川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

タガメその後

虎模様から、

2014080523535729c.jpg



20140805235358ac8.jpg



20140805235400f78.jpg



20140805235403282.jpg



20140805235401891.jpg


出来上がり〜‼︎


スポンサーサイト

| 水生昆虫 | 00:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雨の突撃隊

予報通り降りましたw

九州イケイケ突撃隊!

無茶しますよ〜


成虫は、こぺんたさんが採れたのみ。

やっぱ、もってます!この青年w


以下、間違いの可能性アリ…


コシマゲンゴロウ。

池より、水溜りや水田に多く確認。

20140707194256e07.jpg


左側は、ガムシの幼虫?

水田を徘徊しています。

20140707194243e8c.jpg


目標の一つ、シマゲンゴロウ。
いつ見ても美しい‼︎

地元の水田で見れるのは、
せいぜいハイイロゲンゴロウ位。
今では滅多に拝める事がないであろう
圧倒的なその水田の光景に感動!

池、水田共に同率で確認。

201407071942398d6.jpg


ウスバキトンボ⁇
湿原でよく見かけるキイトトンボ等もいる。

201407071942495b8.jpg


成虫は、今回未確認。

共食い中のナミゲンの幼虫と、
なんかの幼虫。

2014070719423650e.jpg


そして、これも目標だったタガメの幼虫。

先ほども書きましたが、またしても
もってかれましたw

これは、数個体確認できました。
水田では発見出来ず。

贅沢かなぁ。

20140707200028432.jpg


はい、県内手配中のミズスマシ類。

池ではない所の水面上も、2、3匹の群れで
円を描く、又は、蛇行する様に泳いでました。

発見時、水面上で白い体色にみえましたが、
撮影時に身体の光沢感が原因だと分かりました。

また、光沢感がない個体、
金色を帯びた個体、灰色な個体がおり、
ひょっとしたら別物か?なんて。

いや〜、逢えてよかった!

20140707200027a10.jpg


上部。

20140707200029e27.jpg


実は、ヨツメを見てみたかったんです。
上の目と下の目を!

スマホでは無理でしたが…

裏側。
な、なんとか…
見えませんかねw

20140707200030acf.jpg


随分ミズスマシは見てなかったんで、
マジ嬉しい‼︎


ケシゲンゴロウかなぁ?
これに似た様なチビゲンゴロウもいましたね。

20140707200029095.jpg


その他、水田には何かのゲンゴロウの幼虫、
タイコウチ、タカハヤ、ハイイロゲンゴロウ、
近くにミズカマキリ等など。

素晴らしいじゃないですか!

あと、人がマムシを襲い、
命がけで逃げきったマムシ君の巻という、
あまりお目にかかれない光景も見られ、
楽しい一日を過ごした九州イケイケ突撃隊‼︎

CB御殿さん、こぺんたさん、
大変お疲れ様でした!

またいつか集合かけますよ‼︎

覚悟しておいてくださいませww


ではまた (^^)/~~~





| 水生昆虫 | 20:25 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三面コンクリ水路「実家周辺」感激編

どもです。


相変わらず、味気の無い物ばかり喰ってますw


今日は、ヨシノボリの餌用に、
赤く長いヒゲのアミ?みたいなエビ採取に
家の前でタモを振るっていたのですが、
全く採れず、土手の上をチャリでぶらぶら。


20131021181604cd0.jpg


夏季にエビモが水路を覆いつくしていた
三面コンクリ水路にちょいとタモを入れてみました。

20131021181607172.jpg


現在は、エビモが全くありません。
アオミドロと、マコモ?くらいです。

以前は、大量のメダカ、カワリヌマエビ属、
トウヨシ、赤いカニw等が見られました。
さて、今回は…


泥煙をたてていた所にこやつ!
臭ガメなんだろうな…

201310211824536b4.jpg


201310211816141f4.jpg


夏季と同じく、メダカ、カワリヌマエビ属、
赤いカニ等が多く見られます。

で、左方向に向かって探るのを止め、
逆方向へ畦を歩きながらタモを入れます。

すると、意外にも町内では随分見なかった
ハイイロゲンゴロウが多く入ってきました。

農薬バリバリなのにいるんだなぁ…

ただ、不思議な事に最初の左方向には
一匹も見られませんでした。
アオミドロや、マコモがほとんど無い
日陰になる部分で見られるばかり?

