川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

2009年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

チビカゼ三昧

今日は、雲ひとつない限りなく青い空。

DSCF2353.jpg

ダラダラと起きながらも、ちょっとした欲しいものがあったので、
それをお目当てに息子を誘い出かけました。

ちょっと前に、マユタテアカネを撮影した場所の水路に
何気に生えていた水草らしき?ものを水槽で観察してみたかったのと、
ついでに、毎年恒例のバルーンでも見れればとぶらっと出かける事に。

現場に到着し、土手の上から息子に飛び降りてもらいます。
何やら、色んな魚が泳いでますが、ここで釣るのはちょっと厳しい
ようなので、謎の草を採集後、3分足らずで新規ポイントの開拓へ・・。

で、見つけました!絶好のポイントをヽ(・∀・)ノ
こんな感じですが・・・

DSCF2354.jpg

ここのすぐ裏側の、幅50㎝位の水路では、メダカがわんさか・・
タモ網で、息子がちょっと掬ってみます。

うぅ~ん、中々メダカも可愛いなぁ・・・(。・д・。)

DSCF2349.jpg

さぁ、久々に息子と釣りバトル開始です!
ここのポイントは、釣り場から若干、高さがあるので
何が泳いでいるのか良く分りません、まぁそこがいいんですがね。
さてと、ゴングです!予想外に1匹目に息子がカゼトゲを釣ったので、
気合いが入ります。が、なぜか私はアブラボテのチビ達ばかり爆釣(_ _。)

結局、釣果のほどは・・・

二人でアブラボテ約50匹、カネヒラ約10匹、カゼトゲタナゴ約50匹
オイカワ1匹の結果でした。

奇麗な水を好むアブラボテ♂尻鰭が真っ黒でした。

DSCF2362.jpg

ここのポイントでは一番大きかったカネヒラ♂(全長5㎝位でした)
後で画像で良く見ると体側のブルーのラインやけに細長くないですか?
「モシカシテHV・・Σ( ̄ロ ̄lll) 」

DSCF2377.jpg

チビカゼトゲ&チビボテ

DSCF2373.jpg

とにかくこのポイントのタナゴ達は、カネヒラを含め、
メチャクチャ小さいものばかりで、特にカネヒラは、オスもメスも
当歳魚ばかりしか釣れませんでした。

帰りに新たによさげなポイントがあったので、
1匹だけ釣ってみようと竿出ししたら、中サイズのカネゴンが・・・。
わずか、10秒で終了です。夕焼けこやけが鳴り出したので
早く帰宅して謎の草を水槽に入れなければ・・・。

DSCF2389.jpg

これなんすけどねぇ・・なんなんかなぁ?
葉の部分は薄く、すぐに破れそうなんですが、
茎の部分は強いんですよ!とりあえず水槽に埋め込んで
様子を見るとしましょう。(どうか、枯れませんように・・・人(´▽`;)

DSCF2403.jpg

後でバルーンの画像を撮るのを忘れていたのに気づきましたが、
時すでに遅し・・。あっ!そうそう、そろそろ白点病になりやすい季節
になりましたね。毎年、梅雨時とこの時期は特に注意ですよね!
最近採集したばかりの魚は勿論、今年採集した魚は要注意です!
激しく体を底砂や、石等に擦りつける動作や、背鰭が痙攣したように
プルプルしていたら、よ~く見てみましょう!

ふぅ~、明日はどうやら天気悪そう・・・
本日は、これにて・・・。













スポンサーサイト

| 釣り | 21:05 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT