゃる(笑)

真昼間に自信満々で「すいとんの術」です(爆

カミ殿、私の目は 誤魔化せませんよ !

撮影に参加していただきたいので、タモに入っていただきたいのですが、
場所がちと分が悪いので、諦めて水面から画像だけ。

(体長は、恐らく8cm前後の小さい個体)

カミ擬態中1


カミ殿を見れただけでもいいやと思いながらも、
他の魚や、エビを気にしながら探索を続け、
先程から足元に寄って来るシマヨシ。

110922_105132sima.jpg


ミゾレ、カワリヌマエビ属、スジエビだけだと確認し、
最初のポイントへダッシュで直行。

そして、枯葉の下やヨシの根元等を探っていると・・

予想外にカミ殿!こんにちは。又お逢いしましたね!!

これまたちっちゃいちっちゃい・・・。

110922_110941kami確保


ケースが8.3cmなので、7.5cm位だと思います。

110922_111225kami7.5センチ


オスかなぁ。

110922_111406kami7.5センチ②


おまけ。
こやつも先程から目だっておりますが。

110922_112049numatitibu.jpg


途中、カワアナゴかと思う位のドンコを交え、
さらにカミ殿1個体追加。

こちらは、先程のカミ殿よりやや大きく、9cm前後。

メスかなぁ。

110922_113823kami・b


大型の迫力ある個体には逢えませんでしたが、
狙っていなかったのでかなり嬉しい・・。

110922_113931kami・ue


この後、狙いをギバチ&カジカに定め、
トウヨシを最後に捕獲し、車で移動し某上流域で再突撃。

110922_115129touyosi.jpg


しかし、野望は無残にも打ち砕かれ、カワリヌマエビ属、
カワムツの天国モードでした(汗)

運動の後は、復刻堂でぇ~す(またですね)

110922_135831ゴレンジャー

正直な所、死滅回遊の魚orエビなんかを狙っていましたが、
甘くはないですねぇ~・・・・。

また玄海方面へ行きたくなってきました。
やはり、魚もエビも未知の可能性を秘めているのはそっちかなと(謎)

週末の2連休・・・あっしは何処へ~(また気まぐれか!)

本日も、ご訪問いただき有難う御座いました。

本日は、これにて・・・。












スポンサーサイト

| 水中突撃 | 21:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。