そして、まさかアレはいないだろうな、
と、わずかな期待が脳裏をよぎり、
その数分後…

びっくりしました!
まさかのまさか、こんな汚いドロドロの水路、
しかも、コンクリ三面なのに…

私自身、町内初確認ですw

腹が最初は肌色に見えてたはずですが、
後から見ると赤褐色かな?

20131021181615ef6.jpg


コガタノゲンゴロウであっているでしょうか?

2013102119371429b.jpg


ハイイロと。

全長2.6cm

2013102119371507a.jpg


で、以前、ため池で採れたコシマゲンゴロウかな?
と思ったコレ!

よく見ると、ヒメゲンゴロウか、
ウスイロシマゲンゴロウかな?

20131021193928a5b.jpg

20131021193928e3a.jpg

20131021193929761.jpg

どちらでしょう?

コガタノと、ウスイロ?がいた所。

201310212122356fd.jpg


このチビは、平野部でよく見ますが、
未だ名前は分かりませんw

20131021204624d74.jpg


おまけ。
フナではなくコイでした。

20131021204635f5d.jpg


撮影ケースは、いただき物、
丁度いいサイズでした!

2013102120463043d.jpg

本日の採集結果

メダカ、モツゴ、ギンブナ、コイ、
トウヨシ、ナマズ、クサガメ、
カワリヌマエビ属、不明ヤゴw
ハイイロゲンゴロウ、不明ゲンゴロウw
多分、コガタノゲンゴロウww

幅、約70cm、コンクリ三面ドロドロ水路。
まさか実家付近で会えるなんて。

素晴らしいじゃないですか!(またかよ)

ではまた。

| 水生昆虫 | 18:08 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初めての日光浴

飼育後、の日光浴をさせました(爆

ゲン太とタガメ。

20センチと15センチの小型プラケで飼育観察という、
彼らにとって 拷問か! と思える様な飼育環境・・・(汗)

換水はエサ捕食完了後、水道水じゃぶじゃぶです。

ただ、情報では、日光浴なるものをさせないといけないらしい・・・


考えました。

割り箸を立てる・・登らない アウト!

流木・・・小さいのがない・・・あうと

発砲スチロールを浮かべる・・腹側が乾かない・・アウト~

で、なんとか屋外で一回くらい日光浴をと水を抜いてほったらかし~


今日は、温かかったのですぐに乾きました!

まぁ、こんくらいしたからといって、効果はないでしょうねヾ(--;)オイオイ

彼を飼育するかどうか迷いましたが、
一回はしてみたいと思い連れ去りました。

121213_145904タガメ・日光浴中


エサは、主にモツゴ(5センチ以下)

5センチを超えるサイズの魚は中々捕食しません・・・。
10日位経て、ようやく食べる時が多いです。
最高で2週間程何も食べませんでしたが、
最近は、エサのサイズに気を使える様になり2日に1匹捕食します。
(あくまでも私の飼育時の内容です)

サイズは6cm、これはオスですかね?
亜生殖板とやらに凹みが無い様に見えます。

121213_152353亜生殖板


30分位経過・・・

冬に日光浴なんてさせんなよ~そう言ってるかもしれません。

121213_152951完了


ゲンちゃん。

脚の付根に少しミズカビが見られましたが、
これといって生命の危険はないようです。

エサは、2日に1回煮干無塩高級品(爆)と、たまにスジエビや、
タガメの残したモツゴ等など。
スジエビは、殻は食べきれないようで、中身だけ食べています。

121213_153625ゲン・飛びそう


このまま来年の夏をしのいでくれればいいのですが・・・

因みにこの画像の撮影中に「ブーン」と音を出していましたが、
もしかして、 こきましたか(笑)

どうも県内では、コガタノゲンが増えてきているらしい・・・

これは非常に良い事!!

私が今年見た幼虫は一体なんの幼虫だったのか???

来年のお楽しみと言う事で・・・。


ちぃ吸うたろかぁ~

121213_155955複眼


来年は我が県でも見れるか!


