川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

遡上「ヒメヌマエビ軍団」横縞確保

いやぁ、今日はいい天気でした!
昨晩、満月を見ながら、明日は朝早くから海側へ
「エビ&ルリ探索」へ行こうと決めて、
5月5日の溜池探索途中にフロントから煙を吐いた
ボロワゴンをかっ飛ばして行ってきました!(マジです)

最初にイトヨがいそうな所を探ってみたかったのですが、
水深が深く素通り・・。

続いて、今年2月にヒメヌマらしき「謎の赤い小エビ」を獲って、
撮影ケースごと水中にぽちゃして悔しい思いをした某極小河川へ。

前回と全く変わらずほとんど植物がありませんが、
入ってみないと分からないので突撃!

ミゾレばかりがわんさか入り、特に変わった様子はないなぁ・・・

と思った瞬間・・・。

やりました!! 

危うく見逃すところでした。

枯葉の下からゴソゴソ動き出したものは・・

いました!ヒメヌマエビ縦縞タイプ!

言葉になりませんでした。



画像中央に。

ヒメはどこにいる


これ位小さいとほんと分かりにくいです。
網目から抜け出しそうな位小さいですね。


更にミラクルは続き、
念願の横縞タイプも数分後に確保!!

ヒメ横縞ブラウン


更に更にミラクルは続き(ちょっと大げさ)

縦縞ブルータイプも登場!

ヒメ縦縞ブルー


そして、更に更にさらぁ~に(←やかましい

実際にはかなり赤かったまさにあの時のヒメ、
縦縞レッド確保!!

ヒメ縦縞レッド


で、縦縞ブラウンタイプ!(透明タイプもいました)

ヒメ縦縞ブラウン


実に、わずか直径1メートル位で50~60匹は軽く越えていました!!

凄い密度・・・。まさにヒメが優先種と言う信じがたい事実。

2月にはたった1個体しか確認出来なかったのに(謎


で、私は確認しました、どの位まで上流に遡上しているのか?


最初の難関?と思われる所・・・。

110519_113024.jpg


勿論、以前はクロヨシとテナガ以外はいませんでした・・。
しかし、今回はいたんですよ!
かなり上の、水が枯れてまさかの所まで!

しかも、偶然なのか横縞タイプがかなり多い!!
ついでにヤマト&トゲナシはいないか懸命に探しますが、なんせ藪が痛い!
後で思ったのですが、Tシャツはアウトですね。
痒くなるし、傷だらけでついつい気合も薄れていきます。

想像を遥かに超えるヒメヌマの数と美しさにお腹一杯ですが、
まだまだ時間もあるし、このエビ達が湧いて出てきた様にいたんだから
トゲナシもどこかでエッサホイサ~と出てきているに違いない!

そして、探索中に話かけてきたオヤジさんの意味深な発言・・。

「ここの源流は知らんけど、溜め(溜池)があり、タガメ、ゲンゴロウが・・!」

昔はおった・・・(爆

今はヒルがいるとかいないとか・・だからまだおるかもとかなんとか・・。

ありがたきアドバイス!(今度行かしてもらいます)

おまけ。

いつもの


おまけ②

スミウキ幼魚


そう信じて行ったのは、コンクリ化された第一クロヨシポイント。

全く植物、礫などありません。
早くもテンションが下がりぎみですが突撃しました!

そして、コンクリ護岸のわずかな水?海水?溜まり。


グッピーかと思う位の大きなメダカ達。

110519_122924.jpg


更にわずかに生えていた植物の下に小さなネットを入れると、

いました!トゲナシヌマエビ!

久々に天然域で見ましたが、わずかに1個体のみ確認。

110519_123648.jpg


そして更に向かった某河川。

下の方は水深がかなり深くなって良い感じに。

期待を込めてまたもや突撃!

1個体目、中サイズのオオヨシが入り、続いてまたしても大きなオオヨシ。

何やら前回とは違う感じ・・。  
オオヨシ2011.05.19


と思いきや、やはりクロが優先してきました。

クロ2011.05.19


これは、どうしても分からないヨシノボリ。

シマ?オオ?

シマ?オオ


どっちなんでしょう??

謎のヨッシー


ちょっと上を目指します。
意外にも下の方の、テナガがわんさかの水深がやや深い場所でヤマト!
かなり赤く大きな個体(メス?)

デカイぞヤマト


何やらやっぱり様子が違う?

で、かなり上を目指して行くと、

なんと、ヤマトの集団の中に赤いヒメヌマが!!

やっぱここにもいたんだぁ!しかもこんな上にまで。
最初、ヤマトのチビかと思いましたが、
どう見てもヒメのようでした。(数匹確認)

この中に写っていたはずですが・・・

ヒメとヤマト


ヤマトもかなり数が増えた様で嬉しかったです。

もう今日は運が良すぎて帰りが怖い位の1日でした。
因みに帰りの水路ではミゾレが大生息していました。

これは、自宅でトゲナシかどうか再確認したものです。

トゲナシ自宅にて


そして、欲望に負け、持ち帰った数個体のヒメを見ていると、
なんと、ブルータイプの横縞もいたのでした!

今日の探索で分かった事、

この時期にヒメやトゲナシは再び現れる

そして意外にも横縞は多い?(30匹以上はいました)

逢えると信じて頑張ってきてよかったぁ~!

またいつか行ってみようと思います。

自然よオヤジを楽しませてくれてありがとう!!

本日も、ご訪問いただきまして有難うございました。

本日は、これにて・・・。


















スポンサーサイト

| 淡水エビ | 22:11 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。