川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

危機

いやぁさぼっとりました。

久しぶりに水草探索に行ってまいりました。


鉄板だったポイントは絶滅した模様。

やや離れた上流側に密かに小さな集団。


もうここしかないんじゃなかろうか?

20160823154533730.jpeg


2016082315452788c.jpeg

雑な画像ですが、分かる人には分かる。


いやぁ、マジ雑やわ。

流れのない比較的透明な水質、浅い水路が好みか。

20160823154530c37.jpeg

ヒシモドキ H28.8.23


今度は、海の見える丘周辺で一人寂しく遊びに行きます。

ではまた。(´・_・`)
スポンサーサイト

| 天然水草 | 15:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「センニンモ」水草もややこしい~

雪がちらついていたので、だまって家にいようと思いましたが、
ストック中のオヤニラミの餌がなくなると息子が言うので、

しかたないなぁ~(ニヤッ

すぐ近くに行けば充分なのに、タモとバケツを嫁の車に放り投げ、
わざわざやや遠くへ(爆

特に探し物はないのでサクサクと採集し、
センニンモでも撮ってみます。

何度か水槽に入れましたが・・・消えます。

120209_132327senninmo.jpg


次は、ヤナギモと思われる水草の近くの木杭部分を探ると・・・。

120209_133744kikui.jpg


一度に4匹のゼゼラとドンコ様がお見えになりました!

県内では、3面U字コンクリ護岸が増えてきましたが、
やはり気持ちいいものではないですね。
自宅近くでは、気を抜くと滑って落ちてしまいそうな自然の護岸が多いです。
きっと、生物の多様性に影響しているんでしょうね。

120209_135012zezera・saga


この謎の草(よく見る偽ミズワラビ)の周りには、
オイカワとバラタナゴの幼魚が多い。

120209_152539不明


で、これは、センニンモ(左)とヤナギモ(右)かなと思う水草。

センニンモは、葉の先端部が凸状なので間違いようがないと思いますが、

120209_135239比較


先端部拡大。(左センニンモ・右ヤナギモ?)

ただ気になるのが、ヤナギモは、
葉の縁にギザギザがないと記述してあった様な気配。

120209_135410先端比較

県内は、クリークが多く、色んな水草が流れついてきて、
定着しているのかもしれません。

ではでは。










| 天然水草 | 16:08 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

寒中突撃「的外れの水草」

今日は、若干暖かくなるとの予報・・。
先日、コウガイモと予想していた水草の 確証 を得る為、
ドロドロのクリークに突撃して参りました!

突撃時の必須アイテム!

100均ルーペと、携帯レンズに装着して使用するマクロレンズ(爆
右側は主に、側線有孔鱗、骨質盤、水草の鋸歯等を撮影するのに有効!!

120205_130148必須アイテム


さぁさぁ、雨がちらついてきたので早速突撃開始!

気を抜くと、透明度のない泥底のクリークは、
一瞬にしてハマリます・・一気に深みに嵌り、
顔面泥だらけになったりしますのでご注意を(真似はしないで下さい)

120205_131410突撃前


そして、間髪入れず水草に手を伸ばしました・・・。

ぬぉぉ~!冷たすぎる・・・

我慢して根の部分に手を伸ばし、少しだけ採集させていただきました。


10分後。

ついでに、スジエビB型なるものを狙っていましたが、
ミゾレとヌマエビ属だけで終了。

予定通り、顔面とTシャツは泥だらけでチャリンコで帰宅。

120205_132815突撃後


採集した水草。

120205_132825.jpg


さて、自宅で撮影です。

120205_134719全体


前回は、イマイチ綺麗に鋸歯が写せていなかったのですが
今回はなんとか撮れたかな。

120205_134827葉縁①


葉の下(付根)3センチ程度まで明瞭な鋸歯アリ。

120205_134923葉縁下部


左右に伸びる、茎みたいなものが走出枝なのでしょうか。

120205_140050走出枝全体


拡大してみますが・・・。

120205_140225走出枝拡大

・・・

アレっ!?

ないじゃん、棘みたいなものがあると思っていたのですが

ない!→ アウトぉ~ 


で、気を取り直して入れました。(またかよ~)


120205_142855投入

チクショウ~

さて、この水草は何でしょう(あつかましい)

2012.02.06追加画像 葉の先端部と葉の表面の棘みたいなものを撮影

葉の先端部

120206_194244.jpg


折り曲げて、角度を変えて見れば棘の様なポツポツを確認出来ます。

120206_194627.jpg


こんなトゲトゲ見た事ないし、なんなんコレ!

120206_195924.jpg

残る可能性・・・

オオセキショウモ(外来種)・ヒラモ(まさか)・ネジレモ(ぐはっ



本日も、ご訪問いただきまして有難う御座いました。


本日は、これにて・・・。

追記。2012.02.07
本日、コウガイモの葉の表面に突起がある(天然物)という記述と、
葉の裏側?に突起アリと言う2件の記述確認。

こぺんた博士、是非佐賀へお越しの際は、実物をその眼で!!

また眠れなくなってしまった(爆)諦めの悪いオヤジ!!











| 天然水草 | 17:13 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「コウガイモ」トチカガミ科 セキショウモ属 かも・・・

本日は、公休です。

息子の原チャリに、木柄のタモとバケツを乗っけて
近くのクリークへエビの採集にちょっと出かけました。

採集中、昨年から思っていたのですが、これは何ていう水草なのか?

