川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

謎多き?「イドミミズハゼの一種」

数日前、某干潟に行ってきました。
兄貴同伴です。

今回に限っては、同伴者が多い程確率が上がるんです。
て言うか、ひたすら同じ事するのがつらいw

礫やら空殻やらひたすらひっくり返します。
必ずいると思い込んで。

最初のポイントは、以前一度訪れています。
そう、あなたとです(誰じゃ〜)

ミミズハゼ属の一種としときましょう。
たいがいこんな体色で見つかりますね。

20140519224947777.jpg


同ポイント。
こんな体色の個体もいます。
上の個体と眼、顔が違う?しまった!同定不能画像

20140519224949fcd.jpg


アシシロハゼ、多いです。
潮は、完全に引いてます。
ミミズハゼ属と同じ感じで潜んでます。

20140519224952a17.jpg


気の毒な事をしてすいません。
一緒にアシシロハゼがいたので護ってたんかな?
発眼していました、速やかに戻します。

20140519224948d2e.jpg


この辺りのテッポウエビは、
バケツの中の個体の様な色しか見ないなぁ。

201405192249514eb.jpg


そろそろ突撃タイムに入ろうかと思った矢先!
目標の魚がひっそりと現れました…


なんとも不思議な体色。

20140519232132ec4.jpg


なんて言うか、みかんゼリーみたいな色!
記憶では、ピンク色だったのになぁ。
でも、あの時よりかなり小型。

底と、山側から湧き水?

201405192321340ae.jpg


ついでにバラすと、見つけた瞬間の画像をばと、
いつものクセが先走り、撮影後に潜られましたw
たまにあります、撮るのが先か!獲るのが先か!
ありえないw

数分後、兄貴がおったおったと雄叫び!
が、一瞬、ゴカイと勘違いした隙に逃走w
先程、撮影時に現物を見てるので信じましょう。
いいんです、いるのが分かれば、
と言い聞かせて似た様な所へ再び!


先程のポイントとは微妙に違う干潟。
似ている環境もあるので時間の限り粘りました。

既に、右手指先は血だらけ。
それなりの準備を怠った結果です。

でも、運が良いのか意外な魚と出会えました。

かなり久しぶり。

シロチチブでしょう。
縦縞がとぎれとぎれなんで分かります。
背側の模様も複雑ですね。

20140520180243e46.jpg


アサリ採りついでに船で行かないと
無理っぽいと思ってましたので、
まさかタモで潮溜りで獲れるとは。

右側のはシモフリ?
アカオビシマハゼも獲れたかもしれません。

20140520180244295.jpg


ウロハゼ?まだまだ未熟者です。
ワカリマセンw

20140520180245f00.jpg


その他、アベハゼ、アシシロハゼ、トビハゼ、
もしかしたら、マサゴハゼ(←個体数は少ない?)

潮の引き際に。
コブシガニ科?

20140520180248d64.jpg


先程のポイントとは若干雰囲気が違うので、
いる確率は低いかなと思ってたのですが、
いつものミミズハゼ属がポンポン出てくるので
期待して腰を据えて探していると。

運は残っていたようです!

今度は、獲るのが先ですよね‼︎

20140519232134326.jpg

2014051923213523a.jpg


こんな時、せいぜいコンデジがあれば…

2014051923213788e.jpg


尾筒周りが細い。
いつものミミズハゼ属は、太いですよね。

20140523192942adb.jpg

イドミミズハゼに会えたのはラッキーでした。
そして、シロチチブが簡単に見れる環境が
また素晴らしいじゃないですか‼︎

当日の結果。

アシシロハゼ21、アベハゼ 6、
ウロハゼ?3、トビハゼ 6
シモフリシマハゼorアカオビシマハゼ?
イドミミズハゼの一種 3(2個体逃走)
シロチチブ13、ユビナガスジエビ3、
ウシエビ?1コブシガニ科?1
ミミズハゼ属 約100、以上。

数日後w、どうにも大型個体を見たくて
お初のポイントも突撃探索!

まぁ、惨敗しましたが、いないとは
思ってません。諦め悪いですがw

一応、出てるのは、淡水だと思います。

前回までとは雰囲気がまったく違う、
ヤベガワモチとか出てきそうな雰囲気。
礫はありません。なんか石材?

20140523192945625.jpg


タモ入れ。

ウロハゼ。大きいから分かりますw

20140523192944838.jpg


湧き水周辺を徹底して探します!

いるのはいましたが、随分顔デカイオス?

201405231929461ea.jpg


胸鰭の遊離軟条が分かります。

20140523192948ded.jpg


その他。
ヌマチチブかな?

20140523200231669.jpg


ここでもアシシロハゼ。

20140523201935e84.jpg


この日の結果。タモ 2時間

シマヨシノボリ 2、タカハヤ 2、カワムツ 多産
ミミズハゼ属 6、アシシロハゼ 4、
ウロハゼ 3、アベハゼ 11、
イシマキガイ多産 シマヘビ 2w

イドミミズハゼ、個体数は少ないとか、
多いとかは不明でしょう。
今回見れた個体達は、3センチ位でしょうか。
いつものミミズハゼ属のチビ達が、1センチ位
産卵期が違うのでしょうか。

今度行っても会える自信はありません。
が、また会えたらいいなぁ…

また近いうちに行きますw

ではまた!(^^)/~~~
スポンサーサイト

| 有明海の生物 | 20:27 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

潟に寄り道

有り難くない法律により、フラフラの数日間でした。
いろんな障害がありましたが、早く帰れたので
久しぶりに寄り道。

ゴロウも闘争し、アレも活動していました。

2個やら4個やら7個やら、それ以上やら
色々いる。同じ模様も無く、微妙に違う。

捕まえても、すぐ飛んでってしまう。

20140401180308a21.jpg

201404011803094d3.jpg

20140401180311d6b.jpg

20140401180312b47.jpg

201404011803144b6.jpg

20140401181211d99.jpg

20140401181213e22.jpg


今月は、ゆっくり休めるかなぁ…

ではまた ( ´ ▽ ` )ノ

| 有明海の生物 | 18:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

その後の干潟へ

ちょいと暇だった(暇だらけ)のでチャリンコでせっせと・・・

干潮まで約、4時間ちょい。

途中のこの辺は、水面から飛び出ているオニビシや、

赤く染まり始めたヒシが見られ始めました。

121004_115644hishi.jpg


そして、いつもの指定席で、しばらくぼ~っと

必死に潮から逃げるトビハゼを眺めていました。

例の漂着物は殆どありません。

異臭もなく、干潟表面にはトビハゼやムツゴロウが元気に跳ねております。

121004_132745干潟


本来の目的は、タガメのエサの確保で、

それはいつでも出来るのでちょっとばかり遊ばせていただきます。

以前、南部の河口干潟で見たマメコブシガニとは違う気がします。

腹部のなんて言うか、メスで言えば卵を抱える所の幅が広いですね。


121004_135012コブシガニ科腹部


ただ、甲羅の表面にはつぶつぶが見えたりしますが・・・

と言う事で、マメコブシガニ科の1種で逃げます。

121004_135038コブシガニ科


オサガニ系のカニも色々いたみたいですが、

このカニが気になったので・・・

アリアケモドキで合っているでしょうか?

121004_135744アリアケモドキ


このお魚に用はなかったのですが、エビを探しているといやでも入ります。

いつ見てもきれいですねぇ~!!。

121004_152425ゴロウ


タビラクチがいそうな穴を探しますが、全然見当たらず、

出てくるのは、ほとんどトビハゼ。

この辺にはいないのでしょう・・・きっと。

で、シモフリ(多分)やら、アベハゼがやたら多い中、

ちょっと多きなお魚!


ハゼクチでしょう。目が離れている~!(約15cm)

121004_154817ハゼクチ上


尾鰭にも縞模様が見当たりませんね。

121004_154948ハゼクチ横


今日も随分シモフリに騙されましたが、

途中、1匹だけ怪しいハゼをGETするも脱走されるパターン(汗


ぼちぼち干潮ですが、ここでギブアップ。

121004_160951干潮


採集したエビ達を途中で撮影していましたが、

泥水で全く使い物にならず、自宅で再撮影。


シラタエビ。

特に珍しくはないのですが、繁殖期には、

綺麗な青いスポットが見れるそうです。(ヒゲは青かった)

額角の形状を見るだけでこのエビだと分かる特徴ですね。
(後に、ゲンゴロウが速攻で食べる)

121004_173756シラタエビ


ヨシエビ。(だと思います)

これも、額角の形状で分かります。

浅い所では大きな個体は見れないのかな。

121004_173909ヨシエビ額角


この辺では、初めて見るエビでした。

獲れた瞬間は、スジエビモドキだと思っていましたが、

額角の形状と、腰等にもスジがなかったので、

ユビナガスジエビだと思われます。(全ての個体でスジは無し)

前回の、玄界灘側のは間違いなくスジエビモドキです。

ユビナガの額角上部の形状は、ほぼ真っ直ぐで、

スジエビモドキは、やや上部に反り返っていますね。

胸の模様はこちらが薄いですが、クリソツなので間違えやすいですね。

121004_175328ユビナガスジエビ額角

その他、ウロハゼ(タガメのおなかへ)いつものアベハゼ。

あと一月ほどで海の紅葉が見れそうです。

その時また来ようと思います。


ではでは。















| 有明海の生物 | 22:03 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大雨の後の干潟

昨日、久しぶりに見る晴れ間に誘われ、

ふらふらと潟へ。


120715_120024漂流ゴミ1


左右、端から端までこんな感じになっていました。

この後どうなるんだろう?

沖合いまでこの漂流物は絨毯の様に敷き詰められています。

普段より、かなりガタ土が溢れて、歩きにくい・・・。


長靴でタモ網引きずりながら歩いていると、野鳥観察のお方と遭遇。

以前、天皇陛下が来佐された時も同じ様な光景だったとか。

その時は、なんと人力で全て回収されたそうです(凄い)


今日は、違う目的 で来ております(汗

河川では、氾濫の後は何かしら変化があったりします。

で、遠くへ行けないので、なぜか潟へ(笑


何が変わったかと言えば、とりあえず、
産卵期のアベハゼが憎たらしいくらい淡水部に(謎)

それと、センベイが異常発生・・・。

これって普通なのか?

前回までは見つけるのに四苦八苦だったはず・・・。

潮水が結構残っていたので、たまらず逃げるの図か?
こんな感じで避難?中の個体が多い。

120715_123147センベイ2


おまけ。
エビ採集中にスジエビ、ヌマエビ属の中に紛れ込む微妙なエビ。

額角上の赤い↓の部分の盛り上がりが若干低い・・
でも、シラタエビではないでしょうかね?
気になるのは白い↓の部分に1本の棘がある事。

120715_164531シラタ1


大きい個体はキレイに盛り上がっているんですが、
この個体は1センチ位だったので難しい・・・。
(この個体は既に☆になっております)

胸の赤いラインもシラタに似ているので当たりかな。

120715_164622シラタ2

さぁ、収穫はありませんでした。

でも、本当にあのゴミは気になるなぁ・・・。

ムツ掛け大丈夫だろうか?


ああ、玄海側へ行きたい


ではまた。







| 有明海の生物 | 11:33 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

空振り

久々に良い天気でした。

知人のT・Oさんが、どうしても干潟に行きたいというので
仕方なく某河川と潮水辺りで遊んできました(笑

またしても干潟ですが、淡水域にも一応行きました。(増水で断念)


本日一番の目的、シロチチブ。

ちょっと難しい状況でして、何度か生で見た事はありますが、
採集方法が違うのでタモでは厳しいかなぁ・・・。

で、その前に干潮時間が18時・・・あああ


ここにはやはりいますねぇ~。

120708_112902シロチチブ


因みにこの2種は、どうも自宅付近からのエリアで採集している様子。

120708_113411ショウキハゼ


干潮時間まで時間が有り余っているので、
いずれアリギバを確認しようと思っている河川へ下見に。

120708_130054GJ


ここは、川遊びに良い環境です。

流れはややきつめですが、自然の川を実感するのはいいと思います。
色々魚も泳いでいました。

最近は、「魚釣り禁止」とか「魚を採ってはいけません」、

「川で遊んではいけません」・・私から言わせれば余計なお世話

いい看板でした。グッジョブ!!

120708_130156ゾーン


まだまだ時間が早いのですが、待ちきれず某河口へ。

ウミニナとか、そういうのですかね。

120708_135952巻貝類


こういう環境には、この魚が必ずいますね。

120708_140153ミミズハゼ類


タイラギの殻?

120708_141832殻


今日は、長靴だけで遊んでいますが、
そろそろ我慢できなくなってきました。

この貝、イシマキガイに似ていますが、
色がカラフルでちょっと違う気がします、うん多分・・。
縞々模様が入るのもいましたね。

120708_141944アマガイ?


我慢できず素手で探っている最中に怪しいポイント。

120708_143338怪しい


この子達が結構簡単に獲れます。小さなネットで。

120708_150108トビハゼ


おまけ。

この辺りでようやく泥干潟が出現・・時間がない!

120708_153612クラゲ


マメコブシガニ?

120708_153845かに


で、潮溜まりに大量に発生していたアベハゼと、
いつも騙されるシモフリシマハゼ・・・あああ無念(汗
カキ殻の中には、色んなカニと巻貝類ばかりで、
その内出てくるんじゃないかと思いましたが残念。

120708_180116またしても

こうなれば、船出するか!!

いやいや、やはり採集しやすいポイントを探さねば。

まだまだ続きそうな気配。

今日も、手のひら出血だらけの雑な探索で終了。


ここにもいると思うんですけどねぇ・・・。

終わりそうで終わらない干潟の旅。


ではでは。(またここ行くぞ!)






















| 有明海の生物 | 22:03 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。