川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

2010年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「ちょろっと」

ちょろっと。佐賀弁で「少しだけ」という意味です。

例・・「ちょろっと散歩に行ってくるけん」
  ・・「ちょろっとお茶でも飲まんね」などなど。

今日は、ちょろっと、目的なしでぶらっと行ってきました。
とりあえず、家を出たのが正午過ぎでしたので「がばい水路」へ。

一瞬、ヤリボテではないだろうかと思いましたが、
微妙な雰囲気ではないでしょうか?

100429_125710.jpg


で、とりあえずヤリタナゴのオス数匹とメス数匹が釣れたのですが、
小型のタナゴは釣れる気配がありませんでしたので、
すぐに北へ、ラブタナゴワゴンを走らせました。

ここは山間部に流れるある河川(実は知らない)の上流。
魚影がないか上からじっと見下ろしましたが、なんにも
見当たらないので、突撃しました。

もし、こんな所でシマドジョウ類が採れたら
それはイシドジョウしかないだろうとか、
夢のような妄想を抱いて険しい所をタモで探ってみたら、

100429_135744.jpg


ドンコ様。ドンコも生息している河川や水路によって、
尾鰭の模様や第二背鰭の模様等に若干の違いがあるようですね。

ここではこの他、カワムツの若個体や、色んなヤゴが入りました。
残念ながら、タモではこれ位が限界のようで、夢の魚は、勿論、
捕える事はできませんでした。

100429_142038.jpg


続いてここは、赤土が山肌から入り込む小河川。
上から覗くと、背鰭基底部に黒色斑紋が見られる魚が泳いでいます。
カワムツでしょうか?とりあえず釣ってみました。

100429_144407.jpg


やはり、カワムツでした。右は、タカハヤですね!
タカハヤは、河川の上流~中流域や、ため池等にも見られます。

100429_144740.jpg


今日の野草。(いつの間にかシリーズ化して・・)
ノアザミでしょうか?綺麗な紫色をしていますね!
ここの周辺の山肌に結構咲いていました。

100429_144556.jpg


モロコシ畑のすぐ傍です。
水が入ってきており、安心しました!小さな魚とヤマトシマドジョウが
太陽に照らされすくすく育っているように思いました。

100429_152356.jpg


どうも、カワヨシノボリもしくは、トウヨシノボリ等が
生息していそうな雰囲気でしたが、飛び降りるには、
ちょっと高さがあったのでここでの突撃は我慢しました。

100429_155334.jpg


今日は、風が若干強めでしたが、良いお天気で
釣り&採集日和でしたね!又、今日は、何が釣りたいと
思うのがなかったのでついぶらぶらとしてしまいましたが、
見知らぬ所を探険気分で行動するのはやはりわくわく!ですね。

それと、帰りにこれを買いました。これから先、今日の様なポイントでは、
オイカワや、カワムツの大型が狙えるかもしれないので
準備しておかないとですね!(ハリだけですが)

100429_190129.jpg

本日も、最後まで閲覧下さいましてありがとうございました。

本日は、これにて・・・。
スポンサーサイト

| 釣り | 21:23 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。