川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

2010年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

イシマキガイとテナガエビ

先週の土曜日の探索記です。サボっておりました(笑

ルリヨシ&ヤマトヌマを追ってかなりぐるぐる回りましたが、
これといった結果は残せませんでした

まぁ、これも想定内・・・凹むなオヤジ!!

ただ自分的にはちょっとした収穫がありました。
それはイシマキガイです。県内では差ほど珍しくなく
結構見るのですが、私がこの日出逢った場所は・・・。

結構上流域の山間部の棚田周りの細い水路。

勿論、突撃しましたよ!

しかし、ここに生息していた魚は、ドンコのみ。
大小様々なサイズのドンコがびっしり・・・。
他にはヨコエビの一種が一掬いで無数に入りました。
(他には、アカハライモリだけ)

101127_105636.jpg


こんな所ですが、水温は低く、近くには海もありません(謎
手前の方からは山水がチョロチョロ流れている位でした・・・。
ただ、私が知らないだけでこんな所にも実は結構いるのかも。

101127_105702.jpg


次に目に留まったポイントはかなり怪しく感じましたが,
網に入ったヨッシーはいつものアイツ・・・


上から覗いて見えた時は、もしや!と思いましたが。(笑
ここでは、シマヨシばかりが生息していましたが、
今になって考えると、もっと上に行けばよかったかなぁ~・・。

101127_125336.jpg


ここで他に出逢ったのは・・・。
よく分かりませんがヒラテテナガエビ・・・かな

101127_125509.jpg


こんな所でした。

shima・2010・11・27k


ここから、ルリとヤマトを探しに海沿いの山を駆け巡り、
一本の傾斜のきつい、底が岩を削った様な河川に。
河口から探っていくと初めて見るエビが入りました。

私が間違っていないかぎり、最初の画像のテナガとは違う様な・・。

(久しぶりに思いきって言ってみるか!)
これは・・・ミナミテナガエビだと・・思います!!

ここでは、このエビしか生息していませんでした。
上の方は、かなり細くなっており、
探せばいい所があったかもしれません。

nazonoebi.jpg


かなり足腰にきてしまったので、帰ろうと思いましたが、
ちょうど密林のクロヨシポイントを通りましたので、
現状を確認しに探りを入れてみます・・・。

以前より、竹藪等が私を近づけまいとしています(妄想
今時、野いちごが足元に咲いているので避けるのに必死!

ガ~ン ・・・
上の方は殆ど水がありません


101127_143059.jpg


でも、わずかながら下側には命の水が・・・。

101127_143107.jpg


そして、イシコロをめくるとぶっといヨッシーが!

ここではタモは要らないので20cm位のネットと、
素手で確保しました。

私が採集したクロヨシの中では最大級の9cm位です。

101127_151552.jpg


なぜか、チビヨッシー達は1匹も見れません。
かなり下側まで降りて探ってみたのですが・・・。
全てが8cm~9cm前後の大型個体ばかりでした。

101127_152226.jpg


今日も逢えてよかった!
また来年逢いに来るぞ~!!

101127_152942.jpg

最初のイシマキガイがいた水路から、ヨコエビをお持ち帰りし、
割り箸で掴んで水槽にぶっ込むと・・・。

狂ったようにカワヨシが喰いつきます!
凄いです。

そう言えば、クロヨシポイントの殆どはこのヨコエビがいます。

今頃になってヨシノボリが大好物だと言うのに気づき、
ちょっと反省しております。
そして、今度からはヨコエビ類も撮ってみたいと思います。

今回も目標に届きませんでしたが、まだまだ先は・・長くない?


本日も、ご訪問いただきまして有難うございました。

本日は、これにて・・・。







スポンサーサイト

| 水中突撃 | 21:33 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT