川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オイカワ&ヤリボテ

また行ったのか!

今度は、例の潟に近いクリークです(汗)

引っ越す前にどうしても行きたかったのです。

やや遠いので、バケツと竿だけ持って行きました。チャリンコでw


竿出しして、いきなりオイカワの綺麗なオスが水面ギリでバレます。
やっちまった感で一杯ですが、大型のムツか、オイカワっぽい魚が
スイスイ泳いでいるのを見て気分を切り替えます。

数秒後、一番に釣れたのは意外にもヤリボテでした。

非常に分かりづらいですが、臀鰭の付根にももう一本紅い線があります。
また、臀鰭縁側の赤い婚姻色もアブラボテ同様に先端まで染まらず。

130526_113624ヤリボテ

5月27日(比較画像追加)同所で釣れたヤリタナゴ。

130526_130359ヤリタナゴ


ここからオイカワのメスの猛攻撃にあいますが、
途中、アブラボテやイトモロコが絡んできました。

環境から見て、ムツは、ヌマムツだろうとふんでいましたが、
意外にもカワムツでした。

アブラボテ。

大型個体はボンボン落ちていきます(水中に)
いかに腕が良いかと言う事ですw
今度行く時は、ちゃんとタナゴ針で釣らないと。

130526_114400アブラボテ


カワムツ。

25㎝前後の魚が、ハスではないかと思いましたが、
当然エサには見向きもしません。

130526_133104チビムツ


両腕が こんがり焼けた 頃。
最初の個体ほどグリーンメタリックではありませんが、
この位の小型で婚姻色がやや強めの個体が3匹釣れました。

これより大型の個体も釣れましたが、なぜか色が殆ど出ておらず。

130526_141538オイカワ

針がアレなんで小型のタナゴは釣れませんが充分です。

また、一発目でヤリボテだったので、バラボテ、カゼボテなんか期待しましたが、

残念!

本来、付近はバラタナゴオンリーの多産地であるので
他の天然交雑個体をかなり期待しましたが、
そこまで運はなかった様です。

今日は、一点集中型での釣りでしたが、
辛抱しすぎたかな。

おまけ。

1匹だけ釣れました。

130526_142118フナ属(ギンブナ)



ではでは。
スポンサーサイト

| 天然交雑個体 | 17:34 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「カゼボテ」その後

昨年の9月中旬に釣ったカゼボテ。

飼育1年と2ヶ月が過ぎましたので時期はずれですが、
ちょろっと登場していただきます(笑


こんなに大きくなりました!
背鰭も後方に ダラ~ンと伸び、貫禄があります。

111030_201937kazebote2.jpg


偶然ではなく、マジでイシマキガイに あの行動 をします!
このイシマキガイは、2年前に、5~6個入れた時の最後の1個です。
60センチには1個で充分だと実感しました。

111030_202219kazebote1.jpg


夏季には、もう少し油色とオレンジ色が濃いかったのですが、
今でも充分派手であります!

DSCF4532.jpg


ちょくちょく喧嘩しているような彼らですが、
実際は仲がよく、お互いに傷を付ける程の闘争はないですね。

今日も、餌を他の魚に採られまいと、自分が喰うのを忘れて
せっせと追い払っていましたが、そう言う所がまた可愛い・・。

DSCF4538.jpg


追い星は年中出ております(爆

DSCF4542.jpg

一度も病気する事もなく、すくすく育ってくれました。
これ以上、大型化する気配はない様ですが、
あと3年は、なんとか生かしてやりたいなぁと思っています。

属を超えた天然交雑個体はあまりお目にかかれませんが、
出来ればまたヤリカゼなんかに出逢いたいと・・・(無理でしょうな)

本日も、ご訪問いただき有難う御座いました。

本日は、これにて・・・。









| 天然交雑個体 | 21:18 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2011.11.17 ヤリボテのメス

2011.11.17 某河川、釣りにて。

チビヤリ、カゼトゲ、スゴモロコがバンバン釣れる中、
バケツに移す途中でヤリボテ(メス)だと思いました。

3センチちょい位のサイズで、見極めるのはやや難がありますが、
間違いはないでしょう・・・多分

一番奥の鱗が剥がれている個体がそれ。
手前2個体はヤリタナゴメスです。

111117_144850yaritanago.jpg


手前の個体。
小さいので特徴がはっきり出ていませんが、
背鰭基底部のモッコリ感が(爆

111117_144900違和感


自宅にて(飼育決定)

111117_145122拡大①


誤認したとしてもヤリタナゴorアブラボテのメスになるのですが、
往生際が悪い管理人は、成長するのを確かめてみます(笑

111117_145634拡大②


ではまた。(たまには違うハイブリッド釣りたぁ~い)

| 天然交雑個体 | 20:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2011.07.14 ヤリタナゴとアブラボテの交雑個体(オス)

2011.07.14 某河川、釣りにて。
ヤリタナゴとアブラボテの交雑個体(オス)

ちょっと、いや、かなり分かりづらい・・。
でも、ヤリボテです(またかよ)

20110714yaribote.jpg

| 天然交雑個体 | 19:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2011.04.02 ヤリタナゴとアブラボテの交雑個体(オス)

2011.04.02 某河川、釣りにて。
ヤリタナゴとアブラボテの交雑個体(オス)

ヤリタナゴ、アブラボテとの中間くらいの中途半端な体色。
丸みもないが、ヤリタナゴの様にスリムで尖った感のない体高。

ヤリボテ決定!!

2011・04・02yaribote


アブラボテと間違えそうですが、背鰭が角ばりすぎる。(ヤリタナゴの特徴)
鰓蓋後方の暗色斑はアブラボテそのもの。

110402_113216yariboteosu.jpg

| 天然交雑個体 | 19:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。