ではまた。

| 水生昆虫 | 16:27 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

密林の聖地へ

獣道を獣を避けながら、九州イケイケ探索隊 は行ってきました!

さぁ、今日はなんだかいけそうな予感・・・あくまで予感

タモにタガメとゲンが入るのを想像しながらスタート!

わずか数分・・・その筋 のプロは速かった!

タガメ・・・(もうかよ

タガメ・・・(またかよ

ナミゲン・・(マジかよ

ナミ・・

タガ・・・(うううううっ


そろそろ私の番だろうとタモを覗いてはガムシ

ガムシ、ガムシ、クロ、クロ・・・ああああああ

そして3分も経たないうちにタモが針金かなんかに引っかかり

まさかまさかの真っ二つに・・・ここで終了・・なんて諦めるわけがない。

無理やり結んだのでかなりタモの深さが浅くなりましたが続行。


ようやく違うものが入る。

うおおおおおお!・・・


それは初めて採集する タガメ

120909_064530タガメ

でかい・・・でかいぞ!なんじゃこりゃ??

まるでカブトムシサイズ!!

タガメ凄すぎるわ!と言おうか、ワイルドすぎる・・・


あっと言う間にタモをよじ登り下へ落ちて逃げて行く・・

逃がすか~・・・すぐに帰すからバケツでお待ちを。

あんなに簡単に誰かさんは獲れているのに私は・・・(汗


そう言えば、以前ネットで見た美しいあのシマゲンゴロウはいるのか?


シマが多いな~プロは言いました。

私もせめてシマだけは・・・(ううう!悔しい~



数分後、血豆が潰れた頃にシマゲンとご対面(ニヤッ

120909_064613シマゲンゴロウ・オス


これは美しいぞ!!!シマゲン美しい!!

一発で惚れてしまいました。

周りからは相変わらず色んなゲンゴロウの名前が飛び交っています。

さっきから「マルガタ」の連発が聞こえ、どんな模様か確認し、
ようやく見る事ができました。

個体数は少ない様でした。

120909_081655マルガタゲンゴロウ・メス


さらに砕けそうな腰を抑え、でかいゲンを目指していると

おお?これか・・・と思ったら コガタノゲンゴロウ


おしい~、おしいぞ・・・

120909_081711コガタノゲンゴロウ・メス

結局、ここでは私一人だけ、そう私一人だけナミゲンは見れず(涙

今日はこれまでか・・・

タガメとシマゲンを見れたので充分だと自分に言い聞かせ、

魂を置いたまま途中に寄り道。

ここでもお二方は威勢良く頑張っておられます。

プロは言いました。 

浮いた・・・ナミゲン浮いた!

しかし、届きそうにないんですよね~

私は何もせず見ていましたが、

帰る前に、最後だけ、一回だけと周りに告げ、

そう一回だけタモを振ってみました。


げぇ~

なんと、ここで入っちゃいました!!


さっきは何百回とタモを使ったのに

ここではたった一回ぽっきり・・・

そんなもんなんでしょうね。


どうにか逢う事ができました(笑


120909_タガメ.オス・ゲン・オス


寄り道。

久しぶりに見るとまた飼育したくなります。

120909_165654アリアケギバチ


湧水のヤマトシマドジョウ種群のメス。

120909_143614ヤマトシマドジョウ種群・メス


続いて、私は誰でしょう?

この水系は、確かアリアケスジシマドジョウと、
ヤマトシマドジョウ種群が生息しているはず。

残念ながら、この個体はメスなので良く分かりません。
たまにこんな個体がいるんですよね~

顔がヤマトで尾鰭付根の黒色斑はアリシマ風。

変わった所は尾鰭の横縞模様。

何個体か採集出来ればなんとかなったかもしれません。

お手上げです、はい。

120909_165930ヤマトシマドジョウ種群?メス

当日、オールナイトで運転して下さったCB御殿さん有難う御座いました。

めっちゃきつかっただろうと思います。

そして、まさかの池に潜水しようとした少年A君やばいよ~

今度はあっしの車であっしが運転してまた行きましょう!

その前に地元で見つけるはず(甘い

ではでは。

あっ、おまけ(盗撮)事後報告(爆

ちなみに少年Aは、水さえあればどんな所でも潜ります

無題



















| 水生昆虫 | 22:42 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT