川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヤマト河川「ちょとした変化」

久しぶりの記事になってしまいました。
ご訪問していただいていた皆様、申し訳ございません。
事情により時間が無く、突撃したくてウズウズしておりましたが、
時間制限があるものの、1ヶ所だけと決めて、
ヤマト河川へ行ってきました。(エビの方です)

午後4時までに帰らなくてはいけないので悩みましたが、
やっぱりここで無意識に足止めされてしまいました(笑

到着した時は既に、午後2時近く・・・。
来るまでに止水のクリークは殆ど凍った所が多く、
不安もありましたが、残雪も無く、胸が躍り始めました!

わずかな希望を託し、突撃!  

河川中流部から探索します。

最初に入ったのは、以外にもオオヨシノボリ・・。
以前から思っていたのですが、ここのオオヨシは
どれもかなり痩せています。どうして?
餌は豊富にあると思いますが・・・。

オオヨシ・2011・1・23


意外でした。いつもは、あっと言う間にクロヨシばかりが
入ってくるのですが、2時間程でクロヨシはたったの5匹・・(謎
そして、画像のオオヨシが3匹のみの結果でした。

そう言えば、前回ビッグクロヨシばかりがいた極小河川は、
生息密度が高かったので、水深のある方へ移動したのかも。
おまけに、オオヨシも1回目の突撃時より上の方で捕れ、
なんとなく変化が起こっている様な感じでした。

ただ変わっていなかったのは、ヤマトヌマエビが捕れた
かなり狭いポイント。
全く同じ所の、畳半畳分無い位の所だけにかたまっていました。


サイズも、小ぶりな若い個体ばかりでした。
腹部が黄色く染まっていますが、オス個体でしょう。

クロオス・腹


撮影時に頬をちらっと見たら、シマヨシかと勘違いしたメス。

クロメス・頬


おまけ。コケ!!

コケ1・2011・1・23


さらにサービス!!(いらん

コケ2・2011・1・23


全体的に青っぽい個体。(近づきすぎました)

ヤマト青


赤っぽく感じた個体。上下共、オスでしょうか?
メスは、体の赤いスポットが波線状になる様です。

ヤマト赤


額角短い!

今年も稚エビ達は遡上してこれるのか!?かなり不安です。
撮影後は、勿論、全く同じ採集場所にリリースしました。

ヤマト額角


同所に生息のヨコエビ類。この種だけとは思っていませんが、
「ニッポンヨコエビ」かなぁ~・・なんて思っています。
全長は大きいので1㎝位です。

ニッポンヨコエビかも

今日も、奇跡の出逢いはありませんでしたが、
勉強になった事があったので満足です。
今度は春頃と、真夏頃にまた再訪しようと思います。

次回の探索も中々行けそうにないのですが、
時間に余裕を持って、色々考えて行こうと思います。

ちなみに今年の採集目標ですが・・・。


県内では・・・。  

ヒメヌマエビ       採集難易度 ★★★★★

カワヨシノボリ無班型 採集難易度 ★★★★☆

カワアナゴ        採集難易度 ★★★☆☆

イトヨ降海型       採集難易度 ★★★★★

ルリヨシノボリ      論外    奇跡に近い

アカザ          論外    夢

ジャガー         採集は出来ません

県外では・・・。←やかましい

以上が、「私的採集難易度勝手に」ランキングでした。

本日も、ご訪問頂きありがとうございました。

本日は、これにて・・・。
















スポンサーサイト

| 水中突撃 | 22:09 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT