川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

冬の川

車検が終わり、帰りに寄り道。

20140120193356094.jpg

20140120193400a8c.jpg

20140120193401e2d.jpg

2014012019340705c.jpg

20140120193407a89.jpg

2014012019411557a.jpg

2014012019411902b.jpg

201401201941238ab.jpg

201401201941235eb.jpg

冬の川は、どことなくさみしい。

春の足音が、かすかに聞こえてきた様な…



ではまた! (・ω・)ノ



スポンサーサイト

| 河川・池の風景 | 19:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

前略、土手の上からw

こんにちは。

test投稿です。スルーして下さい。

六角川
20130929144147106.jpg

201309291447416cc.jpg

パノラマ難しい( ̄▽ ̄)

変だったら正直に教えて下さいw

ではでは。

| 河川・池の風景 | 14:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

800年の歴史「縫ノ池」

80%引越し完了。

一人でやっているのでボチボチきついですw


とりあえず、原付買いましたww

そのまま実家付近の山など走って色々下調べ。


池を探しながらお城で。


130530_124044愛車


車は早めに買う予定ではあります(方向音痴なのでナビ必須)

以前から行っとかないとと思いながら、
ようやく見てきました。

800年の歴史を持つ「縫ノ池」40年ぶりに湧水が復活。


130530_131733スイレン


「放生池」だそうですが、意味は検索をお願いします。

湧水が復活した当初、色んな魚が持ち込まれたのでしょう。
「放生池」ですからね。

で、しばらく見て周りました。

すると、黒い塊が石の隙間から黒煙が吹いた様に
もわぁ~っと出てきました?

なんやろ?

おたまじゃくしの群れ?

推定1センチにも満たない1000匹は軽くいるだろうと思われる

黒い集団・・・


おたまにしては、水底ではなく表面を泳いでる・・・

ナマズ?

にしては目の位置が違うなぁ・・・

数秒後、80センチ級のカムルチーが現れました。

この親の子?ですか?

130530_131856黒い大群②


数秒後、更に集団は大きくなったりします。

130530_132039黒い大群①


目が白く見えるのでなんだか不気味・・・

以前、カムルチーの4センチ前後のソフトボールサイズの金色の塊が、
水中から湧き出てくるのを見た事がありますが、
この集団は、小さすぎてなんなのか分かりません。
(バスケボールサイズの塊)

泳ぎ方からして、カムルチーだろうと思いますが、
もしかして、同じ親のお腹からこんなにも産まれてくるのでしょうかね。

いかにもいそうな感じですよね。

130530_132308縫ノ池

これからは、生まれ故郷の山、川、クリーク等も視野に活動して行きます。

新たな発見と目標を見つけ、故郷の素晴らしさをお伝えできれば幸いです。

今まで住んでいた町も中々素晴らしい町であり、

新しい発見もあり、本当に良い思い出です。

非常になごり惜しいのですが、たまには寄り道したいと思います。

来月初旬には、ピタッと更新が途絶えると思いますが、
ネット環境が整い次第、ビシバシ記事を書いていきますので
その時はどうぞ覗いてやって下さい。
(御用の方は携帯にメール又は、TELをお願い致します)

ではまた。







| 河川・池の風景 | 23:37 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちょろっと ぶらりと・・・

ちょろっとぶらりと、課題探しに行ってきました。
特に何をすると言う訳ではありませんが、
何をすべきか?考える為に・・。

なぁ~んて気取った事を言っちゃっていますが、
ホントの所は、上流域のヨッシーを探しに少しばかり・・・。

あいにく天気がよくないものでモチベーションも下降気味。
黄身練を一応持参していたので30分ほど某河川で釣らせて頂きます。

う~ん、今の時期はこればっかりですね。
小型のカゼトゲやバラタナゴ等は日増しに釣れにくくなっています。


きっかり30分で、約、15匹程釣れましたが、
一番多く釣れたのは、若ヤリのオス達でした。
真ん中のカネヒラは12cmオーバーでしたが、大型はこれのみ。

burari・turi


気を取り直して山を目指し、ヨッシー目指しふらふらと・・。


某河川、中流域から湧き出る天然水路。
年中水深が浅いのか、エビモも短く育っていました。
なにかいるのは分かりましたが、いずれ一気に攻めたいと思います。

ebimo.jpg


キク科の野草でしょうか?よく分かりません・・。

nanikore.jpg


梅仁丹が咲いていました

nanikore・b


上流域。見た目良さそうでしたが、
生息確認できたのは、チビドンコとタカハヤ、カワムツのみ。
気になったのは、エビ類が1匹もいなかった事。
サワガニとヤゴくらい・・。

jyouryuu.jpg


どうもこの河川は良くない!天然っぽさが感じられない!(←贅沢
特に、岩や捨石の材質が。


早々に今日は諦め、帰りにミナミを採集しに、
オグラコウホネ群が見れるポイントへ。

ogurakouhone.jpg


サクサクッと採集して5、6分で引き上げます。

ここは、センニンモや、葉幅の広いエビモやマツモ、カズノゴケ、
クロモ等、水槽レイアウト用の水草がいっぱいでお気に入りの場所。

色んなタナゴや、底物もいるので少年にはオススメです(笑

minaminumaebi.jpg


今日は、ぶらりぶらりとしただけですが、
おかげで今後の目標が少し見えてきました。
やはり、もう少し寒くなるまで・・・突撃じゃぁ~(←結局それか!

本日も、ご訪問いただきまして有難うございました。

本日は、これにて・・・。

| 河川・池の風景 | 19:42 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

多布施川

今日は、嘉瀬川を撮ってみようと思いましたが、
約、10年ぶりの荒れ果てた某小河川に突撃したため、
悪化中の腰痛が響き、嘉瀬川上流部まで行く事は断念。


嘉瀬川下流域。水流は殆どありません。

100826_122039.jpg


砂泥底です。

100826_121536.jpg


一級河川、嘉瀬川水系「多布施川」(たふせがわ)

ぼーっとする為に、ふら~っと訪れます(謎
こんな感じの橋が、小間隔で数本あり、
それぞれに「ほたる橋」や「さくら橋」等といった、
色々な橋の名前があり、その名の由来を知りたいものです。

100826_152304.jpg


ここは、遊泳禁止ですが、飛込み隊が数名。
ルールは守らなければいけないのですが、綺麗な河川を見ると、
泳ぎたいと言う、ごく普通の気持ちも分かります。

今時、泳ぎたくなる様な綺麗な河川を探すのは、
簡単ではないですから・・。

100826_162636.jpg


ちょっと洒落てますが、文字が色落ちしているのが寂しい。

朝陽が昇る頃には、犬の散歩やジョギングをする方も。

100826_163415.jpg


地面には、黒いトンボが沢山いました!

100826_163751.jpg


・・・

100826_163945.jpg


子供連れの主婦の方が水遊びされていました。

100826_164050.jpg


涼しげな・・・。

100826_164154.jpg


ここから、嘉瀬川本流の水が入ってくるようです。

100826_164419.jpg


すぐ上には「さが水ものがたり館」があります。
入館無料で、淡水魚の展示水槽等があり、
綺麗なお姉さま方が笑顔で迎えてくれます!

100826_164534.jpg


石井樋周辺。

100826_164831.jpg


河川巡りもたまには面白い!

そして、この地に生まれて良かった!!

偉大な自然よいつまでも・・・。  


本日も、ご訪問いただき有難うございました。

本日は、これにて・・・。






| 河川・池の風景 | 20:12 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT