川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

樫原湿原のトンボとハゼ釣り

本日、予想外の天気。
朝早くから、湿原にトンボ目当てで出かけてみました。

尚、本日はアシスタントカメラマンとして、
誰かさんがどうしても同行したいと仰るので、
デジカメをお持ちということもあり、命の保障はありませんが(爆
一人より二人ということで山道をかっ飛ばして行ってきました。


100701_103936.jpg

私のお目当ては「サギソウ」でしたが、あいにくまだ早いのか、
今回も見ることはありませんでした。
ただ、湿原には、数々のカラフルなトンボが飛び回っており、
これはいい写真がとれると思い、パシャパシャと撮ってみました。


勿論、名前は殆ど知りません。

携帯にしては、うまく撮れたかな。

100701_104416.jpg


涼しげな水色のトンボ。

100701_111236.jpg


ここから下のファイル名「DSCN.jpg」は、同行の方が撮影。

DSCN0049.jpg


この黄色いトンボですが、実物は、まだまだ綺麗なまっ黄色でした。
又、とにかくじっとしていてくれないんです、このトンボだけ・・・


これは、交尾前の行動でしょうか?

DSCN0074.jpg


ただ、さすがにラブラブな最中はこの通り・・。
しかも、ハート型に・・凄い光景!
誰かさんは、釘付けになって撮っておられました(爆

お楽しみのところをすいません。

DSCN0061.jpg


ハッチョウトンボだと思います。
かなり小型で2センチ位だったと思います。

DSCN0063.jpg


これは、私が撮影したのですが、なんだろう?
水生昆虫である事は間違いないのですが・・・。

DSCN0083.jpg


今回は、トンボメインで撮ってみましたが、
狭い湿原の中に、いろんな種類のトンボが見られ、
ちょっとビックリしてしまいました。
トンボ好きの方にはオススメですね!

さてさて、まだ時間があるのでちょっと帰り道に
例の汽水域で釣りでもして帰ろうと寄り道する事に・・。


今日は、かなり浅くなっています。引き潮の時間帯でしょう。
前回と違ってクサフグの姿はなく、ボラかなんかの幼魚が
見られます。

ここでは、同席の方も釣りをしたいと仰るので、
二人して釣りを開始しました。

結果がこれです。

同行の方が釣った魚。デジカメ撮影。

DSCN0039.jpg


やっぱ、携帯で撮るのとは、ちと違うなぁ・・。

DSCN0045.jpg


ここから私です。「携帯で撮影」

アシシロハゼ。

100701_145836.jpg


アシシロハゼと言いたい所ですが、
マハゼだと思います(言っちゃった)

100701_163706.jpg


珍しく今回は、アベハゼも釣れました。

100701_164221.jpg


ゴクラクハゼ、大・中・小

100701_164610.jpg


うぅ~ん、難問だぁ。
眼球の上部が赤い色が特徴のボラ類。
メナダか?

100701_164803.jpg


成熟したオスの第一背鰭の一部が、
糸状に伸長したアシシロハゼのオス個体。
又、アシシロ特有の、体側に白い横縞のライン。

100701_165336.jpg

と、今日はこんな感じの一日でしたが、
そろそろタナゴを釣りたいなぁと・・・。

何を釣るか?バラか!カワバタか!
ヨシノボリも釣ってみたいなぁ~。

本日も、最後までお付き合い頂き有難うございました。

本日は、これにて・・・。

スポンサーサイト

| 樫原湿原 | 00:45 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

樫原湿原

今日は、10年以上ぶりに再訪問してきました。

日本の「重要湿地500」に指定されている「樫原湿原」
昭和51年3月、佐賀県自然環境特別保全地域に指定。

北部九州においては規模の大きい湿原に入り、
湿原植物は約、60種類が自生しているそうです。

訪問の目的は、「サギソウ」というラン科の多年草を見るためで、
その植物の花は、その名の通り「シラサギ」が羽を広げて
飛んでいるかの様な花を咲かせます。しかし、
訪れるのが早過ぎて見る事は出来ませんでした。

案内通りに20キロ先に・・・って、おい!
点が抜けてるやろ!

100424_124542.jpg


ほどなく到着。

100424_124946.jpg


綺麗に整備された駐車場に車を止めて、何やら案内所風の所で。

100424_130009.jpg


近くでは、ワラビやゼンマイを採集されていました。
一見、何にもなさそうですね!

100424_130231.jpg


着いた途端に、監視員の方が近寄ってこられて
これは、「ミツガシワ」という植物で、氷河期の
残存植物だと教えてもらいました。
唯一、ここのポイントのこの花だけが咲いてるそうで
大変ラッキーでした。又、これ以上は近寄ってはいけないと。
携帯ではこれ以上の画像は撮れません。
(鉄線に1万ボルトの電流が)(ウソ

「画像中央の白い花」がそうです。(見えねぇよ

100424_130405.jpg


黄緑色のミツガシワの葉。勿論、三枚です。

100424_130706.jpg

後記「この画像の左上にアカハラらしき影が」

100424_131328.jpg


ワラビかな。

100424_130933.jpg


これから先の植物、草木の名前は覚えておりません。

100424_131010.jpg


アカハライモリでしょうか?ひょっとしたら、
カスミサンショウウオ・・・まさか。
うじゃうじゃいた事から、アカハライモリでしょうね!

100424_131348.jpg


この画像をUPした時、一瞬、何を撮ったのか
見失っていましたが、見覚えのないカエルでした。

(画像中央部)

100424_132251.jpg


流石に、魚はドジョウ位しかいないだろうと思っておりましたが、
いたんですね!慌てて撮影しましたが、頭隠して尻隠さずで。
フナもしくは、コイの幼魚でした。この魚をいかだ見たいな
通路の上で寝ころんで撮っていたらデジイチをお持ちの方に
「何を撮ってるの」と聞かれ、フナです!と答えた所、
爆笑~!何かおかしいでしょうか?

100424_132806.jpg


これは、何かの木の花でしたが、房状の花が雄花で、
上の花の方が、雌花と監視員?説明員?の方に
ご教授頂きました。無料で頂いたパンフレットには、
綺麗な植物やトンボの画像が沢山載っていますが、
これは、載っておりませんので、折角、名前を教えて
頂いたのですが、お答え出来ません。

100424_134215.jpg


勿論、この木の花の名前も忘れました。

100424_134255.jpg


これは、書いてある通りでございます。
例の赤いタカノツメとは違うんでしょうね。

100424_134414.jpg


うぅ~ん、これは何だったかなぁ・・。
これを撮るのにかなり苦労したのに・・・。

100424_135122.jpg


これだけは言えますよ!「モウセンゴケ」
葉の表面の、毛の先から粘液を出し、虫を捕え
消化する食虫植物です(カンニングしました)
これもここのポイントのみしか見られないとの事で、
幸運でしたね!

100424_135216.jpg


先程の黄色い植物と似ていますが、そうです、知りません!

100424_135420.jpg


今日のお目当てだった「サギソウ」の画像。
8月頃が花期で、佐賀県、国のRDBⅡだそうです。

100424_134509.jpg

訪れて見て思った事は、年配のご夫婦や、一眼レフカメラを持った
方が殆どで、携帯で撮っているのは私だけでした。
又、一眼レフカメラで撮影出来たらもっと綺麗で大きな画像が
撮れたのは言うまでもありません。
今年中に、再訪問したいと思います。

それと、ご丁寧にあれやこれやと名前を教えて下さった方々、
ありがとうございました。ちゃんと募金もしましたからね!(3万も・・うそ!

更に、注意点として勿論ここは、これですからね!
私の様にフナを見た瞬間、「網」なんて想像し、
使っちゃったらイケマセン!栄養タップリの
麦ごはんを頂くはめになりますよ!
常駐監視員の方も沢山見はっておられるし・・。

100424_134801.jpg


今日は、一応、釣り道具一式も用意していましたが、
意外に湿原は寒く、出発が遅かったので
気になる河川巡りをして帰宅しました。

これは、アリアケギバチを採集した場所付近の
蓮華草畑に何気に自生していた白い蓮華草。
久しぶりに見ました。

魚等で言えば、アルビノと言う事でしょうか?

100424_151434.jpg

又、タンポポが私の思い込みでは平野部が主な自生地と
思っていましたが、意外にも山間部の方がびっしりでした。
前回の河川巡り以来、車の運転中に今までより更に
キョロキョロとしてしまうように・・。
どうやら、野草にもハマッてしまいそうです。

本日も最後まで長々~とお付き合い下さいまして
ありがとうございました。

本日は、これにて・・・。

※追記。とあるお方から頂いたコメントより。

こんにちは。ワイン色の花は「ミツバアケビ」。
一枚目の黄色い花は「サワオグルマ」二枚目の黄色い花が
有毒植物の「キンポウゲ」別名「うまのあしがた」です。
一服盛られないように注意なさいませ。
樫原湿原は整備された素敵な場所だと思います。
蛙の声がのどかに響く静けさもいいですね。
目をひくような華やかさはないけれど、
様々な形のかわいらしい草花がいいですね。

と言う事で忘れていた名前が判明致しました。
一件落着・・!って、

> 一服盛られないように注意なさいませ。
どういう事?

| 樫原湿原 | 21:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |