川人-kawabito-

開発や環境汚染により、日々消えてゆく「淡水魚達」と自由気ままに・・・

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

晩秋の水路。

この時期15センチ位にまで水深が落ちます。

201711141646415b4.jpg

こうなると、なかなか見つからないアリアケスジシマドジョウですが、
なんとか逢えました。

いつ見てもいいっすねぇ。

201711141646395b4.jpg

メスはやはり大型になります。

20171114164634cf7.jpg


いわゆる、トウヨシノボリ。

えっ、なんですか?和名違うだろって?
クロダハゼとかオウミなんたらとかの事だったら
知りません。

20171114164636f57.jpg


素晴らしい和名だ!カゼトゲタナゴ。
開発により明らかに個体数が減少中。

20171114164635312.jpg

カマ子。

ツチフキの次に可愛い。あくまでもツチフキの次に!

20171114164633d8c.jpg


さて、今日もいましたコガタノゲンゴロウ。
日光下で見ると深緑色でなかなか美しいですね。

201711141646380da.jpg


最近特に水路周りの改修工事が目立ち、
おじさん達の秘密の遊び場が減りつつある今日この頃…


さみしい〜!

ではまた!( T_T)
スポンサーサイト

| 水中突撃 | 17:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

海釣りの帰り道

秘蔵ポイント。

カワヨシノボリ壱岐-佐賀型


201707011825339ee.jpg

2017070118253581c.jpg

201707011825340ac.jpg


分かりませんよ。シャジクモ?

20170701182537b07.jpg

いつ消滅しても誰も気づいてくれない様な所にも生息します。

| 水中突撃 | 18:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

歓喜

20161020072058db4.jpg

ぶったまげた。

個人的に20年ぶりくらいに出会った。

まだ密かに生き延びていた事に感動し震えた。


現在も継続調査中。


必ずや生息本拠地を探します(たいw)

ではまた。٩( 'ω' )و

| 水中突撃 | 07:26 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヤマノカミ&カジカ遡上中

イドミミズハゼにスカをくらってしまい、
昨年の実績より1日早くカミ殿に逢ってきました。

福岡県絶滅種、カジカ回遊型

この河川では沢山見られますが、
県内では少ない様で、ヤマノカミの様に、
多数の河川に遡上するわけではない様です。

20160414172323c1e.jpeg


場所を変え突撃します。

ボラが入ったので必ず遡上しているはずと確信。

20160414172324276.jpeg


ね、2センチ位かな。

20160414172324e02.jpeg


201604141723264d6.jpeg


メダカと同じ位かな。

201604141732163cd.jpeg


この回遊型トウヨシも非常に美しい。

20160414172327f84.jpeg

201604141732181e3.jpeg

今日は、狙いものは現れませんでしたが、
懲りずにまた行きましょう!

ではまた?(T ^ T)

| 水中突撃 | 17:39 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4ポイント目のヤマトヌマエビ生息地

ちわ〜!

久しぶりですが、ぶらぶらしてきました。


干潟でイドミミズハゼを狙って意気込んで出発。


到着。

撃沈。

大潮でないと干潟が現れないとか知らんわ…



と言う事で山の中へ。


降りたい所からなかなか降りられず、
かなり川幅が狭くなった所から藪漕ぎ開始。

すると、ヤマトヌマエビの楽園に似た風景が現れ、
タモをブンブン振り回し100mほど登った所で
奴はいた。

20160402174514172.jpeg

合計40個体。

まだそんなに上には登ってないのにこの数は…


リリースして更にルリヨシノボリなんぞいないかと
汗タラタラで探すもシマヨシばかり。

おかしい…

クロヨシがうじゃうじゃという展開をイメージしてた。

ヤマトヌマエビの楽園と少し違うのは、

底砂がある事。

実に怪しい。


20160402174517a81.jpeg

20160402174515d68.jpeg


トゲナシヌマエビも少ないがいた。
この展開だと、ヒメヌマエビに逢えるパターン。

しかし虚しくもカワリヌマエビ属多し…


201604021745186e5.jpeg


シマヨシノボリの雌。

美しい、

美しいではないか!お腹から宝石が出てきそう!


20160402180448c52.jpeg

今日は、まだ中途半端にしか探ってないな。

ここはルリヨシ臭プンプン。

オイカワが採れたのと、カワリヌマエビ属が
いたのでまだ上には希望があると。

信じよう!

信じようではないか!


ではまた行くからな‼︎


ではまた。(´Д` )

| 水中突撃 | 18:11 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT