川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

歓喜

20161020072058db4.jpg

ぶったまげた。

個人的に20年ぶりくらいに出会った。

まだ密かに生き延びていた事に感動し震えた。


現在も継続調査中。


必ずや生息本拠地を探します(たいw)

ではまた。٩( 'ω' )و

スポンサーサイト

| 水中突撃 | 07:26 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヤマノカミ&カジカ遡上中

イドミミズハゼにスカをくらってしまい、
昨年の実績より1日早くカミ殿に逢ってきました。

福岡県絶滅種、カジカ回遊型

この河川では沢山見られますが、
県内では少ない様で、ヤマノカミの様に、
多数の河川に遡上するわけではない様です。

20160414172323c1e.jpeg


場所を変え突撃します。

ボラが入ったので必ず遡上しているはずと確信。

20160414172324276.jpeg


ね、2センチ位かな。

20160414172324e02.jpeg


201604141723264d6.jpeg


メダカと同じ位かな。

201604141732163cd.jpeg


この回遊型トウヨシも非常に美しい。

20160414172327f84.jpeg

201604141732181e3.jpeg

今日は、狙いものは現れませんでしたが、
懲りずにまた行きましょう!

ではまた?(T ^ T)

| 水中突撃 | 17:39 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4ポイント目のヤマトヌマエビ生息地

ちわ〜!

久しぶりですが、ぶらぶらしてきました。


干潟でイドミミズハゼを狙って意気込んで出発。


到着。

撃沈。

大潮でないと干潟が現れないとか知らんわ…



と言う事で山の中へ。


降りたい所からなかなか降りられず、
かなり川幅が狭くなった所から藪漕ぎ開始。

すると、ヤマトヌマエビの楽園に似た風景が現れ、
タモをブンブン振り回し100mほど登った所で
奴はいた。

20160402174514172.jpeg

合計40個体。

まだそんなに上には登ってないのにこの数は…


リリースして更にルリヨシノボリなんぞいないかと
汗タラタラで探すもシマヨシばかり。

おかしい…

クロヨシがうじゃうじゃという展開をイメージしてた。

ヤマトヌマエビの楽園と少し違うのは、

底砂がある事。

実に怪しい。


20160402174517a81.jpeg

20160402174515d68.jpeg


トゲナシヌマエビも少ないがいた。
この展開だと、ヒメヌマエビに逢えるパターン。

しかし虚しくもカワリヌマエビ属多し…


201604021745186e5.jpeg


シマヨシノボリの雌。

美しい、

美しいではないか!お腹から宝石が出てきそう!


20160402180448c52.jpeg

今日は、まだ中途半端にしか探ってないな。

ここはルリヨシ臭プンプン。

オイカワが採れたのと、カワリヌマエビ属が
いたのでまだ上には希望があると。

信じよう!

信じようではないか!


ではまた行くからな‼︎


ではまた。(´Д` )

| 水中突撃 | 18:11 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春はすぐそこ?

あけましておめでとうございますw

さて、久々に近所に行ってきました。

ほぼ、いつも通りのメンバーに逢え、
楽しく過ごす事が出来ました。

ギンブナかと思ったらコイ。
好きではない魚の一つ。

2016013017032045b.jpeg


バラタナゴ。ほんのり色づいていた個体。

20160130170321a4d.jpeg


ここでは初めて採れたドジョウ。3個体。
タウナギは中々採れないなぁ。

201601301703238eb.jpeg


日本の宝、カゼトゲタナゴ。
増水と濁りで目視では確認出来ずもいるのはいる。

2016013017032414f.jpeg


カワバタモロコ。他産地の個体群とは別種レベルとか。

201601301703268ca.jpeg


底モノ。
アリアケスジシマドジョウ&カマツカG?

20160130171549e6f.jpeg


おまけ。

201601301715472dc.jpeg

本日の採取結果。

ミナミメダカ、シモフリシマハゼ、ドンコ、
フナ属(ギンブナ?)コイ、オイカワ、
イトモロコ、アリアケスジシマドジョウ、
カマツカ、バラタナゴ、カゼトゲタナゴ、
カワバタモロコ、スジエビ、カワリヌマエビ属、
タイコウチ、ヒメミズカマキリ、ドジョウ。

次は、汽水か干潟に。

ではまた!(^_^)v

| 水中突撃 | 17:25 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カワヨシノボリ斑紋型

最近は、結構行動しているが、
特にこれぞ!と言う結果がついてこない。
それでも河川や水路に磁石にでも引っ張られるかの様に、
いつの間にかタモ網を振り回している状況。


いやいや、楽しすぎるんですがw


今日は、カワヨシノボリ斑紋型に逢うついでに
エビの調査も兼ねウロウロしてまいりました。

エビの事はすっ飛ばします。

最初の河川は、見た目、ヨシノボリは余裕でいると思い、
30分程探るもドンコとハヤだけでアウト。

河川には、ホタルを養殖しています、なんて看板。
養殖ですか…あぁ養殖ですね。

コガタノゲンゴロウ。
いそうな雰囲気バリバリでした。
ほんと最近どこにでもいますね。


201510201949186cb.jpeg


ここで、弁当食ってカワヨシノボリに逢いに。

最近は、河川周りや水路周りは大抵草刈りしてあり、
非常に助かりますね。
どうぞ遊んでって下さい!そう受け止めていますw

201510201949205b6.jpeg

20151020194924a8c.jpeg


メス。カワヨシノボリのメスって、他のカワヨシのメスと
なんか違いがあるのだろうか。

201510201949255e0.jpeg


カワムツ。この辺りはヌマムツはいないのか?

20151020194919601.jpeg

小指の爪程のゲンゴロウがいたが、
撮っておくべきだったと反省。

ほとんどのカワヨシノボリが薄茶色の個体ばかりだったが、
1個体だけ、カワヨシファンの私には痺れるほど美しい個体が見れ、
大満足だったりする。

帰りに見つけた素掘りにて。
どうやらこの辺りは環境がすこぶる良い様で、
益々興味が湧いてきた。

タカハヤ。嫌いじゃない。

20151020201408a5b.jpeg

数は書きませんが、すんごい多いツチフキ。
カゼトゲは少ないがバラタナゴはまあまあ。

2015102020140882d.jpeg

エビの方は、まぁ探し物は見つからずでしたが、
ひょっとしたらあのタナゴ、◯ギがいるかも、
かもしれないw

次回から方角変えてウロウロしましょう。

ではでは。´д` ;

| 水中突撃 | 20:22 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。