山間部の上流域や、やや流れがあり、
透明度のある河川でもたまにみる「セキショウモ」とはちょっと違う。

葉丈がかなり短く、葉幅も広い。
上から見てもそれは明らかに分かります。

うぅ~ん、ウェダーを履いてくりゃよかった・・(バカか


120126_104154.jpg


以前、セキショウモを水槽に植えており、
1灯式のライトでもグングン伸びて、手に負えない始末でしたが、
もしかしてこの水草ならいい感じになるかもしんない!!

早速、葉を1枚頂き、ネットで調べてみると、
どうもセキショウモではなく、
「コウガイモ」Vallisneria denseserrulata Makino に似ています。

葉幅、約1センチ弱。

葉の縁全てに鋸歯アリ。

やはりそれだろうか!?


現場にて撮影。

120126_104251.jpg


自宅に戻り、水槽の換水後にマクロで再撮影・・・。

しまった、ライトの上に置きっ放しで 干からびて しまった。

120126_155558.jpg

それだとしたら、佐賀県にはどれ位分布しているのだろう・・・
(調べましたが不発に終わる)

ではでは。(お分かりになる方、是非ご教授を~!!)






| 天然水草 | 16:15 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちょこっと水草探索

今日は、ほとんど曇り空。
ちょうど正午位に目が覚め、空を見上げ_| ̄|○

気温も昨日比マイナス5℃と言うテンションが下がるような本日。
しかぁ~し、行ってきました!ちょこっとだけ・・・。
とりあえず風は強いものの、竿&バケツと、息子のオヤニラミ用のミナミを
採集するためのタモ網だけ持って。


今日の目的は、前回行ったフサモらしき水草が生えていた所で
もう少し欲しくなったので採集する事と、そのポイントで前回は、
短い釣りで終わったのでもうちょっと釣って棲息魚種を確認したかった
からです。しかし、そうは問屋が卸しませんでした・・。

小さなタナゴ達や、チビムツ等は見られますが、連日の雨や強風が
影響したのか、大型のタナゴ達は全く見られません。
よって、フサモと思われる水草を1本だけ頂いて場所を移動する事に。
(ちょっと、手で葉に付いていた泥を落として撮影して見ました)

091115_125348.jpg

ここの淀みにチビ達が沢山泳いでいました。

091115_125659.jpg



続いてのポイントは、マツモや、エビモが繁茂していた所です。
水深が大体年中浅いので採集は簡単ですが、
久しぶりに行くのでどうなっているのやら・・・。

ちょこちょこと寄り道しながら現場に到着。
とりあえず、最初にミナミヌマエビを採集する事にしました。
(これだけびっしりオオカナダモが繁茂しているので楽勝!)

091115_144049.jpg

ある程度採集できたので、ちょっと歩いて魚が見えないか探索です。
うぅ~ん、ちらほらとわずかに魚影がありますが、釣るのは難がありそう・・
寒くて手がかじかんできたのでこのまま帰ろうかと思いましたが、
それでは面白くないので、もう少し探索を続けてようやくちょっと変わった
水草を見つけました!。

ちょっとコケだらけで見にくいと思いますが、「センニンモ」でしょうか?
ちょっと似ているのにエビモがありますが、葉の縁がもうちょっと
くねくねしているので私でもわかります。

091115_145101.jpg

続いて見つけたのは、これ!初めて見る水草です。
最初見た時は、エビモだと思って通り過ぎようとしましたが、
じぃっ~と見ていたら、葉の横幅がエビモよりかなり広く感じ、
これは何か違うぞオイ!-キ(・∀・)タ-

091115_145222.jpg

オオカナダモが大繁茂している中に、ぽつぽつと数本づつ位しか
生えていなかったのですが、なんて言う名の水草でしょう・・?
後でネットで調べて見る事にしよう!


続いてこれは、所謂、ウィローモス?でしょうか。水深、10㎝もない位の
場所の、礫や、捨てられたブロックにびっしり活着していました。

091115_145650.jpg

さぁ、老体にムチを入れて寒い中頑張ってきましたが、
大分、しんどくなってきましたのでそろそろ帰る事に・・・。

帰宅して、ふとバケツの中身を見て、また余計なものを持ち帰っていました。
まるでテナガエビサイズのスジエビ・・。帰る前にミナミを撮影してから
逃がそうと思っていたのに、水草に夢中になりついつい忘れていました。

091115_161725.jpg


そして早速、無茶が大好きな私は、例の水草を速攻で水槽に入れて見ました!
ワォ~ン!(イミフ)なんちゅう葉脈やぁ~・・とろけてまうぅ~レvv~(゚∀゚)─wwヘ

091115_165128.jpg

フサモらしき水草もだんだん成長してきたみたいです。
(ライトは1灯式なのにね・・!)

左端のコケだらけの水草も本日の採集ものです。

091115_165352.jpg

後でネットで調べたのですが、例の水草は、一番近いのは「ササバモ」です。
しかし、ササバモは、葉の表面に葉脈と言うか、細かい網目のような部分が
見られますが、私が採集したものは細かいのはありません。
かと言って、大好きなヒロハノエビモでもないようです。
葉の感じが時期によって違うのでしょうか?謎が増えました・・。

1灯式のライトで、私の水槽の水草達はどこまでもつのか?
(以前採集したエビモは葉が抜け出して消えました)

乞うご期待・・・!(ん!だぁ~れも期待してないって・・やっぱり(・ε・`*) )

今日は、短い時間でしたが小さな発見があり楽しい休日でした。

本日は、これにて・・・。








| 天然水草 | 19:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。