川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

定例エビ調査

通院後、久しぶりにエビの調査。

カワヨシにイサザアミを与えたいのも理由のひとつ。


仕事帰りにも立ち寄れる様に一通り常備ですw



20150203172720465.jpg


昨年度よりは採れてる。
水草や抽水植物が枯れ、菱さえもない。
大型個体は採れずも数はまあまあかな。

20150203172721fef.jpg


このイサザアミが、ヨッシーやカワバタの大好物。

201502031727224ca.jpg


底にタモを伸ばすと…

201502031727238e6.jpg

シロウオ漁が始まった様ですね。

幻になりつつあるイトヨが遡上してこないかなぁ。

なんて夢を見つつ、明日も仕事頑張りますかね!


ではでは!( ´ ▽ ` )ノ

スポンサーサイト

| 淡水エビ | 17:45 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

300分の4

妹の車で、雨降りそうなのに…

いや、降ってきましたが。かなり…


20140621174222222.jpg

20140621174223bc0.jpg


一時期増えたはず。
少し前からまた減った?

1時間で300分の4…

抱卵個体のみ確認する。

2014062117422373f.jpg

雨は必要ですが、嫌いです。
なんか遺伝子が覚醒しないと云うかw

ではでは (ー ー;)

| 淡水エビ | 17:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

外来種拡散中か?

昨日、隣県までぶらり。

目的は、ヌマエビ属、某河川の生息魚、
その他のエビ等。

どこも水位が低めで、稲刈後の水田周りでは、
除草剤っぽいのを散布中…

構わずタモ入れしました。

結果は、変わったものは見つからず、
地元の水路へ移動。

一時期、オオフサモに飲み込まれそうでしたが、
やや、小さな集団となって下流に拡大中。

20131029223645b2c.jpg


で、恐らく、重機ごと河川に入り川底が
むき出しになっている辺りから突撃!

あぁ、見たくなかった、
とうとうここでもこやつが爆殖か?

上2匹、偽物。

額角がノコギリみたいでエグイと言うか。

一方、下2匹は、やや細く、尖った印象。

201310292236474ab.jpg

しれぇ〜っとスジエビに混じってますから
判んないですよね、普通は。

これで県内では、
嘉瀬川水系、筑後川水系で確認となる。

あぁ、こわいこわいw

ではでは。

| 淡水エビ | 22:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

白いカワリヌマエビ属

先日の夕方、活きエサを捕りに行った時の事です。
たいした事ではありませんが、一応記録に残しておきたいと思います。

今までたま~に1~2個体ほど混じっていましたが、
今回は一網で数個体まとまって捕れたので原因はなんなのかと?


今年は多すぎます。
ネット上でも度々取り上げられ、白い体色の原因も様々な様ですが、
どうもバクテリアがその要因である説が多い様です。
はっきりとした確証はない様ですが・・・。

130403_163220白いカワリヌマエビ属一撃


以前は、病気か、農薬などの影響で後天的なものだろうと思い、
あまり深く考えていなかったのですが、
こうまとまって全く同じポイントで捕れるとなるとちょっと。

と言う事で、気が早い私は早速自宅で撮影。


歩脚まで浸透しています。

130403_183031歩脚まで



触角柄部まで白いですね。

130403_183247触角柄部まで


半分ほどお持ち帰りしましたww

130403_183937集合


当然です。水槽投入(悪い菌だったらちょっと怖いけど)
携帯のフラッシュが反射してやけに白いですが(汗)

130403_190812水槽


と言う事で、いかに私が退屈でしょうがない時間を有意義に過ごしているか

お分かりですよね

ではでは。





| 淡水エビ | 22:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

外来種の可能性

どうもです。

最近夢中のスジエビの情報を収集中に、
とある内容に、暇すぎて 熱心さゆえのアンテナが反応!!

うっ!まさか、その線があったのか・・・
これはあそこのスジエビではないだろうか?

非常に気がかりな情報が目に飛び込んできたのです。
(つい先程)
それはまずこちら静岡県浜松市「リンク」のニュースでした。

似ている・・・記憶と手持ちの画像を見比べてもクリソツ!
(前回記事Dタイプの画像個体)

更に検索・・→「pdfファイル」胸の横縞の間隔がかなり似ている・・・
(商品名シラサエビ)爆

更に更に熱心に暇だからしつこ~く「Palaemonetes sinensis」で
検索→「海外サイト」かなり下に画像が出ます。

似すぎている・・・

未公開画像(公開してるやないか~い)
↓↓↓↓↓
その①
120830_121345aスジ・ヒゲ白い

その②
同所にて。
120830_121441スジエビ額角・a

その③
良く見るタイプと同所にて採集。
恐らく怪しいタイプの抱卵個体。

卵の大きさがイマイチ不鮮明(猛省)
120830_150044H町スジメス・額角湾曲なし


胸の横縞の幅の間隔といい、胴の付根(くびれ)の細さといい・・・

上のpdfファイルによれば、額角の先端付近には棘がない・・・

合致してますかね?

更に気になる「カワリヌマエビ属」の画像・・・
「Neocaridina denticulata denticulata 」

自宅付近の同属に額角の盛り上がりなんかそっくりですが・・・



このファイルには勉強になる事が多々記されています。

我が県にもこんな危機的状況があるのでしょうか。

おおありでしょうね、きっと。

来年の繁殖期に卵の大きさ等を徹底的に探ってみます。


と言うお話でした。


ではまた。

| 淡水エビ | 23:01 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。